Rotary At Work

ロータリークラブの活動に関する記事抜粋
茅ヶ崎RC 市に感染予防の錠剤寄贈 次亜塩素酸水を生成

【タウンニュース】

 

佐藤市長(左)と大箭会長

 

 茅ヶ崎ロータリークラブ(大箭剛久会長)は7月6日、新型コロナウイルス感染予防に効果があるとされる次亜塩素酸水の生成タブレットを、茅ヶ崎市に寄贈した。

 水と混ぜることで次亜塩素酸水が生成可能。1錠で500ミリリットル分を作ることができる。所属する国際ロータリー第2780地区の補助金とクラブから支出を合わせ、5個入りパックを360セット用意した。

 市内の保育園、幼稚園、小学校で活用される予定となっている。大箭会長は「タブレットは長期保存できるのが特徴。教育現場はもちろん、災害時に備えていただくなど、さまざまな場面で活用いただければ」とコメント。佐藤光市長は「心強い味方。現場でしっかりと使っていきたい」と話した。

| 文責 | タウンニュース | 13:17 | - | - |
三浦ロータリークラブ コロナ禍の病院を支援 総額100万円の物資寄贈

【タウンニュース】

 

 

 三浦ロータリークラブ(鈴木正孝会長)は先月30日、三浦市立病院に扇風機10台=写真=を寄贈した。

 新型コロナウイルス感染症にかかわる医療支援の一環。同クラブでは4月からサージカルマスク1万枚、フェイスシールド1千枚のほか、聴診器や電子血圧計各4機を寄贈。今後、血中酸素濃度計や殺菌灯保管庫も届ける予定で、総額100万円を超えるという。

 同院は、新型コロナウイルス感染症「神奈川モデル」の重点医療機関協力病院に指定。PCR検査結果を待つ中等症が疑われる患者の受け入れや、合併症などによって継続治療が必要な患者の受け入れなどの役割を担っている。

| 文責 | タウンニュース | 13:16 | - | - |
(株)水口 焼き鳥で感謝届け 多摩病院へ1500本

【タウンニュース】

 

(右から)多摩病院・小林章利事務部長、水口社長、長島院長、西北RC吉場八重子前会長=同RC提供

 

 焼き鳥販売・卸売業を営む株式会社水口(登戸新町)が先月26日、市立多摩病院(長島悟郎院長)に焼き鳥1500本を寄付した。焼き鳥が入った容器には「水口ができる感謝は、皆さまへ食を通じて笑顔と元気をお届けすることぐらいです」とのメッセージが添えられ、医療従事者を激励した。

 1977年創業の同社は焼き鳥の移動販売のほか、中野島で飲食店も経営。水口昭雄代表は奉仕団体・川崎西北ロータリークラブに所属し、東日本大震災の際にも被災者仮設住宅に出向いて7千本の焼き鳥を振舞った。今回も当時の経験を生かし、従業員らが2時間半かけて調理。当日、病院に勤務する職員約500人のために焼きたての味を届けた。水口代表は「個人としてもお世話になっている病院。命を張って頑張ってくれている皆さんに喜んでもらえてよかった」と語った。

 多摩病院にはこれまで、市民や企業からさまざまな形での支援が寄せられているという。マスクや応援メッセージをはじめ、中には食品や飲料の寄付も。同院は「新型コロナの対応で皆疲弊している時期もあった。本当に多くのご支援をいただき、職員一同感謝している」と謝意を示す。

| 文責 | タウンニュース | 10:09 | - | - |
西北RC 最前線へ寄付、感謝状受け フェースシールド計910枚

【タウンニュース】

 

若林署長(右)と吉場前会長ら

 

 多摩区を拠点にする奉仕団体・川崎西北ロータリークラブ(RC)が先月、多摩区と多摩警察署、多摩消防署にフェースシールド計910枚を寄付した。7月2日、日本料理柏屋(登戸)で行われた同RCの例会に多摩消防署の若林薫署長らが訪れ、感謝状を贈った。

 フェースシールドは、西北RCが所属する国際ロータリー第2590地区から分配されたもの。多摩警察署に240枚、多摩消防署には190枚を寄付。多摩区に寄付された480枚は、医療現場で活用するため多摩区医師会に届けられた。

 感謝状を手渡した若林署長は「日夜勤務する中で熱中症対策や食事の際に役立つ。上手く活用して地域の安全を守っていきたい」と語った。6月まで同RC会長を務めた吉場八重子さんは「ぜひ皆さんにフェースガードをつけていただきたい。早くワクチンができてほしい」と思いを話した。

新年度「親睦」掲げ

 西北RCの7月2日の例会は、2020-21年度の第1回目。感染症対策のため席の間隔を空け、検温やマスク着用を徹底して行われた。

 あいさつに立った新会長の奥原章男さんは、会員の減少と高齢化を課題に挙げ、「会員増強のため皆さんに協力いただきたい。RCがどのような団体なのか、改めて理解することが必要」と強調。「人と人とがつながっていくことで、奉仕の力が強くなるのだと思う。『親睦』と『職業奉仕』に重点的に取り組んでいく」と呼びかけた。

| 文責 | タウンニュース | 10:07 | - | - |
激励メッセージ 勇気もらった 氷見の児童らへお礼の手紙 金沢医科大氷見市民病院

【中日新聞】

 

医療従事者を励ました児童たちのメッセージ=金沢医科大氷見市民病院で

 

 病院で働く私たちは勇気と元気をもらいました−。新型コロナウイルス感染症治療の最前線で働く医療従事者に励ましのメッセージを寄せた氷見市の小学校・義務教育学校十校に、金沢医科大氷見市民病院からお礼の手紙が届いた。(小畑一成)

 メッセージは四月三十日、氷見ロータリークラブが同病院にマスク四千枚を贈る際に市内の学校に呼び掛けた。百四十七人が「コロナウイルスにまけないでください」「たいへんなお仕事ありがとうございます」などと書き、思いを込めたイラストや折り紙を添えた。

 同病院は広く知ってもらおうとメッセージを外来患者も見られる一階のホールで掲示。このほど病院長の礼状とともに、高木雅美看護部長の手紙を贈った。手紙には「職員の中にはうれしさと感動で涙を流す人もいました。このメッセージのおかげで職員全員が『ウイルスに負けずにがんばろう』という気持ちになり4月・5月の大変な時期をのりきることができました」とつづった。

 比美乃江小学校では、臨時休校中の四月、児童の見守りで約三十人が登校しており、教室からメッセージを寄せた。病院からの手紙は八日の給食の時間に全校放送で読み上げ、各教室にコピーを張り出した。谷内口(やちぐち)まゆみ校長は「子どもたちは放送にジーンと聞き入っていました。病院で見た保護者もおり、メッセージを送って良かった」と喜ぶ。

 同病院は新型コロナウイルスの入院患者はいなかったがPCR検査や診療を行った。広報担当の森本さやかさんは「緊迫した状況の中でメッセージをいただき、医療従事者の励みになった。遅くなりましたがようやく返事が出せた」と話した。

| 文責 | 中日新聞・東京新聞 | 10:06 | - | - |
横浜西RC 新市庁舎前に桜寄贈 環境整備に一役

【タウンニュース】

 

植樹した桜と西RCのメンバー

 

 横浜西ロータリークラブは、このほど横浜市の新市庁舎前の大岡川沿いに、高さ5mほどのソメイヨシノ1本を寄贈した。市庁舎の全面供用開始となった6月29日には同クラブの大野睦子会長(当時)ら4人が訪れ、平原敏英副市長から感謝状が贈られた。

 この取り組みは市庁舎整備事業の一環として同クラブが寄付したもの。同事業にかかわった吉備カヨさんは「桜木町の名にふさわしく、大岡川沿いの桜並木を充実させたいと思った」と話す。寄付を受けた平原副市長は「大岡川の桜の名所になれば。本当にありがたい」と感謝していた。

 同クラブは昨年10月末にオープンしたみなとみらい21新港地区の商業施設「横浜ハンマーヘッド」前にも桜(オオシマザクラ)を3本植樹している。

| 文責 | タウンニュース | 10:10 | - | - |
西部病院に防護具寄贈 横浜旭ロータリークラブ

【タウンニュース】

 

フェイスシールドを手渡す佐藤さん(左から2人目)ら旭RCの会員ら

 

 旭区を拠点に奉仕活動に取り組む横浜旭ロータリクラブ(以下RC)が6月23日、聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院(矢指町)にフェイスシールド480セットの寄贈を行った。

 同RCから同病院へフェイスシールドが寄贈されるのは、5月に引き続き2回目となる。寄贈当時に同RC会長を務めていた佐藤真吾さんは「地元のロータリークラブとして、コロナ患者を積極的に受け入れている病院の力に少しでもなれれば。引き続き支援の取り組みを継続していきたい」と話した。

| 文責 | タウンニュース | 10:04 | - | - |
米経済指標の鈍化を懸念、追加策を正当化も−アトランタ連銀総裁

【Bloomberg】

 

ボスティック・アトランタ連銀総裁

 

米アトランタ連銀のボスティック総裁は8日、新型コロナウイルス感染ペースが加速する中で米経済が横ばい状態の様相を呈しており、米金融当局や財政当局による追加策が正当化される可能性があると述べた。

  ボスティック総裁はジョージア州コロンバスのロータリークラブが主催したオンライン討論会でスピーチ後に記者団に対し、「米金融当局が追加策の必要性の有無を考えて不足部分の本質と原因を真に理解する必要があるのは確かだ」と指摘。 「連邦準備制度の当局者は全般に、景気が軟化しても米金融当局が対応すべき適切な機関であるとは限らないことを明確にしてきている」と付け加えた。

・・・

| 文責 | ■海 外■ | 10:03 | - | - |
新型コロナ 地区内7校に消毒液を寄贈 平城京RC /奈良

【毎日新聞】

 

 奈良市の平城京ロータリークラブ(〓谷(かせたに)康朋会長)は7日、平城地区の7小中学校にアルコール消毒液(20リットル入り)計100ケースを寄贈した。寄贈先は、左京、朱雀、右京、神功の4小学校と平城、平城西、平城東の3中学校。

 新型コロナウイルスの感染防止に向けた活動で、左京小での贈呈式で、〓谷会長が各校長に目録を手渡した。

 平城中の岡野正宏校長が代表して「消毒液が足りるのか、心配しているところだった。非常にありがたい」と謝意を述べた。

| 文責 | 毎日新聞 | 10:13 | - | - |
先払い支援、上乗せ20%に引き上げ 17日まで寄付受け付け

【神戸新聞】

 

 新型コロナウイルス感染拡大で売り上げが落ち込んだ兵庫県高砂市内の飲食店支援として、飲食代を先払いすると10%上乗せした食事券がもらえる取り組みについて、企画する高砂商工会議所青年部は、上乗せ分を20%に引き上げる。引き上げた上乗せ分は、高砂ロータリークラブなどからの助成金を充てるという。

 「たかさご縁結び飯」と銘打ち、インターネット上で資金を集めるクラウドファンディングの大手サイト「READYFOR(レディーフォー)」を活用。専用ページから支援したい店を選び、3千円から10万円までを寄付すると、7月下旬に年内に使える食事券が各店舗を通じて配られる。当初の上乗せ10%分は各店負担のまま。既に寄付した分も上乗せは20%になる。

 引き上げた上乗せ分には、同商議所観光・飲食部会と市商店連合会も助成。現在は居酒屋やカフェ、焼き肉店など46店が寄付先となっている。寄付は17日まで受け付ける。同商議所青年部TEL079・443・0500

| 文責 | 【関 西】神戸新聞 | 10:12 | - | - |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
+ 主な記事
+ 媒 体
+ 月別記事
+ 参照サイト
+ 概 要