Rotary At Work

ロータリークラブの活動に関する記事抜粋
トレランで地域の魅力知って 古刹や自然、温泉や近江牛も 滋賀

【京都新聞】

 

湖南ロータリークラブと市観光協会が催す「第1回十二坊トレイルラン・ウォーク」のポスター

 

 愛好家が増えているトレイルランで滋賀県湖南市の魅力を発信しようと、湖南ロータリークラブと市観光協会は来年4月21日に、「第1回十二坊トレイルラン・ウォーク」を開く。岩根山の約22キロの山岳コースを駆け、速さを競う。主催者は「湖南市の代表的なイベントに育てたい」と意気込む。

 創立30年の節目に、ロータリークラブが、眺望の良い場所や古刹もある岩根山の良さを生かした地域イベントとして発案。観光協会が協力した。

 トレイルランは「十二坊温泉ゆらら」(岩根)を発着点に、本堂が国宝の善水寺や、正福寺、市内を一望できる展望大岩などを巡る。8割が地道、2割がアスファルト道で、シャクナゲや山ツツジの花が咲く箇所もある。高低差の合計が約1600メートルもある「ハードなコース」(中澤実仟盛実行委会長)。上位3人らを表彰し、近江牛や地元野菜などを贈る。

 別に、トレイルウォークとして、順位を競わず、4・5キロを歩くコースも二つ設けた。

 ラン300人、ウォーク200人の参加を見込む。中澤さんは「愛好家が練習でも楽しめる常設コースとして整備したい」と話す。午前10時から。昼食や温泉入浴券もふるまう。申し込みは来年2月28日まで。参加費はランが6千円、ウォークが千円。問い合わせは実行委0748(71)2157。

| 文責 | 【関 西】京都新聞 | 11:41 | - | - |
乳がん早期発見へピンクにライトアップ 京都・綾部

【京都新聞】

 

ピンク色にライトアップされた綾部市民センター(同市並松町)

 

 京都府の綾部市民センター(同市並松町)をピンク色に染める一夜限りのライトアップが1日、行われた。乳がんの早期発見、早期治療の大切さを訴えるピンクリボン運動の一環。美しい明かりが由良川沿いに浮かび上がった。

 10月の乳がん月間に合わせ、綾部ロータリークラブが企画した。ピンクのフィルムで覆った照明3基の光を壁面に当てた。近くの丹波大橋などから眺めることができ、ドライバーらの目を楽しませていた。

 市民センターは宮津市にあった海軍の航空機格納庫で、骨組みを市が戦後買い取り、建設に利用した。老朽化が進み、新市民センター完成後の2020年度に解体される予定。

| 文責 | 【関 西】京都新聞 | 09:26 | - | - |
宇宙ロボット、子どもら開発競う 大津で12日コンテスト

【京都新聞】

 

ロボットの独創性や正確性を競う「スペースロボットコンテスト」=国際科学教育協会提供

 

 宇宙で動くロボットの開発を目指す「スペースロボットコンテスト」の国際大会が12日、大津市萱野浦のロイヤルオークホテルスパ&ガーデンズで開かれる。5カ国の子どもたちが協力して自律型ロボットを走らせる。

 科学を通じた国際交流の場をと、同市内の大津、大津西、大津中央、大津東の各ロータリークラブが、京都市伏見区の国際科学教育協会(子どもの理科離れをなくす会)と企画した。同協会が毎年開催している全国大会とは別に開く。

 出場するのは、韓国、台湾、シンガポール、ベトナムからの海外勢約60人と、日本人約40人の計100人。小学3年から高校までの子どもたちが、用意されたキットでロボットを組み立て、プログラミングを施してコースを走らせ、動きの正確性を競う。日本人2人と海外勢2人のグループで取り組むため、英語や身ぶり手ぶりを使ったコミュニケーション力も試される。

 滋賀大や長浜バイオ大の学生もスタッフとして参加する。午前10時に始まり、正午から第1走、午後2時から第2走が予定されている。見学自由。問い合わせは月、水、金曜に大津東ロータリークラブ077(543)2261。

| 文責 | 【関 西】京都新聞 | 10:31 | - | - |
暑さに負けず、土俵で熱戦 京都・嵐山でこども相撲大会

【京都新聞】

 

力強く相撲を取るこどもたち(京都市右京区)

 

 小学生の男女が競い合う「嵐山こども相撲大会」が28日、京都市右京区の嵐山中之島公園で開かれた。厳しい暑さの中、子どもたちがぶつかり合い、会場には歓声が響いた。

 京都西南ロータリークラブが、青少年の育成や地域交流を目的に催し、8回目。熱中症対策の「ミストシャワー」が設置される中、175人がトーナメント方式で戦った。

 午前9時、1〜3年生の部が始まった。短パンにまわし姿の子どもたちは、行司の掛け声と同時にぶつかり合い、力強い取り組みを見せた。午後は4〜6年生が対戦する。

| 文責 | 【関 西】京都新聞 | 09:27 | - | - |
往年の名車ずらり51台 京都、イベントで走行

【京都新聞】

 

スーパーカーやクラシックカーに見入る来場者(城陽市寺田・文化パルク城陽)

 

 世界の名車が集結するチャリティーイベント「ロータリー・クラシックカー・ラリー」が30日、京都府城陽市や久御山町で開かれた。青空の下、1950年代以降のクラシックカーやスーパーカー51台が公道を走り、沿道の市民の注目を集めた。

 京都城陽ロータリークラブ(西尾善三郎会長)が地域振興や、社会福祉への貢献にと初めて企画。京滋など関西を中心に愛好家らが所有車を持ち寄った。

 日産スカイライン2000GT−R(1972年)やジャガーXK120(53年)、ポルシェやフェラーリがそろって、久御山町役場を出発して約10キロ走行。ゴール地点の文化パルク城陽(城陽市寺田)で車両が展示され、来場した家族連れらがカメラを向けていた。家族で訪れた竹村友佑ちゃん(5)=城陽市寺田=は「ドアが上に開く車があって、かっこよかった」と笑顔だった。

 会場で受け付けた募金は両市町の社会福祉協議会に寄託する。

| 文責 | 【関 西】京都新聞 | 09:28 | - | - |
電車内で化粧、カラス多い… 在住外国人、日本に驚き

【京都新聞】

日本語スピーチの後、会場からの質問に答える外国人参加者たち(八幡市八幡・松花堂美術館会議室)

 京都府八幡市内で暮らす外国人による日本語発表会が25日、同市八幡の松花堂美術館会議室で行われた。ベトナム人やパキスタン人らが、文化の違いや日本の印象について流ちょうにスピーチした。

 発表者は、八幡市内の日本語教室「世界はテマン」で学ぶ5人。日本人女性と結婚したインドネシア出身の牧野スパルマンさん(26)は、故郷では生ものを食べる習慣がなく、奥さんがすしを買ってきた時は電子レンジを使うという。「温かくなって色も変わり、ようやくおいしいすしになります。皆さんもやってみて」と呼び掛け、会場を沸かせた。

 質疑応答で発表者たちは、来日して驚いたこととして、電車内で化粧をする人がいることや道の清潔さ、カラスの多さなどを挙げた。好きな日本の歌を熱唱する発表者もいて拍手に包まれた。

 発表会は、外国人支援に取り組む京都八幡ロータリークラブが創立40周年記念事業として企画した。

 スピーチの前に府国際センター(京都市下京区)が全国の日本語教室の現状や課題を紹介し、八幡署が交通ルールを説明した。

| 文責 | 【関 西】京都新聞 | 09:05 | - | - |
被災地訪問、学校頼らず自力継続 滋賀の近江兄弟社高生

【京都新聞】

 

被災地での訪問先や、活動費用の調達方法などを話し合う生徒たち(近江八幡市市井町・近江兄弟社高)

 

 滋賀県近江八幡市市井町の近江兄弟社高の生徒が、東日本大震災の被災地・宮城県への訪問を毎年続けている。これまでは学校から補助金をもらって活動してきたが、今年からは自分たちで資金を集め、3月10〜11日に被災地に足を運ぶ。生徒たちは「震災の風化が問われる中、学校だけに頼らなくても活動を続けられるようにしたい」と語る。

 生徒たちが初めて被災地を訪問したのは2011年12月。近江八幡市が同県南三陸町を支援していた縁で、生徒と卒業生、教諭の計30人ががれき撤去のボランティアに加わった。その後も毎年16〜43人が参加し、農業支援や仮設住宅訪問など内容を変えながら続けてきた。昨年度は大雪の影響で中止になった。

 学校は参加者の自己負担を減らすため費用の大半を負担して活動を支えてきたが、今年からは資金調達も活動の中に含めることになった。訪問先も生徒自身が「同世代の被災者の話を聞きたい」などと提案。引率する杉田信也教諭(42)は「自主性がより必要となったが、生徒が成長するチャンス」と語る。

 今年は生徒約20人が参加を希望。ロータリークラブの会合でスピーチし、地元の企業に支援を訴えたほか、校内でも募金活動に取り組む。協力者への恩返しとして、活動の報告やお土産の購入なども検討している。

 参加する1年廣岡萌黄さん(16)は「復興で頑張っている人の話を聞きたい。写真もたくさん撮り、参加できなかった生徒に伝えたい」、1年岡松穂波さん(16)は「募金などで支えてくれた人への責任がある。自分が見てきたことを還元したい」と語る。

 一行は9日夜に京都市を出発。10〜11日に南三陸町や名取市閖上地区を訪問、12日朝に京都市に帰着する。

| 文責 | 【関 西】京都新聞 | 09:21 | - | - |
地元の碾茶、児童が抹茶立て味わう 京都・八幡

【京都新聞】

 

茶せんを使って、抹茶をたてる児童たち(京都府八幡市八幡・八幡小)

 

 八幡産の碾茶(てんちゃ)や抹茶について学ぶ「お茶の教室」がこのほど、京都府八幡市八幡の八幡小で開かれた。3年生約60人と保護者が抹茶をたて、地元産の和菓子と一緒に味わった。

 京都八幡ロータリークラブが40周年記念事業として、総合的な学習の時間で実施した。宇治茶伝道師の小山茂樹さん(70)が講師となり、碾茶をひいて抹茶を作ることや、宇治茶の歴史などを説明した。

 子どもたちはクラブの会員らに作法を教えてもらいながら、茶碗で抹茶をたてた。初めて茶をたてたという北村充君(9)は「茶せんを動かすのが難しかった。苦くて喉がイガイガしたけど、それがおいしい」と笑顔を見せていた。

| 文責 | 【関 西】京都新聞 | 09:25 | - | - |
高校生いきいき撮影、「ウッティー」写真展 京都・宇治

【京都新聞】

 

「ウッティー」のさまざまな様子を収めた写真が並ぶ作品展(京都府宇治市宇治・市観光センター)

 

 「宇治川の鵜飼」のウミウで、人工ふ化により誕生した「ウッティー」の写真展が、京都府宇治市宇治の市観光センターで開かれている。市内の高校生の作品で、鵜匠になつく様子などが収められている。

 日本で唯一成功しているウミウの人工ふ化について若い世代に関心や理解を深めてもらおうと、宇治鳳凰ロータリークラブが写真コンテストを主催。応募の80点を展示した。

 鵜匠に抱かれ甘えているところを撮ったカットや、鵜飼で活躍している場面、鵜小屋でたたずむ姿などを見て楽しめる。展示最終日の10日に同センターでコンテストの表彰式がある。

 入賞者は次のみなさん。

| 文責 | 【関 西】京都新聞 | 09:07 | - | - |
新たなサクラ、二条城に植樹 大政奉還150年記念

【京都新聞】

 

ソメイヨシノの植樹式でくわを入れて、大政奉還150年を祝う関係者(京都市中京区・二条城)

 大政奉還150周年を記念して、京都南ロータリークラブ(京都市下京区)が中京区の二条城に、ソメイヨシノ2本とベンチ5基を寄贈し4日、植樹式が開かれた。

 ソメイヨシノは樹齢約20年で高さ約5メートル。ベンチは御影石の幅1・8メートル、奥行き40センチ、高さ50センチ。春にサクラのトンネルが楽しめる清流園内に整備した。訪れた観光客がサクラをめでながら、ベンチでくつろげる。式では同クラブの千振和雄会長が「サクラとベンチがいつまでも愛され、利用していただけることを祈ります」とあいさつ。門川大作市長も「昭和の終わりに約400本あったサクラも、老木でいま300本になっている。寄贈に感謝します」と述べた。その後、関係者がくわ入れし、来春の開花に期待を寄せた。

| 文責 | 【関 西】京都新聞 | 09:55 | - | - |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
+ 主な記事
+ 媒 体
+ 月別記事
+ 参照サイト
+ 概 要