Rotary At Work

ロータリークラブの活動に関する記事抜粋
「原始の森」150年かけ再現へ 江別と札幌間の川沿い 野幌森林公園の若木植樹

【北海道新聞】

 

 

 

協定を結んだ右から佐々木局長、山田会長、露木会長、石森館長

 

 江別ロータリークラブ(山田誠会長)と札幌モーニングロータリークラブ(露木茂会長)は開拓期に石狩川舟運の拠点だった江別・対雁地区と札幌の間の河川沿いに、道立野幌森林公園(札幌市厚別区、江別市、北広島市)の原生林の若木を植樹する「原始の森を創るプロジェクト」に取り組む。原生林や公園管理にかかわる空知総合振興局、北海道博物館(同厚別区)との計4者で13日、協定を結んだ。

 道有林が植樹に提供されるのは初めて。150年前の景色を150年かけて再生する息の長い計画だ。

 両クラブは常々連携しており、植樹貢献を検討した際、北海道命名150年の記念で150年前の森を復活させることにした。江別・対雁からの舟運で札幌を開拓した歴史も踏まえた。

 同博物館での協定調印式で山田会長が「自分たちは森再生の行く末を見届けられないが、代を継いでいく」、露木会長も「後世に残る歴史的な植樹となり光栄」とあいさつ。佐々木誠也空知総合振興局長は「先人が生きた自然の再生は最高の森づくりと木育。計画が進むように協力する」と述べ、石森秀三博物館長も「森林公園周辺に森が広がることで、公園への理解も深まる」などと応じた。

 協定は、当時の江別の植生と野幌森林公園が重なるため、公園内で育ったミズナラ、ハルニレなどの若木を新年度から毎年百本、両クラブに無償提供するとした。協定は5年間で支障がなければ自動延長する。

 両クラブは高さ約50センチの若木を対雁地区にある榎本武揚にちなんだ榎本公園とそばを流れる世田豊平川の間の江別市管理の敷地に植える。高さ約30メートル、直径1メートルの成木に育つまで150年かかるという。将来的に対雁から札幌・雁来まで川沿いに約12キロ植樹し開拓民が川を遡航(そこう)、圧倒された原生林を再現するという。

| 文責 | 【北海道】北海道新聞 | 11:01 | - | - |
大樹ロケット「盛り上がりの核に」 堀江貴文さん、広尾で講演

【北海道新聞】

 

広尾町で講演する堀江さん。宇宙開発による経済効果について「地域全体が盛り上げる核になれば」と話した

 

 【広尾】宇宙観測用の小型ロケット「MOMO(モモ)」を開発中のベンチャー企業インターステラテクノロジズ(IST、大樹町)を創業した堀江貴文さんが24日、広尾町児童福祉会館で講演した。宇宙ビジネスによる十勝管内の経済効果について「全体が盛り上がる核として、ロケットが貢献できれば」と述べ、1次産業の高付加価値化などにつなげる考えを示した。

 講演会は広尾ロータリークラブ(石山泰三会長)の主催。同クラブは月3回ほどの例会に講師を招き「卓話」を開いてきたが、ISTの活躍は町民の関心も高いことから「隣町として、勉強したい」(石山会長)と講師派遣を依頼した。ISTは「宇宙開発には幅広い住民理解が欠かせない」として、堀江さんの講演を一般公開することにした。

 堀江さんは「安くて量産できるロケット」の開発を目指し、打ち上げに適した大樹町を開発拠点にしたことを説明した上で、打ち上げに成功すれば部品加工や建設、宿泊など「周辺自治体に関連産業が立地する」と強調した。

| 文責 | 【北海道】北海道新聞 | 09:17 | - | - |
カレンダー市の益金、地域に還元 七飯

【北海道新聞】

 

町社協の伊藤千恵子会長(右)に益金を手渡す工藤会長ら

 

【七飯】七飯ロータリークラブ(工藤悟会長)は1月25日、三嶋神社境内で行われたカレンダー市の益金15万円を七飯町社会福祉協議会に寄付した。

 使用予定のないカレンダーを集め、種類・用途別に分けて値段をつけて販売。毎年行われている恒例のイベントで、13回目となる今年は同月7日に行われた。

 社会奉仕活動のなかでも直接町民と触れ合えることから、クラブ会員らの励みとなっている。秋田から郵送してカレンダーを提供してくれる会社もあるという。日めくりや手帳が特に人気があり、長蛇の列ができてあっという間に売り切れた。

 工藤会長は「13年前と違い、カレンダーを配る会社が少なくなっている。使用しないものは有効に使い、社会奉仕としてこれからも続けたい」と話した。

| 文責 | 【北海道】北海道新聞 | 10:12 | - | - |
「期待に応える努力を」 杉村太蔵さんが講演 函館

【北海道新聞】

 

「相手に喜んでもらおうと考えて行動することも大切」と話す杉村さん

 

 

 

 元衆院議員のタレント、杉村太蔵さんが28日、函館市五稜郭町の市芸術ホールで「人生どん底からの大逆転〜使われる力」と題して講演した。杉村さんは、夢に向かって努力する大切さを強調、「自分への周りの期待にとことん応えることで道は開ける」と語った。

 函館東ロータリークラブの創立60周年記念事業。約650人が聴講した。

| 文責 | 【北海道】北海道新聞 | 09:07 | - | - |
ミャンマーへ消防車贈る 弘前アップルRC

【北海道新聞】

 

ミャンマーに寄贈する車両を受け取る、弘前アップルロータリークラブの木村次期会長(左)と、熊澤県消防学校長

 

 命を救ってくれたミャンマーの人たちに、感謝の気持ちを伝えたい−。戦中、ビルマ(現ミャンマー)で現地の人々の助けによって生き延びた、青森県藤崎町の医師関場慶博さん(67)の父・一男さん=享年(69)=の思いが形となり、1台の消防車両が同国カイン州に贈られることになった。関場さんは「感無量」と喜びをかみしめている。

 関場さんが特別代表を務める弘前アップルロータリークラブ(上田勝会長)などによる開発途上国支援事業の一環で、ミャンマーに消防車両を贈るのは、青森県では初となる。

 一男さんは1943年、軍医としてビルマ戦線に送られた。他の日本兵が次々と死にゆくなか、現地の人々が敵からかくまってくれたため生き延びて帰国、「命の恩人たちへ感謝の気持ちを伝えに行きたい」との思いを抱えたまま、30年前にこの世を去った。

 一男さんから思いを聞いていた関場さんは、2014年から毎年ミャンマーを訪問。現地のロータリークラブと交流を続けてきた。同国山村部で、火事の際に出動する給水機能付きの消防車が不足していると知った関場さんは弘前アップルロータリークラブで寄贈を提案、県などと協議を重ね、1500リットルの水槽容量を備える車両の寄贈が決まった。

 18日、車両を所有していた青森市の県消防学校で、同クラブへの引き渡しが行われた。

 同クラブの木村由美次期会長が「父の思いが30年の歳月を経て、今叶うと思うと感無量。1台の消防車がミャンマーと日本の人々の心の懸け橋になることを願う」との関場さんの手紙を読み上げた。

 県消防学校の熊澤正志校長は「私たちにとっても、使用車両が海外へ贈られるのは初めて。ミャンマーの人々の安心、安全に貢献できるよう活用していただきたい」と目を細めた。

 車両は、27日に横浜を船で出発、5月13日にミャンマーに到着する予定。

| 文責 | 【北海道】北海道新聞 | 16:04 | - | - |
平昌「金メダル取る」 スキージャンプ・高梨、旭川で講演

【北海道新聞】

 

 ノルディックスキージャンプ女子の高梨沙羅(クラレ)が16日、旭川市内のホテルで行われた旭川西ロータリークラブ創立60周年記念市民公開講演会で、西川将人旭川市長と対談した。来年の平昌冬季五輪に向けて「金メダルを取るため、できる限りのことをしたい」と意欲を語った。

 高梨は例年より約1カ月早い3月下旬に、米国での約3週間の合宿で五輪シーズンを始動し、体力トレーニングを中心に行った。

| 文責 | 【北海道】北海道新聞 | 09:58 | - | - |
中高生、英語で接客 倶知安で初のコンテスト 副賞は豪研修旅行

【北海道新聞】

 

 【倶知安】海外から多くのスキー客が訪れる後志管内倶知安町のJR倶知安駅内観光案内所で29日、中高生による「英語観光案内コンテスト」が初めて開かれた。中高生が外国人を接客し、英語力や伝えようとする熱意を競った。

 倶知安ロータリークラブが「外国人の多い町の利点を生かし、子供たちに生きた英語を学んでもらおう」と企画した。町内の中学生6人と高校生2人が参加し、事前に英語の指導を受けるなどして準備してきた。

 参加者は1人ずつ観光案内所に立ち、中国やオーストラリアなどからの観光客を迎えた。「おすすめの日本食のお店は」などと英語で質問を受けると、緊張しながらも、地図や時刻表を使って懸命に説明していた。審査の結果、最優秀賞には倶知安高1年の谷口円香さんと倶知安中3年の菅原凪人さんが選ばれ、副賞としてオーストラリアへの語学研修旅行が贈られた。

| 文責 | 【北海道】北海道新聞 | 09:51 | - | - |
丸太切り体験、早さ競う 芦別で「元気森森まつり」
【北海道新聞】

【芦別】第13回芦別林産フェスティバル元気森森まつりが21日、道の駅スタープラザ芦別で始まり、青空の下で家族連れが森林の恵みを満喫した。

 実行委主催。芦別ロータリークラブによる木工体験では、子供たちが金づちでくぎを打ち、小さな腰掛け椅子を作った。弟の陽向君(3)と参加した沢村華蓮ちゃん(5)は「初めてだけど、教えてもらってうまくできました」と笑顔で話した。丸太切り体験では子供たちが懸命にのこぎりを引き、切り終わるまでの時間を競った。
| 文責 | 【北海道】北海道新聞 | 20:41 | - | - |
夷酋列像の壁画、新函館北斗駅に 通路に完成、除幕式
【北海道新聞】

 【北斗】松前藩家老で画人の蠣崎波響による江戸時代後期の大作「夷酋列像(いしゅうれつぞう)」の陶板壁画(縦約3メートル、横約4メートル)が北海道新幹線新函館北斗駅構内の連絡通路に完成し、29日、除幕式が行われた。緻密な表現と鮮やかな色彩で描かれたアイヌ民族の指導者たちの勇姿がずらりと並び、観光客らの注目を集めそうだ。

 壁画は北海道の歴史や文化を新幹線利用客に知ってもらおうと、渡島・檜山両管内のロータリークラブが合同で約100万円かけて制作。東京の専門業者に依頼し、仕留めたシカを背負ったり、ヤリを手に動物を従えたりする姿を描いた11枚の原画を、特殊技術で陶板に焼き付ける形で再現した。

 除幕式には同クラブのメンバーや高谷寿峰市長ら約20人が出席。高谷市長は「駅を訪れる観光客やビジネス客だけではなく、地域の人にも喜んでもらえる展示物になる」と期待感を示した。
| 文責 | 【北海道】北海道新聞 | 09:51 | - | - |
「かかりやすいが治せる」 乳がん専門家が講演 札幌
【北海道新聞】

 乳がんへの理解を深める講演会「乳がんの克服は可能か?」が11日、札幌市医師会館(中央区大通西19)で開かれた。早期発見の大切さや治療法研究の現状など、専門家の話に参加者約200人が聞き入った。

 乳がんの啓発活動に取り組む団体「ピンクリボンinSAPPORO」と札幌西ロータリークラブが共催した。講演会は2部構成で、第1部では医師やがん研究の専門家が話した。

 「札幌ことに乳腺クリニック」の浅石(あさいし)和昭理事長は、乳がんの発症者が年々、増えている一方で、死亡率は微増にとどまっていることを説明し「乳がんはかかりやすいが、治すことのできるがん」と早期発見の重要性を強調した。

 がんの免疫療法の研究に取り組む札幌医大の佐藤昇志(のりゆき)名誉教授も講演した。免疫療法は、副作用のリスクが少ないことを紹介。がんの根源となる「がん幹細胞」を制御できるワクチンの実用化に向けた研究を進めているといい、「乳房を切除することは圧倒的なストレスになる。注射や飲み薬で完璧に予防できるようにすることが、研究者の使命」と話した。

 第2部では医師、保健師、乳がん患者らによるパネルディスカッションが行われ、患者の支援態勢や闘病の悩みなどについて意見を交わした。
| 文責 | 【北海道】北海道新聞 | 16:33 | - | - |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
+ 主な記事
+ 媒 体
+ 月別記事
+ 参照サイト
+ 概 要