Rotary At Work

ロータリークラブの活動に関する記事抜粋
地域の外国人と相互理解を 国際交流フェス

【わかやま新報】

 

来場者と笑顔で交流する外国人スタッフ

 

地域で暮らす外国人と交流し、相互理解を深める場をつくろうと、県国際交流協会は20日、和歌山県和歌山市手平の和歌山ビッグ愛で「国際交流フェスティバル2018」を開き、世界各地の料理や音楽、舞踊などを楽しめる多彩なイベントに約3500人が訪れた。

同協会は2015年まで、NPOやボランティアと協働で「国際交流まつり」を10年にわたり開催。今回は和歌山南ロータリークラブ(野村壮吾会長)との初めての共催で、規模、内容ともに拡大した「フェスティバル」としての実施となった。

同クラブ会員の経営者らの中には、技能実習生の受け入れなどで和歌山に暮らす外国人と関わりの深い人が多く、クラブの社会奉仕活動として、地域で暮らす外国人と県民のふれあいができないかと同協会に相談したことから、初のフェスティバルの共催が実現した。

会場には県内在住の外国人や留学生ら20カ国以上の約100人がスタッフとして参加。来場した子どもにはスタンプラリーカードが配られ、外国人スタッフとあいさつや会話をするとシールがもらえ、集めると景品と交換できるようになっており、会場のあちこちで国際交流の会話の花が咲いた。

1階の飲食ブースでは、市内で営業する各国料理の店が、ベトナム、タイ、フィリピン、中国、台湾、メキシコ、インド、モロッコなどの料理やスイーツ、和菓子を販売した。ステージでは、和歌山朝鮮初中級学校による民族楽器の演奏をはじめ、ペルーのダンス、アフリカンドラム、中国の伝統舞踊「水袖」、ポーランドのオペラ、タヒチのダンスなどが披露された。

2階では、日本のお祭りの文化を楽しんでもらおうと、同クラブが「縁日あそび」のコーナーを用意。金魚すくいや射的、綿菓子作りなどに親子連れらが列を作り、楽しんだ。

8階では、イタリアやウクライナ、アメリカ、ソロモン諸島など出身の県内在住外国人と各国・地域の言葉や遊びを体験するブースが設けられ、にぎわった。

野村会長(59)は「予想以上に多くの人が来場し、驚いたが、皆さんがこうした交流の場を求めているのだと感じた。特に子どもたちが外国人の方と話をすることは貴重な体験になる。取り組みを継続していきたい」と話していた。

| 文責 | ■そのほか■ | 10:28 | - | - |
互いの国の理解深める 丹波の外国人と日本人が交流

【神戸新聞】(IAC)

 

ブラジル出身の女性がダンスを教え、参加者全員で踊った=ポップアップホール

 

 兵庫県丹波市在住の外国人と日本人が交流する催しがこのほど、同市氷上町本郷のゆめタウンポップアップホールで開かれた。氷上、氷上西高校のインターアクト部の生徒らもクイズを企画するなど運営に参加。互いの国について教え合った。

 柏原ロータリークラブと同市国際交流協会が主催し、8回目。同協会によると市内には約850人の外国人が居住しており、催しにはベトナムやフィリピン、中国、韓国など10カ国以上の国を母国とする男女約70人と日本人約80人が参加した。

| 文責 | 【関 西】神戸新聞 | 11:05 | - | - |
岡山南RCが旭川荘で清掃活動 草取りや樹木の剪定で汗流す

【山陽新聞】

 

広場で草取りに励む参加者

 

 岡山南ロータリークラブは20日、岡山市北区祇園の社会福祉法人旭川荘を訪れ、恒例のボランティア清掃活動を行った。

 会員のほか、ナカシマプロペラ、中電工、下津井電鉄といった企業の社員ら約700人が参加。熊手やスコップ、高所作業車などを使って施設内の広場やのり面で草取りと樹木の剪定に約2時間汗を流した。集めた草などは堆肥にして、再利用する。

 旭川荘での清掃活動は毎年この時期に行い、23回目。小川健会長(69)は「参加者も年々増え、活動の広がりを感じる。施設の利用者に気持ちよく過ごしてもらいたい」と話していた。

| 文責 | 山陽新聞 | 11:04 | - | - |
虹ノ松原駅舎にパネル絵画掲示 鏡中美術部

【佐賀新聞】

 

鏡中美術部員が描いたパネル画を見上げる都市右太雄・唐津東RC会長(右)ら=17日

 

 アニメ「ユーリ!!!onICE」の“聖地巡礼”の乗降客が増えているJR筑肥線虹ノ松原駅(唐津市鏡虹町)の駅舎に、校区の鏡中の美術部員たちが描いた松葉かきのパネル絵画が掲示された。

 同駅はアニメの中で主人公の実家となっている立ち寄り温泉に近く、唐津東ロータリークラブ(都市右太雄会長)が昨年7月から毎月1回、清掃活動を始めた。それを知った美術部員たちが絵の提供を申し出た。

 絵はベニヤ板1枚のサイズで、生徒たちが実際参加している松葉かきの風景を描いた。「気持ちが通じ合ったのがうれしい」と都市会長。昭和16(1941)年建築の小さな駅舎が住民協働の場にもなっている。

| 文責 | 【九 州】佐賀新聞 | 10:31 | - | - |
足柄RC 中学生とブナ植樹 活動12年、今年も50人招く

【タウンニュース】

 

ブナの苗木を植える参加者

 

 足柄ロータリークラブ(山本研一会長)主催の青少年自然体験プログラムが13日、南足柄市内の山であり、3中学校(南足柄、足柄台、岡本)から約50人の中学生が参加しブナの苗木を植樹した。

 同地での植樹は2007年に始まり今年が12回目。この時期に南足柄市の中学生を招き植樹の場を提供し、水源地保全の意義などを伝えている。

 植樹の場所は地蔵堂から箱根町の仙石原を繋ぐ白黒明神林道の金時トンネル手前にある標高830メートルの山間地で、金時山の南側にある。

 当初から活動に携わるロータリークラブの男性は「中学生はとても意欲的に取り組んでくれて自然への興味もある。将来はきっと自然を大切にしてくれる」と話していた。

| 文責 | タウンニュース | 16:09 | - | - |
溝口駅前で献血活動 高津RCが呼びかけ

【タウンニュース】

 

 

 川崎高津ロータリークラブ(本藤光隆会長)が5月12日、溝口駅北口で同クラブ恒例の献血活動を実施した=写真。

 当日は、朝からクラブ会員が駅周辺で看板やハンドマイクを使って道行く人に協力を呼びかけた。夕方まで続けられた活動に75人が協力。協力者にはクラブから粗品も手渡された。本藤会長は「保存期間に限りのある血液は常に献血が必要。今後もクラブの大切な活動として続けていきたい」と話した。

| 文責 | タウンニュース | 16:13 | - | - |
愛甲小ソフトが優勝 厚木RC会長杯 ティーボール大会

【タウンニュース】

 

 

 厚木ロータリークラブ会長杯「第6回厚木オープンふれあいティーボール大会」が、5月12日に市営及川球技場で開かれ、愛甲小ソフトクラブ=写真=が優勝した。

 同大会は、青少年の育成に取り組む厚木ロータリークラブ(常磐重雄会長)が特別協賛。今年は厚木をはじめ、相模原や茅ケ崎などから27チームが出場した。愛甲小ソフトは、7月にメットライフドームで行われる全国大会の切符を手にした。

| 文責 | タウンニュース | 16:11 | - | - |
伝言板 環境問題で講演会 19日、武雄市山内公民館

【佐賀新聞】

 

 ■武雄ロータリークラブ無料法律相談会 19日午前9時から午後3時まで武雄市文化会館で。遺言や相続、生前贈与、離婚をはじめ、経営や税金、年金など幅広く応じる。問い合わせは電話0954(22)3644。

 

| 文責 | 【九 州】佐賀新聞 | 16:09 | - | - |
国際交流フェスティバル 地域の外国人と交流を 文化や遊び紹介 20日、和歌山 /和歌山

【毎日新聞】

 

 地域で暮らす外国人との出会いと発見をテーマにした「国際交流フェスティバル2018」(県国際交流協会など主催、和歌山南ロータリークラブ共催)が20日、和歌山市手平2の和歌山ビッグ愛で開かれる。外国人労働者が年々増えており、暮らしを支える彼らとの共生に向けて楽しみながら交流する。飲食を除き無料。

 厚生労働省によると、県内の外国人労働者は17年10月末現在で2260人と3年連続で増えた。当日は、県内で働いていたり日本語クラスで学んでいたりする外国人に来場してもらい、日本人来場者らと交流する。外国人労働者の様子や思いを収録したDVDも放映する。イタリアやインドネシア、ミャンマー、ウクライナなど、8カ国の言葉と遊びに触れることができるブースもある。

 また、タヒチやペルー、中国の踊り、セネガルの打楽器など多彩なステージパフォーマンスが展開され、イスラムやメキシコ、インド、フィリピンなどの料理やスイーツも販売される。

 午前11時〜午後4時。問い合わせは県国際交流協会(073・435・5240)。

| 文責 | 毎日新聞 | 11:01 | - | - |
子どもたちがマダイの稚魚放流

【NHK】

 

子どもたちに海の環境保護について興味を持ってもらおうと、丸亀市の海岸で、地元の保育所の子どもたちがマダイの稚魚を放流しました。

この活動は、環境保護に取り組んでいる丸亀ロータリークラブが今回初めて企画し、丸亀市中津町の海岸沿いの広場には、市内にある平山保育所の5歳児、25人が集まりました。

はじめに、県の職員が子どもたちに紙芝居を読み聞かせて、「瀬戸内海にごみが増えると、生き物が困ってしまう」と環境保護の大切さを伝えました。

それから海岸に出た子どもたちは、はじめに、落ちている袋や空き瓶などのごみを拾い集めて、砂浜を掃除しました。

そして、瀬戸内海を代表する魚として水槽に用意された体長5センチほどのマダイの稚魚、およそ700匹を小さなバケツに移し、波打ち際まで運んで放流しました。

子どもたちは、元気よく飛び跳ねる魚たちと楽しそうにふれあい、放したあとは沖へと泳いでいく様子を見守っていました。

子どもたちは、「お魚を流すのが楽しかった」とか、「お魚がかわいかった」などと話していました。

| 文責 | ■そのほか■ | 16:17 | - | - |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
+ 主な記事
+ 媒 体
+ 月別記事
+ 参照サイト
+ 概 要