Rotary At Work

ロータリークラブの活動に関する記事抜粋
女優・生稲晃子さんのトークも、乳がんの早期発見や治療を啓発 大宮ソニックシティにピンクリボン階段登場

【埼玉新聞】

 

10月の乳がん月間に合わせて設置されたピンクリボン階段アート=1日、さいたま市大宮区の大宮ソニックシティイベント広場

 

 10月の乳がん月間に合わせ、乳がんの早期発見や早期診断、早期治療を啓発する「ピンクリボン」階段アートが、さいたま市大宮区の大宮ソニックシティ・イベント広場南側階段に登場した。

 県、さいたま市、県立がんセンター、大宮西ロータリークラブ、戸田中央医科グループで組織するピンクリボン運動推進県委員会が初めて設置。ピンクリボンを中心にコバトン、市マスコット「つなが竜ヌゥ」が重要性を伝えている。

 同委員会によると、欧米の乳がん検診率は約80%。厚労省は国内の検診率50%を目標としているが、現状は30%台、県内では約35・1%(2016年度)にとどまっているという。

 大宮ソニックシティの高橋秀樹さんは「取り組みで早期発見の重要性を思い出し、男性も女性も検診を勧めてほしい」と話している。

 27日午後6時からは、鐘塚公園で、大宮ソニックシティビルとホール壁面を照らす「ピンクリボンライトアップ点灯式」を実施。女優の生稲晃子さんを迎えたトークショーを実施し、先着500人にプレゼントを配布する。

 戸田中央医科グループの広瀬晶子さんは「尊い命を守る取り組みを知り、自分自身に興味を持っていただければ」。大宮西ロータリークラブ社会奉仕委員会の荒井理人さんは「大切な人を守るため、早期発見、治療で90%以上が治るとされる乳がんについての正しい知識を持って」と呼び掛けている。

| 文責 | 埼玉新聞 | 09:12 | - | - |
外来のクビアカツヤカミキリ、行田でサクラ50本超に被害 ロータリークラブ、公園で被害状況を視察

【埼玉新聞】

 

クビアカツヤカミキリの被害状況を確認する参加者ら=行田市須加

 

 サクラの木などを食い荒らす特定外来生物「クビアカツヤカミキリ」の撲滅に向けて、桜の植樹や桜名所の保全活動に取り組む「行田さくらロータリークラブ」(時田忠彦会長)は例会を開き、行田市須加の見沼元圦公園周辺でクビアカツヤカミキリの被害状況を視察した。

 厳しい暑さの中、会員や市職員ら約40人が参加。同会員で行田ナチュラリストネットワークの橋本恭一代表をはじめ、同ネットワーク研究保護担当の島田勉さん、県生態系保護協会副会長で草加・八潮支部長の加納正行さんらが説明や指導に当たった。

 この日は、新たに被害が見つかった17本を含め、サクラなど50本以上の木で被害を確認。幼虫24匹と成虫1匹も発見された。参加者は千枚通しや針金を使って侵入孔からフラス(フンと木くずが混ざったもの)をかき出し、殺虫剤を注入して幼虫を駆除する方法を学んだ。

 橋本代表は「市内では100匹以上の成虫を捕殺しているが、氷山の一角にすぎない。被害の拡大を防ぐには、しらみつぶしに駆除していく必要がある」と述べ、同会の時田会長は「行田のサクラを何としても守りたい。皆さんの協力を得て、撲滅を目指したい」と意欲を見せた。

 クビアカツヤカミキリの成虫は体長が2・5〜4センチ程度、光沢のある黒色で胸部が赤いのが特徴。主にサクラやモモなどバラ科の樹木に卵を産む。ふ化した幼虫は、樹体内で2〜3年かけて成長。内部を食い荒らし、木を枯死させる危険性がある。

 中国や朝鮮半島など東アジアに広く分布し、国内には輸入木材や輸送用パレットなどに幼虫が潜んだまま運ばれたとみられる。県内の被害は2013年の草加市を皮切りに、今年3月末までに県南東部や県北部の計8市で確認されている。

 行田市では昨年7月12日に初めて目撃情報が寄せられ、これまでに約70本の木で被害が確認された。最近では、観光地のさきたま古墳公園や水城公園でも成虫が目撃されており、早期の発見・防除が喫緊の課題となっている。

 市や県は、発見した際の連絡や駆除を呼び掛けている。問い合わせは同市環境課(電話048・556・9530)へ。

| 文責 | 埼玉新聞 | 08:20 | - | - |
「陸王」監督の福沢克雄さん、行田で講演 撮影協力の行田市民らに感謝「成功は皆さんのおかげ」

【埼玉新聞】

 

「陸王の成功は行田市民のおかげ」と語る福沢克雄さん=行田市産業文化会館

 

 行田市を舞台に大ヒットしたTBSのテレビドラマ「陸王」で監督を務めた福沢克雄さんが、同市の産業文化会館で講演。高視聴率を記録した陸王について「成功したのは行田の皆さんのおかげ」と述べ、撮影に協力した市民らに謝意を表した。 

 福沢さんは福沢諭吉のやしゃごで、「半沢直樹」や「下町ロケット」などのドラマの演出を手掛けたヒットメーカー。講演では、子どもの頃に映画「スター・ウォーズ」を見て感動し映画監督を志したがいったんはメーカーに勤務し、映画監督の仕事がしたくてTBSに入ったなどと、自身の歩みを紹介した。

 放送局間の激しい視聴率競争の中で、福沢さんは「男性を勇気づけるドラマ」として「半沢直樹」などを制作。その流れに陸王もあり、根底には「社会に役立つ仕事を」との諭吉の理念があったことを強調した。

 福沢さんは千人規模のエキストラを必要としたロケを行った陸王について、「撮影は大変だったが、行田市の皆さんのパワーを一つにして応援していただいたので成功した」と感謝。満員の会場から大きな拍手が起きた。

 講演は国際ロータリー第2570地区大会の一環として、「ロータリーフェスタ」と合わせて開催。会場では「陸王展」も行われ、ドラマに使われた老舗足袋店「こはぜ屋」のトラックが展示された。お笑い芸人らによるステージも披露された。

 ホストとして大会の準備に当たった行田さくらロータリークラブ(RC)の細井保雄ガバナーは、「大会を通じて会員たちの親睦と絆が深められた。フェスタでは多くの市民に来てもらい、RCの認知度の向上に寄与できた」と話していた。

| 文責 | 埼玉新聞 | 09:29 | - | - |
移動動物園で子どもら笑顔 児童養護施設で25種類の動物放つ 岩槻東ロータリークラブが10年以上支援

【埼玉新聞】

 

動物との触れ合いを楽しむ子どもたち(岩槻東ロータリークラブ提供)

 

 子どもたちに動物と触れ合う機会を提供しようと、岩槻東ロータリークラブ(丹野寿明会長)は2日、さいたま市岩槻区の児童養護施設いわつきで、移動動物園を開いた。

 同ロータリークラブは10年以上前から同施設への支援活動を続けている。これまで動物園バスツアーも実施したが、子どもたち全員を連れて行くことはできなかったため、業者に依頼して移動動物園を企画した。

 会場となった同施設の広場を柵で囲い、その中にウサギやヤギ、ヒツジ、ポニー、カメなど約25種類の動物を放した。子どもたちは動物にえさをあげたり、抱いたり、思い思いに楽しんだ。

 同ロータリークラブは「今後も子どもたちが少しでも幸せと思える事業を続けていきたい」と話している。

| 文責 | 埼玉新聞 | 09:16 | - | - |
ポピー見頃、朝霞の黒目川で咲き乱れる 国交省、地元商工会を表彰

【埼玉新聞】

 

朝霞市浜崎の黒目川沿いにある「浜崎黒目花広場」で見頃を迎えたポピー

 

 朝霞市浜崎の黒目川沿いにある「浜崎黒目花広場」でポピーが見頃を迎えた。赤やピンク、白などの色鮮やかな花が咲き乱れ、川沿いを散策する人らの目を楽しませている。同市によると、ポピーの花は5月いっぱい見ることができるという。

 約2千平方メートルの同広場は、同市が2006年に休耕田を活用して整備。地元の朝霞キャロットロータリークラブと同市商工会が手入れや管理をしている。春には菜の花、秋にはキバナコスモスが花を咲かせる。

 同クラブと同商工会は本年度、花と緑の愛護に顕著な功績のあった民間団体をたたえる国土交通省の「第28回みどりの愛護功労者国交大臣表彰」を受賞した(県推薦)。表彰式は6月10日、金沢市で行われる。

 ポピーの問い合わせは、朝霞市みどり公園課(電話048・463・0374)へ。

| 文責 | 埼玉新聞 | 17:19 | - | - |
戸田中央総合病院を創設、多大な貢献 中村さん、初の戸田名誉市民に

【埼玉新聞】
戸田市の初の名誉市民に決まった戸田中央医科グループ会長の中村隆俊さん(市提供)
 戸田市は27日、戸田中央総合病院の創設者で戸田中央医科グループ会長の中村隆俊さん(88)に名誉市民の称号を贈ることを決めた。同日、開かれた市議会本会議で賛同が得られたことから発表した。10月1日に予定している市制施行50周年記念式典で表彰を行う。戸田市の名誉市民は2015年10月に条例を施行して以来、初の適用。

 一報を聞いた中村さんは「ありがとう。これからも戸田市のために尽くします」と話した。さらに「国の勲章をもらった時より、戸田市からいただいた第1号の方がうれしい」と喜びを語った。

 中村さんは11年の夏ごろから体調を崩し、しばらく戸田中央総合病院で療養していたが、最近は回復に向かい、ロータリークラブや医科グループなど主要な会合に出席し、元気な姿を見せている。名誉市民授賞の知らせにも元気な声で取材に応じた。

 市によると、授賞の主な理由は「長年にわたり市民から厚い信頼を得て、医療、福祉、保健で多大な貢献をした。さらにボート、ソフトボール、ラグビーなどのスポーツ分野、花と緑の環境活動、社会奉仕活動など多様な分野で市の発展に積極的に寄与した」としている。

 中村氏は1927年、北海道瀬棚町(現せたな町)出身。50年、北海道大学医学部卒業と同時に上京、東京医科大でインターンを務めるなどし、兄の故哲夫氏(後に板橋中央医科グループ会長)、弟の秀夫氏(現上尾中央医科グループ会長)らと3人で板橋中央病院(現板橋中央総合病院)で医業に励んだ。62年に戸田市で戸田中央病院(現戸田中郷総合病院)を開設。現在は28病院、6老健施設を傘下に持つ戸田中央医科グループの会長を務めている。

| 文責 | 埼玉新聞 | 10:13 | - | - |
逸ノ城関と記念撮影に行列 川口で餅つき、湊部屋の力士ら参加
【埼玉新聞】

参加者と記念写真を撮る逸ノ城関=川口市立グリーンセンター 川口市安行領根岸の市グリーンセンターで20日、「もちつきとサンタ探し大会」があった。市内にある大相撲・湊部屋の力士が豪快に餅をつき、人気力士逸ノ城関が参加者と一緒に写真撮影し、60組の長い行列ができた。

 逸ノ城関は、小さな子どもたちを軽々と膝に抱き上げ、手を差し出す子どもたちと笑顔で握手した。市のマスコットきゅぽらんと子どもたちに囲まれていた力士の浜湊関は「相撲は面白いっす」と話した。

 湊部屋の湊孝行親方が川口北東ロータリークラブ(RC)の会員であることなどから、力士のファンサービスが実現。同RC(古挽詔二会長)とNPO「グリーンセンターサポートクラブ」(田島正美代表)も協力した。

 同RC社会奉仕委員長の木内賢治さん(71)は「餅つきは30年前から協力している。自分たちも年をとったので10年前から湊部屋の力士の力を借りている」。グリーンセンター催事係長の上原みどりさんは「今日が今年最後のイベント。来年はもっと親子を楽しませたい」と話していた。
| 文責 | 埼玉新聞 | 11:17 | - | - |
元大宮アドバイザー清雲氏が行田で講演 サッカーの普及や育成語る
【埼玉新聞】

「日本サッカーの挑戦」をテーマに講演した清雲栄純氏=行田市持田のベルヴィアイトピア 行田ロータリークラブ主催の「こころの講演会」が、行田市持田のベルヴィアイトピアで行われ、J2ジェフユナイテッド市原・千葉トータルアドバイザーの清雲栄純氏が「日本サッカーの挑戦〜ドーハからのメッセージ〜」をテーマに講演した。

 清雲氏は現役時代に古河電気工業や日本代表で活躍。現役引退後は、日本代表のコーチやジェフの監督、大宮アルディージャのトータルアドバイザーなどを務めた。

 清雲氏は1993年にアメリカワールドカップ(W杯)大会の出場を逃した「ドーハの悲劇」を紹介。当時は日本代表のコーチで、「あれからサッカーの普及や育成が進んだ」と振り返った。W杯に5大会連続出場中の日本代表はオリンピックにも5大会連続で出場し、選手の育成が実を結んでいることを伝えた。

 サッカー選手のプレーはピッチ外の態度が重要とし、「普段の振る舞いがプレーでも必ず出てくる」と強調。選手の育成についてはさまざまな角度から選手を見ることの大切さを訴えた。「選手の育成はサッカー選手の前に、しっかりとした人間を育てることが必要」と話していた。
| 文責 | 埼玉新聞 | 17:57 | - | - |
被災の子招き、さいたまでサッカー交流 浦和ホーム開幕戦も観戦
【埼玉新聞】

サッカー交流イベントで元気にプレーする名取閖上少年団の子どもたち(手前)=15日午前、さいたま市緑区の埼玉スタジアムサブグラウンド 東日本大震災で被災した宮城県名取市閖上と同県角田市横倉のスポーツ少年団を招いたサッカー交流イベントが14、15日、さいたま市内で開催された。

 子どもたちは14日、埼玉スタジアムでJ1浦和のホーム開幕試合を観戦。15日は同スタジアムのサブグラウンドで、地元のさいたま市や金沢市のチームと交流試合をして元気に駆け回った。

 名取市内では、閖上小学校や多くの住宅が津波で壊滅的な被害を受け、同校は市内の別の場所に仮移転している。

 名取閖上少年団のキャプテンで閖上小6年生の木皿晴翔(はると)君(12)は震災時、小学校2年生。

 「学校から帰ろうとした時に地震がきた。みんなで校舎の3階に上がった。大丈夫そうなので体育館に戻った時に、津波が来て家が流されるのが見えた。大人たちや子どもたちで150人ぐらいいたが、みんなでまた3階に駆け上った」と体験を話してくれた。

 チームは勝利。木皿君は「僕らの自信になる。浦和に来たことは一生忘れない思い出になった」と語った。

 監督の運送業佐藤雄太さん(32)によると、津波で鈴木国一監督が亡くなった。2カ月は何もできなかったが、「やっぱり子どもたちにサッカーをさせたい」と、3カ月後に民間会社のグラウンドを借りて、練習を再開した。

 保護者や子どもたちが閖上小の校庭のガラスを拾い、がれきを片付け、震災から3年半後の昨年夏からは母校での練習を再開した。佐藤監督は「いろいろな支援があって子どもたちも元気になれた。感謝したい」と話した。

 一方、角田横倉チームのキャプテン、角田小6年の目黒幹太君(12)は「昨日は浦和の阿部選手の弾丸ミドルシュートに感動した。立って両手を振り上げた。埼玉スタジアムがでかいのにもびっくりした」と話した。

 目黒君は「山の方なので津波は来なかった、でも電気も水も止まった。僕たちの水くみの仕事は1カ月ぐらい続いた」と震災時のことを話してくれた。

 交流事業は浦和東ロータリークラブ(町田哲雄会長)の創立45周年記念事業の一環で、国際ロータリー阿武隈グループ、金沢西ロータリーと3団体の共催。埼玉スタジアム、浦和、埼玉新聞社が後援した。

 宮城の2チームのほか、金沢南サッカー少年団、さいたま市から木崎、北浦和、仲町の各サッカースポ少年団が参加した。
| 文責 | 埼玉新聞 | 17:37 | - | - |
ヨーヨー世界大会5連覇の松浦さんら表彰 埼玉グローバル賞
【埼玉新聞】(IAC)

 世界を意識した活動や、地域の国際化に向けて取り組む人たちを表彰する「埼玉グローバル賞」の表彰式が2日、さいたま市浦和区の知事公館で行われた。受賞者らは同日、埼玉親善大使に任命された。

 同賞は3部門。「世界への挑戦」部門には、伊奈学園総合高校2年で競技ヨーヨーの競技者の松浦豪さん(17)が選ばれた。

 「未来への投資」部門では、さいたま市立浦和高校のインターアクト部(大森礼菜部長)、「地域国際化」部門では外国人の子どもたちのために日本語教室などを開いている地球っ子クラブ2000(高柳なな枝代表)がそれぞれ受賞した。

 松浦さんはワールド・ヨーヨーコンテストで5連覇するなど世界で活躍。式では「今後も練習を続け、活躍したい」と話し、華麗な技を披露した。市立浦和高2年の大森部長(17)は部活動で培った流ちょうな英語でスピーチした。

 賞状やトロフィーなどを贈った上田清司知事は「さらに技を高めたり、引き続き地域の国際化などを図ったりして、世界中に埼玉をアピールしてください」とエールを送った。
| 文責 | 埼玉新聞 | 10:16 | - | - |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
+ 主な記事
+ 媒 体
+ 月別記事
+ 参照サイト
+ 概 要