Rotary At Work

ロータリークラブの活動に関する記事抜粋
苫小牧勢6部門で頂点―苫東RC杯小学生バドミントン

【苫小牧民報】

 

 苫小牧東ロータリークラブ杯第37回苫小牧地区小学生バドミントン大会が22日、苫小牧市総合体育館で開かれた。男女の学年別にシングルス、ダブルス計8部門のトーナメント戦を展開。苫小牧勢が6部門を制するなど健闘した。  大会は苫小牧東ロータリ…

| 文責 | 【北海道】苫小牧民報 | 09:50 | - | - |
国際ロータリー第2510地区 むかわ町に500万円寄付

【苫小牧民報】

 

 札幌圏や苫小牧、函館など道内西部地区で組織する国際奉仕団体「国際ロータリー第2510地区」は7月31日、2018年9月に発生した胆振東部地震の復興支援として、むかわ町に500万円を寄付した。  同団体に加盟する各ロータリークラブ(R…

| 文責 | 【北海道】苫小牧民報 | 10:38 | - | - |
岡山の「DAGASHIで世界を笑顔にする会」 全国被災地をリレー慰問 3月7日に厚真から

【苫小牧民報】

 

 苫小牧北ロータリークラブ(友廣久之会長)と、DAGASHIで世界を笑顔にする会(岡山県瀬戸内市、秋山秀行会長)は3月7日、厚真町から「全国被災地こどもDAGASHIリレー」をスタートさせる。子どもたちを笑顔にするため、同会とロータリークラ…

| 文責 | 【北海道】苫小牧民報 | 09:18 | - | - |
苫小牧勢が好成績―南北海道スピードスケート小学校交歓記録会

【 苫小牧民報】

 

 苫小牧北ロータリークラブ杯第50回南北海道小学校スピードスケート交歓記録会(同クラブ主催、苫小牧スケート連盟主管)は21日、苫小牧市ハイランドスポーツセンター屋外リンクで開かれた。男子2000メートルリレーで苫小牧スピードスケート連合少年…

| 文責 | 【北海道】苫小牧民報 | 16:32 | - | - |
練習成果を氷上で発揮―スピードスケート南北海道小学校交歓記録会

【苫小牧民報】

 

 苫小牧北ロータリークラブ杯第50回南北海道小学校スピードスケート交歓記録会は21日午前、苫小牧市ハイランドスポーツセンター屋外リンクで開幕した。スケートに打ち込む小学生たちが元気よく氷上を駆け、練習の成果をいかんなく発揮した。  苫…

| 文責 | 【北海道】苫小牧民報 | 10:15 | - | - |
ELSOLEが優勝―北ロータリー杯小学生サッカー大会

【苫小牧民報】

 

 第39回北ロータリー杯争奪苫小牧小学生サッカー大会が20日、苫小牧市緑ケ丘公園サッカー場で開かれた。ELSOLEがトーナメント戦を制し栄冠を飾った。  今年最後の屋外公式戦。苫小牧北ロータリークラブと苫小牧地区サッカー協会が主催した…

| 文責 | 【北海道】苫小牧民報 | 17:38 | - | - |
伝統話芸楽しんで 白老RCが27日に無料の落語会

【苫小牧民報】

 

落語会への来場を呼び掛ける山本会長

 

 白老ロータリークラブ(RC、山本浩平会長)主催の「江戸の文化を学ぼうよ―柳家権太楼師匠落語会」が27日午後6時から、白老町中央公民館講堂で開かれる。

 落語会は、同ロータリークラブが社会奉仕事業として企画し、白老町や苫小牧民報社などが後援。柳家師匠は、1974年に柳家小さん門下となり、82年に真打ちに昇進し、3代目柳家権太楼を襲名。2012年に芸術選奨文科大臣賞、13年には紫綬褒章を受章している。

 当日は、二つ目・柳家さん光、前座・柳家小はだも出演する。

 入場は無料で事前の申し込みは不要。同ロータリークラブの山本会長は「一流落語家の話芸を楽しみ、江戸の伝統芸能に触れてほしい」と来場を呼び掛けている。

 問い合わせは白老ロータリークラブ 電話0144(85)2736。

| 文責 | 【北海道】苫小牧民報 | 10:18 | - | - |
車椅子、バンコクに飛ぶ 有志が渡航、現地に届ける−千歳RC

【苫小牧民報】

 

 車椅子の寄贈の後、参加者全員で記念撮影(提供)

 

 千歳ロータリークラブ(RC)の会員有志9人は、4日までに修復車椅子9台をバンコク(タイ)市内の障害を持つ子供たちに届けた。2017年11月に続く国際奉仕活動の一環で、現地のホテルで行われた贈呈式では、会員が携えていった車椅子を子供たち9人に直接、プレゼント。待ち望んでいた子供たちやその保護者から喜ばれた。

 車椅子の贈呈は、前回に続きNPO法人「飛んでけ! 車いす」の会(札幌市)とタイアップして行われた。タイに渡航したのは、千歳RCの今野良紀会長や斉藤えみこ副会長、前田浩志幹事など男性4人、女性5人。5月31日に新千歳空港から直行便でバンコクまで飛んだ。

 車いすの会は、国内の不要となった車椅子を引き取り、修復して海外の開発途上国などで必要としている人たちに届ける活動を続けている。渡航に先立ち、今野会長らが修復車椅子9台の引き渡しを受け、新千歳まで搬送。会員有志が手荷物として1人1台、機内に持ち込んだ。

 現地では6月1日、宿泊先のホテル内で車椅子の贈呈式が行われた。事前に寄贈する車椅子のタイプを現地の受け入れスタッフに知らせ、当日はそのタイプに合った体格の子供たちとその父母らが参加。今野会長が取り組みの趣旨などを説明し、会員がそれぞれ持ち寄った車椅子をプレゼントした。

 障害を持つ子供たちは車椅子があることで格段に生活行動の範囲が広がり、子供たちの保護者からは「本当にありがたい」と感謝の言葉とともに涙する姿も。女性会員はお土産に日本のうちわや扇子も持参、車椅子と一緒に手渡し、喜ばれた。

 現地の受け入れスタッフの説明では、バンコク市内だけで依然、車椅子を必要としている人が80〜100人に上るとされ、前田幹事は「自分たちの活動はまだまだ終わることはできない」ときっぱり。前回に続いて参加した今野会長は「自分たちの活動によって、多くの方の生活がより良くなり、これからの人生がさらに楽しくなっていただければ」と述べ、車椅子に乗って喜ぶ子供たちの姿に感動し、「逆に学びの機会を頂いた」と話した。

 バンコクへの車椅子の寄贈は、千歳RCクラブが創設50周年を迎えた記念事業として始まり、前回は会員11人が車椅子9台を新千歳からバンコクに搬送。今回を含めると贈呈した車椅子は計18台となった。

| 文責 | 【北海道】苫小牧民報 | 11:09 | - | - |
功労表彰に細見氏ら5人 各表彰受賞者功績たたえる−千歳市

【苫小牧民報】

 

 千歳市は10日、2018年度の各表彰受賞者を発表した。功労表彰には元市議会議員の細見正美氏ら5人を選定。ボランティア活動を行ったり、市や社会福祉協議会に50万円以上を寄付した個人、100万円以上寄付した団体などをたたえる善行表彰には7個人9団体を選んだ。

 表彰式は11月2日にホテルグランテラス千歳で行う。受賞者は次の通り。

・・・

 

 ◇善行表彰

 【団体】

 北海道ガス千歳支店、メディアコム、千歳ロータリークラブ、千歳リサイクル協同組合、弘和建設工業、カミノ、中和建設、和光、北海道信用金庫ひまわり財団

| 文責 | 【北海道】苫小牧民報 | 09:32 | - | - |
災害知り、怖がり、行動を 宮城県山元町の語り部が小中高で講話

【苫小牧民報】

 

 

 千歳セントラルロータリークラブ(RC、四方信次会長)は19日、防災講話事業「東北から伝えたいこと」を千歳高校で開いた。若年層の防災意識を高める初めての事業で、東日本大震災時に宮城県山元町で被災した、「やまもと語りべの会」会長の渡辺修次さん(66)が講演。渡辺さんは「災害を正しく知り、正しく怖がり、判断や行動を」と呼び掛けた。

 同RCは2013年に市内の中学生10人を、震災被災地の宮城県岩沼市に派遣した縁で、岩沼RCと交流を深めてきた。その中で会員らは語りべの会の活動に感銘を受け、千歳でも多くの子供に聞いてもらいたいと、講師を招いての講話を初めて企画した。

 19、20の両日に北陽小、勇舞中、千歳高で講演する日程で、19日は千歳高の1、2年生約680人が耳を傾けた。

 渡辺さんは震災当時、山元町立山下中学校の校長で、生徒4人も犠牲になっている。渡辺さんは冒頭、「話すのはつらい。忘れたい」との思いを絞り出しつつ、「それではまた同じ思いをする人が出る」と語り部活動の原点を紹介。被災当時の山元町の様子などの写真をスライドで映しながら、特に日頃の備えなど防災意識を高めることに焦点を充てて講演した。

 実際に体育館で高さ10メートル以上に風船を飛ばし、「天井に届く津波が到着した」などとその恐ろしさを強調し、津波の伝わる速さも「新幹線並み」などと分かりやすく説明。避難場所の体育館に避難せず、屋根裏に逃げ込んだことで、避難していた人が全員無事だった事例もあり、「津波に挑んでも仕方がない。水平ではなく、垂直に逃げた」と振り返った。

 母親を助けに行こうとして亡くなった子供の話なども紹介し、「まず自分の身を自分で守らないと」と強調。日頃の備えとしては「訓練で体に覚え込ませるしかない」と訴え、「災害のことを知って、正しく怖がることが大事」と説明した。

 避難所生活についても「周りに知っている顔があると安心する」と指摘し、高校生として日頃からの地域や社会貢献などが、コミュニティーづくりに役立つことなども説いた。

 生徒たちは私語一つなく真剣なまなざしで聞き入った。生徒会長の篠田清良さん(17)は「命の大切さを再確認した。亡くなった方はやりたかったことがたくさんあると思う」と述べ、「身近な人への感謝を忘れず、防災対策に取り組みたい」と気持ちを新たにした。

| 文責 | 【北海道】苫小牧民報 | 09:48 | - | - |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
+ 主な記事
+ 媒 体
+ 月別記事
+ 参照サイト
+ 概 要