Rotary At Work

ロータリークラブの活動に関する記事抜粋
フリマで南アを支援 新横浜ローターアクト等

【タウンニュース】(RAC・IAC)

 

賑わいを見せる会場

 

 新横浜ロータリークラブ新横浜ローターアクトクラブ桐蔭学園中等教育学校インタアクトクラブは11月4日、奉仕活動の一環として、新横浜パフォーマンス内のフリーマーケットに出店した。

 同ローターアクトクラブが創立された約7年前から毎年参加しているという。新横浜ロータリークラブによってトイレのアメニティや書籍、雑貨などの物品が収集され、同ローター・インタアクトの会員が販売。あいにくの雨に見舞われたが、朝から賑わいを見せていた。

 同インタアクトの桐蔭学園中等教育学校中等5年(高校2年)古田亮太郎さんによると、販売のコツは「その時々に応じてセットでお得に売ること」。同校中等部5年の河田侑樹さんは、クラブの活動を通じて「比較的裕福な国の僕らが、貧困国を手助けできれば」と意気込みを語った。

 当日の売上は、南アフリカ学習者支援プロジェクトに寄付される。

| 文責 | タウンニュース | 09:19 | - | - |
日本語支援拠点 中区の「ひまわり」に図書寄贈 旭区のRCから

【タウンニュース】

 

贈呈式の出席者

 

 中区山田町の旧富士見中学校跡地にある日本語支援拠点施設「ひまわり」(出川進統括責任者)が、奉仕活動団体の横浜旭ロータリークラブ(旭RC)から10月に図書164冊の寄贈を受けた。同施設は市教育委員会が運営しており、寄贈に対して市教委から同クラブへ感謝状が贈られた。

 同施設は、来日したばかりの児童生徒や保護者を支援する施設として、昨年9月に開設。背景には、市内で日本語指導が必要な児童生徒が2012年度から17年度の5年間で約900人(約75%)増加していることがある。子どもたちは学校で指導を受ける傍ら、同施設でも日本語や学校生活・制度などを学ぶ。

 

教材にちなむ164冊を選定

 

 旭RCは来年度のクラブ結成50周年を記念して、今回の図書寄贈を決定。市教委の要望に基づき、日本語の学習教材や教科書に出てくる話などを題材にしたものを164冊選定した。

 同施設の図書室で10月23日に開催された贈呈式には、同クラブと市教委の関係者をはじめ、同施設の生徒も出席した。

| 文責 | タウンニュース | 09:17 | - | - |
いちょう祭り 注目ブース

【タウンニュース】

 

 第39回八王子いちょう祭りが11月17日(土)、18日(日)、国道20号・追分町交差点から小仏関跡で開催される=画像。主催は八王子いちょう祭り祭典委員会(当日連絡先【電話】042・667・6356)。今年のまつりで注目のブースを紹介する。

 

5RCで初展示

 

 八王子市内にある5つのロータリークラブ(奉仕団体/RC)は今回初めて合同でブースを設け、それぞれの活動をPRする。場所はC会場(陵南公園本園)。

 展示内容は八王子RCは市内小学校への理科教材寄付活動、八王子西RCは読書感想画・感想文コンクール、八王子東RCは国際奉仕・(地域)社会奉仕活動、八王子南RCは児童養護施設へのサポート、そして八王子北RCは市内の障がい者施設への支援活動等。まちづくりに貢献する5団体による取り組みを知ることができる。

| 文責 | タウンニュース | 09:15 | - | - |
和歌山駅前を快適に 東南RC洋式便器寄贈

【わかやま新報】

 

公衆トイレの前で会員ら(前列右から2人目が中岡会長、3人目が尾花市長)

 

 和歌山東南ロータリークラブ(RC、中岡隆文会長)は和歌山県和歌山市のJR和歌山駅東口広場の公衆トイレに洋式便器を寄贈し、11日に工事の竣工とお披露目式が行われた。

 同RCの社会奉仕事業の一環として、和歌山を訪れた外国人観光客に快適に過ごしてもらうため、また駅を利用する高齢者や障害者に使いやすいようにと、温水洗浄便座付きの洋式便器2基を公衆トイレに設置した。

 公衆トイレは設置から20年以上がたっている。今回男子トイレ、女子トイレに1基ずつ新しい便器を設置したことで、全て洋式化が完了。併せてドアの改修も行った。

 中岡会長は「和式便器は使いづらいと思い、市に相談して実現できた。外国人の団体もたくさん来ていて、少しは駅前も使いやすくなったかなと思う」とあいさつ。

 式に参加した尾花正啓市長は「トイレは地域の心が出るところ。良いと思ってもらえる土地になるように今後も協力してもらいたい」と話した。

| 文責 | ■そのほか■ | 09:13 | - | - |
千代女新キャラ 金城大生が提案 白山RCが選考会

【中日新聞】

 

千代女がテーマのキャラクターを選ぶ白山ロータリークラブ会員ら=白山市西新町で

 

 白山市の白山ロータリークラブ(RC)が金城大短期大学部美術学科と共同企画した「千代女キャラクターコンテスト」の選考会が十三日、市内のホテルであり、優秀作品六点を選んだ。同RCが買い上げ、市のPRに活用する。

 同市出身の江戸時代の俳人、加賀の千代女(一七〇三〜七五年)をテーマに同科二年生約七十人がイラストを出品し、同RCの役員らが選考した。学生が作った千代女をイメージしたプロジェクションマッピングの上映もあった。

 優秀作品には、千代女と和菓子がコラボした作品や市の花アサガオを身に着けた千代女などが選ばれた。八木良彦社会奉仕委員長は「若い人たちのアイデアで新しい千代女のイメージを市民に見せることができたら」と話した。

 コンテストは昨年に続き二回目で、来年度も実施する予定。

| 文責 | 中日新聞・東京新聞 | 16:35 | - | - |
「皿倉八景」モニュメントお披露目 ケーブルカー山麓駅前で除幕式 地図で景勝地紹介 [福岡県]

【西日本新聞】

 

皿倉八景決定記念モニュメントを除幕する関係者

 

 皿倉山(八幡東区)の新たな景勝地として皇后国見岩などが「皿倉八景」に決まったことを記念して、それぞれの紹介と場所を示した地図が載ったモニュメントが皿倉山ケーブルカー山麓駅前に設置された。10日、北橋健治北九州市長や関係者らが集まって除幕式が開かれ、皿倉山が観光名所として一層にぎわうことを祈念した。

 皿倉八景は昨年、旧八幡市制100周年を迎えたことから、皿倉山の自然保護活動を行うNPO法人や八幡東区などで組織する「皿倉山にぎわいづくり推進協議会」が選抜総選挙を実施して決めた。

 モニュメントは縦0・75メートル、横1・2メートルで、高さは1メートルを超える。同協議会の協力要請を受けて地元の(株)芳賀・大谷会館と八幡、八幡中央の両ロータリークラブが寄付した。管理は同市が行う。

 皿倉山は登山や夜間観賞が楽しめ、訪れる人も多い。除幕式では「(皿倉山は)日本の新三大夜景に選ばれたばかりの北九州市の大きなビューポイント。観光地としての魅力は十分。皿倉八景を多くの人に宣伝していきたい」などとの声が上がっていた。

| 文責 | 【九 州】西日本新聞 | 16:33 | - | - |
清掃活動 乱歩像周辺きれいに RCと地元小中学生 /三重

【毎日新聞】

 

 名張ロータリークラブ(RC)は13日、名張出身の探偵小説作家、江戸川乱歩の銅像がある近鉄名張駅東口(同市平尾)周辺などで、近隣の小中学生らとともに清掃活動に取り組んだ。

 参加したのはRCのメンバーと、名張中学校の1、2年生、名張小学校の6年生ら。乱歩像などの清掃に取り組むRCと、校外での清掃に取り…

| 文責 | 毎日新聞 | 16:31 | - | - |
スポーツ記録 第24回和歌山北ロータリークラブ杯争奪西支部お別れ野球大会ほか /和歌山

【毎日新聞】

 

第24回和歌山北ロータリークラブ杯争奪西支部お別れ野球大会(3〜4日・雑賀球場など)

 

 【A級】

 ▽1回戦 高松9−2宮前、名草111−0今福吹上▽2回戦 名草21−0砂山、高松3−0雑賀、名草13−0伏虎、和歌浦10−0広瀬▽準決勝 高松5−3名草2、和歌浦1−0名草1

| 文責 | 毎日新聞 | 16:30 | - | - |
世界の文化、音楽や遊びで体験 三木で交流の催し

【神戸新聞】

 

母国の舞踊を披露するネパール人女性=三木市福井、かじやの里メッセみき

 

 兵庫県三木市国際交流協会と三木ロータリークラブが11日、世界各国の文化を体験できるイベント「ぐるっとワールド・イン・ミキ」を、かじやの里メッセみき(同市福井)で開いた。増え続ける市内在住の外国人が現在は約1500人に上っていることから初めて企画。参加した約700人が音楽や遊びなどで交流し、互いの理解を深めた。

 ステージでは国際交流団体「神戸インドネシア友の会」が、竹製の打楽器「アンクルン」などを使って演奏。音の異なるアンクルンが参加者に配られ、合図に合わせて鳴らすことで「故郷」を奏でた。水色のドレス姿のネパール人女性はあでやかな舞踊を披露した。

 民族衣装の着用体験では女児や母親らがインドなどの1枚布の服サリーを着たり、シリアのスカーフをかぶったりして異国の雰囲気を体験。自由が丘小学校5年と4年の姉妹は「いつもと違う服を着て、楽しい」と顔をほころばせた。

 関西国際大(同市志染町青山1)の留学生らは、小さな手玉(韓国)や羽根の蹴り合い(中国)などを教えながら一緒に遊んだ。飲食販売ではタイ料理のトムヤムクンや鶏のあぶり焼き、ネパールのカレーとナンが人気で行列ができていた。

 同協会日本語教室の外国人受講生は、各国の写真を掲げて紹介。ベトナム出身の会社員男性(23)=同市=は「みんなに国を知ってほしい。興味を持ってもらえた」とほほ笑んだ。

| 文責 | 【関 西】神戸新聞 | 16:37 | - | - |
県都の玄関口を美しく 9RC花壇植え替え

【わかやま新報】

 

苗を植える会員ら

 

和歌山県和歌山市内の9ロータリークラブ(RC)とNPO法人花いっぱい推進協議会は11日、和歌山市美園町のJR和歌山駅前花壇の植え替え作業を行い、約40人が参加した。

駅前の美観のため、毎年6月と11月に植え替えを実施。11月は市内RCと同協議会が合同で作業を行っている。駅西口のタクシー乗り場中央の花壇を植え替えた。

パンジーやビオラ、サクラソウなど用意された苗は7種類。台風の影響で色や種類がそろわない花もあったが、輪になるようなデザインに合わせて約1300株を1時間かけて植えた。

幹事クラブの和歌山南RCの三木菊夫会長は「15年前に始まった事業。歴史を感じながら作業を進めたい」、同協議会の森川勝理事長は「このような活動をこつこつ進めて来られたのもRCや皆さんの支えがあるから。これからも頑張りたい」と話していた。

| 文責 | ■そのほか■ | 16:35 | - | - |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
+ 主な記事
+ 媒 体
+ 月別記事
+ 参照サイト
+ 概 要