Rotary At Work

ロータリークラブの活動に関する記事抜粋
宇野港周辺に続く80本の桜並木 市民ら植樹、外国人にも人気

【山陽新聞】

 

宇野港の桜を見回る小林さん。4月には美しい花が咲きそうだ

 

 香川県の直島をはじめ瀬戸内の島々への玄関口として国内外の観光客らでにぎわう宇野港。産業振興ビル(玉野市築港)から玉野港湾合同庁舎(同市宇野)へ、港を取り巻くように約80本の桜並木が続く。

 かつて本州と四国を結ぶ交通の要衝として繁栄した同港は、1988年の宇高連絡船の廃止後、2006年3月に大型客船バースが整備されるなど、人が集まって交流する“人流港”へと転換を図った。その中で新しい港の魅力づくりとして桜の植樹は始まった。

 玉野商工会議所の呼び掛けで、市民らがオーナーとなって07年3月に50本を植樹。以来、同会議所とオーナーらは「宇野港桜の会」として年3回ほど合同で清掃や施肥に取り組む。夏場は定期的に水やりも欠かさず、高さ1メートルほどだった苗木は大きいもので5メートルを超えるまで育ち、堂々と枝を広げる。

 品種は潮風に強いヤエベニオオシマ。やや色の濃い八重の花は、ソメイヨシノより一回り大きく見応えがある。今年は暖冬だったことから、つぼみも順調に膨らんでおり、4月初めには開花しそう。16年から玉野ロータリークラブなどがちょうちんを設置するようになり、夜桜見物もできる。

 発案した市観光協会副会長の小林文夫さん(82)=同市=は「宇野港を訪れる外国人には、日本を象徴する花として人気がある。全国でも珍しい港の花見を市民も楽しんで」と話す。

| 文責 | 山陽新聞 | 11:14 | - | - |
岡山RCが国際交流奨励賞贈る 県内大学などの留学生3人へ

【山陽新聞】

 

 岡山ロータリークラブ(木村容治会長)は6日、岡山県内の大学や短大で学ぶ優秀な留学生をたたえる国際交...

| 文責 | 山陽新聞 | 09:43 | - | - |
高校生に方谷の偉業や生き方紹介 岡山でシンポ「夢持ち挑戦を」

【山陽新聞】

 

山田方谷の足跡を高校生に紹介したシンポジウム

 

 江戸末期の儒学者・山田方谷の偉業や生き方について高校生に紹介するシンポジウム(岡山ロータリークラブ主催)が27日、岡山市内で開かれた。

 方谷の子孫の野島透さん(57)=東京都=が講演。方谷が鉄製品の特産品化などで備中松山藩の借金を返済し、明治初期には閉鎖された閑谷学校(備前市)の再興に尽くしたことを説明した。夢を持つ重要性を説いた言葉を数多く残した点にも触れ「大きな夢を持ち困難なことにも挑戦して」と、参加した岡山市内の高校の約200人に訴えた。

 パネル討議もあり、県内の大学や経済関係者ら5人が方谷の藩の財政改革を経営学の視点で分析したり、思想に迫ったりした。岡山商科大付属高2年男子(17)は「方谷のことは知らなかったが、地域の危機を救ったことを聞き、興味が湧いた」と話していた。

| 文責 | 山陽新聞 | 17:22 | - | - |
福山で山陽親善少年サッカー決勝 バリエンテが初優勝飾る

【山陽新聞】

 

決勝のローザス―バリエンテ戦で白熱した試合を繰り広げる選手たち

 

 第50回山陽親善少年サッカー大会(福山サッカー協会、福山南ロータリークラブ、山陽新聞社主催)は15日、福山市水呑町の竹ケ端運動公園陸上競技場で8チームによる決勝大会があり、決勝はバリエンテが2年ぶりの栄冠を狙うローザスを6―1で下し、初優勝を飾った。

 

・・・

| 文責 | 山陽新聞 | 11:39 | - | - |
岡山東商生が社会人の心構え学ぶ 就職前に岡山RCが教育講座

【山陽新聞】

 

 岡山市内の事業所トップが講師となる職業教育講座「高校生のハローワーク」(岡山ロータリークラブ主催)が15日、岡山東商業高(同市中区東山)であり、来春就職予定の3年生約70人が社会人に求められる心構え ...

| 文責 | 山陽新聞 | 11:35 | - | - |
福山で山陽親善少年サッカー予選 瀬戸などが8強、決勝大会進出

【山陽新聞】

 

熱戦を繰り広げる赤坂と精華の選手=23日、瀬戸小グラウンド

 

 第50回山陽親善少年サッカー大会(福山サッカー協会、福山南ロータリークラブ、山陽新聞社主催)は23日、ブロック予選の最終日を迎え、8強が出そろった。この日のA、Hブロックで勝ち上がった瀬戸、網引と、18日の6ブロックを突破した福山南、神村、ローザス、水呑、バリエンテ、千田が、12月15日に福山市水呑町の竹ケ端運動公園である決勝大会に進出する。

| 文責 | 山陽新聞 | 12:50 | - | - |
山陽親善少年サッカー大会が開幕 福山、府中の6ブロックで予選

【山陽新聞】

 

熱戦を繰り広げる泉(赤のユニホーム)と府中の選手

 

 福山、府中市の少年サッカーチームが覇を競う「第50回山陽親善少年サッカー大会」(福山サッカー協会、福山南ロータリークラブ、山陽新聞社主催)が18日開幕した。6ブロックの予選トーナメントが行われ、福山南、神村、ローザス、水呑、バリエンテ、千田が決勝大会に駒を進めた。

 

・・・

| 文責 | 山陽新聞 | 09:46 | - | - |
国際ロータリーが豪雨義援金 山陽新聞社会事業団に寄託

【山陽新聞】

 

義援金を手渡す末長ガバナー(左)

 

 岡山、鳥取、島根県をエリアとする国際ロータリー第2690地区は18日、西日本豪雨の被災者支援として、義援金582万2721円を山陽新聞社会事業団(岡山市北区柳町、松田正己理事長)に寄託した。

 末長範彦ガバナーが「被災地の復興を支えたいという気持ちが各地から集まった」と述べ、同事業団の阪本文雄専務理事に手渡した。同地区は、全国のロータリーからの浄財が集まり次第寄せており、5回目の今回を含め4063万8724円となった。

| 文責 | 山陽新聞 | 14:03 | - | - |
国際ロータリー1209万円寄託 山陽新聞社会事業団に豪雨義援金

【山陽新聞】

 

義援金を手渡す末長ガバナー(右)

 

 岡山、鳥取、島根県をエリアとする国際ロータリー第2690地区が21日、西日本豪雨の被災者支援として、義援金1209万3429円を山陽新聞社会事業団(岡山市北区柳町、松田正己理事長)に寄託した。

 末長範彦ガバナーが「被災地を心配し、支援したいという思いが全国から届いた」と述べ、山陽新聞社の越宗孝昌会長に手渡した。同地区は、全国のロータリーからの浄財を集まり次第寄せており、前回は4日に持参している。

| 文責 | 山陽新聞 | 15:43 | - | - |
岡山で「子どもの貧困」シンポ ひとり親家庭の支援の在り方学ぶ

【山陽新聞】

 

 子どもの貧困について考えるシンポジウム(岡山東ロータリークラブ主催)が17日、岡山市北区柳町の山陽新聞社さん太ホールであり、有識者や企業、民間支援団体などの代表者5人が、貧困に陥りやすいひとり親家庭 ...

| 文責 | 山陽新聞 | 10:00 | - | - |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
+ 主な記事
+ 媒 体
+ 月別記事
+ 参照サイト
+ 概 要