Rotary At Work

ロータリークラブの活動に関する記事抜粋
岡山工高がベンチプレス台製作 パラ競技団体に寄贈、練習に活用

【山陽新聞】

 

岡山工業高の生徒が製作したベンチプレス台

 

 岡山工業高(岡山市北区伊福町)が製作していた障害者向けのパワーリフティング用ベンチプレス台が完成し、岡山パラ・パワーリフティングクラブに寄贈された。活動拠点の岡山商科大(同津島京町)に設置し、2020年東京パラリンピックで事前合宿する台湾女子代表選手らの練習にも活用される予定。

 ベンチプレス台は縦2メートル、横1・2メートル、高さ最大1・3メートル。下肢が不自由な選手が足をのせられるよう、台の幅を通常(約40センチ)より約20センチ広めにしている。機械科3年生8人が設計や部品作り、溶接などをして完成させた。

 「おかやま障がい者スポーツ支援協議会」と岡山南ロータリークラブから、障害者向けの設備が足りないとして製作の依頼を受けていた。19日に校内で贈呈式があり、関係者約20人が出席。生徒たちはベンチプレス台を披露し、岡山パラ・パワーリフティングクラブの岡本孝義代表に目録を手渡した。

 岡本代表は「強いアスリートや世界に羽ばたく選手の育成につながる」とお礼を述べ、製作に携わった町浦淳之さん(18)は「自分たちの作ったベンチプレス台で良い成績を出してもらえるとうれしい」と話していた。

| 文責 | 山陽新聞 | 16:09 | - | - |
五輪・パラ事前キャンプ9件決定 岡山県内、受け入れ準備進む

【山陽新聞】

 

岡山市内で強化合宿に励むパラ・パワーリフティングの台湾女子代表選手=昨年12月

 

 2020年は東京五輪・パラリンピックイヤー。岡山県内では事前キャンプの誘致が相次ぎ、パラ競技を含めて岡山市で8件、倉敷市で1件が決定している。練習やサポートの環境などが評価された形だが、チームの体制やキャンプの期間が直前まで決まらないケースも想定されるため、受け入れ側は柔軟に対応できるよう準備を進めている。

 「いろいろな設備が整っており、素晴らしい」。19年12月中旬、岡山商科大ウエートトレーニング場(岡山市北区津島京町)で強化合宿に励んだパラ・パワーリフティング台湾女子代表のリン・ヤー・シュエン選手(43)が笑顔を見せた。

 合宿中に、シュエン選手は台湾側の代表として県や岡山市、同大などと事前キャンプ実施に関する協定を締結。トレーニング場には、地元のロータリークラブや高校生が製作に尽力したベンチプレス台があり、官民一体の練習環境整備が誘致につながった。

 

| 文責 | 山陽新聞 | 15:03 | - | - |
自作ロボで「ラグビー」対決 津山で国際大会、45チーム参加

【山陽新聞】

 

コートに向かい合い自作ロボットの性能を競う出場者ら

 

 自作ロボットの性能を競う「第24回つやまロボットコンテスト国際大会」(津山市主催)が15日、同市山北の津山総合体育館で開かれ、国内外の計45チーム総勢220人が白熱の戦いを繰り広げた。

 高校一般の部には、大会を共催する津山高専(同市沼)と交流のあるタイとシンガポールの海外チームを含む21チーム、小中学生の部には県内の24チームが出場。今年は日本でのラグビーワールドカップ開催にちなみ、ラグビーをイメージした競技を行った。

 出場者はロボットを巧みに操作。アームでボールを運んでトライを狙ったり、ブロックした後、速攻に転じたり、一進一退の攻防を展開した。津山東中2年の男子(14)は「部品の一部が外れるハプニングもあったが、思った通りに動いてくれた。決勝トーナメントで負けたので来年は優勝を目指す」と話した。

 大会は、若者のものづくりへの意識を高め、地域産業の活性化につなげようと1996年から行われている。

 成績は次の通り。(かっこ内は所属・国名)

 【小中学生の部】(1)オールグリーンズ(津山市立久米中)(2)最強チーム(同市立東小)(3)初期スキン(同市立加茂中)▽アイデア賞 GODフェニックス(同)▽デザイン賞 3trees(同市立向陽小・津山西中)▽技術賞 ゴールドイースト(同市立東小)▽津山ロータリークラブ賞 teamあいだ(美作市立英田小)・・・

| 文責 | 山陽新聞 | 16:11 | - | - |
美作で「わんぱくサッカー大会」 勝英地域の園児がピッチ駆ける

【山陽新聞】

 

元気よくボールを追い掛ける子どもたち

 

 第33回わんぱくサッカー大会(美作ロータリークラブ主催)が11月24日、美作市入田の美作ラグビーサッカー場で開かれ、勝英地域の園児が元気よくボールを追い掛けた。

 美作市、勝央、奈義町、西粟倉村の17幼稚園・保育園などから約230人が参加。園ごとや合同の25チームに分かれ、前後半10分ずつで1チーム2試合ずつ行った。

 「シュート」「いけー!」といった保護者らの声援を受け、子どもたちは芝生のピッチを駆け回った。味方同士でボールを取り合ってしまうかわいらしい場面も見られた。

 大会は、元日本代表でメキシコ五輪銅メダリストの釜本邦茂さんが旧美作町を訪れ、サッカー教室を開いたのを記念して1987年に始まった。

| 文責 | 山陽新聞 | 16:24 | - | - |
日本語 丁寧に指導 玉野RCが外国人実習生向け教室

【山陽新聞】

 

 玉野ロータリークラブ(RC)が外国人技能実習生向けの日本語教室に力を入れている。4月に造船・舶用工...

| 文責 | 山陽新聞 | 13:49 | - | - |
真備と福島の子どもが交流 香川・豊島でキャンプ楽しむ

【山陽新聞】

 

たき火の熱で海水から塩を作る子どもたち

 

 西日本豪雨で被災した倉敷市真備町地区の小学生と、東日本大震災を経験した福島県の中学生が参加する2泊3日のキャンプが12〜14日、香川県土庄町の豊島で行われ、交流を深めた。

 岡山市を中心に活動する岡山東ロータリークラブ(藤岡千秋会長)が、助け合いの意識を育もうと初めて企画した。真備地区の小学生35人、福島県の中学生3人が参加した。

 子どもたちは八つの班に分かれ、計画を立てて行動。魚釣り、波で洗われて角がとれたガラス片・シーグラス拾いのほか、たき火で海水を熱して塩を作るなど野外活動に挑んだ。13日の夜は全員でキャンプファイアを楽しんだ。

 福島県から訪れた須賀川市立第三中2年の男子生徒は「真備のみんなを元気づけようと思って来たけれど逆に元気をもらった」。倉敷市立川辺小4年の女子児童は「新しい友達と一緒に楽しめて良かった」と話していた。

| 文責 | 山陽新聞 | 09:21 | - | - |
興陽高生が本番並み就職面接挑戦 岡山西南RCが練習会

【山陽新聞】

 

 岡山市南区藤田の興陽高で28日、岡山西南ロータリークラブ(松下典裕会長)が就職面接練習会を開き、就...

| 文責 | 山陽新聞 | 10:44 | - | - |
興陽高生が本番並み就職面接挑戦 岡山西南RCが練習会

【山陽新聞】

 

岡山市南区藤田の興陽高で28日、岡山西南ロータリークラブ(松下典裕会長)が就職面接練習会を開き、就...

| 文責 | 山陽新聞 | 09:27 | - | - |
玉島で中学生ら災害対処法学ぶ ボランティアリーダー研修会

【山陽新聞】

 

水消火器を使い放水する生徒たち

 

 災害時の救命処置や知識を学ぶ「災害ボランティアリーダー研修会」(玉島ロータリークラブ主催)が18日、倉敷市玉島八島の玉島消防署で開かれた。

 同市玉島、船穂地区の中学生を中心に約40人が参加。同署員から、自動体外式除細動器(AED)の使用方法といった救命講習を受けたほか、土のう作りなどを行った。

 初期消火訓練では、水消火器を使い、的を目掛けて放水。生徒たちは同署員の「逃げ道を確保し、身の安全を守りながら行って」といったアドバイスを受け、真剣な表情で器具を扱っていた。

 西日本豪雨の際に真備町地区で救助活動に参加した署員から、災害への備えに関する講話も聞いた。玉島東中2年生(13)は「自分にできることがたくさんあると分かった。災害時は率先して動きたい」と話していた。

| 文責 | 山陽新聞 | 18:02 | - | - |
山陽新聞奨学生15人決める 社会事業団が選考委員会

【山陽新聞】

 

 山陽新聞社会事業団(松田正己理事長)は1日、岡山市北区柳町の山陽新聞社で2019年度の山陽新聞奨学生選考委員会を開き、15人の奨学生を決めた。

 選考委員会には県教委の高見英樹教育次長、小見山晃生涯学習課長、近藤治県高校長協会会長(操山高校長)ら4人が出席。今春、県内の高校に進学した母子家庭などの生徒29人の応募者の中から、審査の結果15人を選んだ。

 近くそれぞれの高校長を通じて本人に通知し、奨学金は4月にさかのぼって給付される。

 この奨学金制度は、山陽新聞創刊100周年と同事業団創立30周年を記念して1979年に創設。向学心に富みながら、母子家庭など経済的な理由で就学に苦労している高校生に卒業まで月額1万円を支給する。原則として返済は不要。

 また、同事業団が運営を委託されている岡山北ロータリークラブ基金の奨学生3人も選んだ。卒業まで月額1万円が給付される。

| 文責 | 山陽新聞 | 09:50 | - | - |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
+ 主な記事
+ 媒 体
+ 月別記事
+ 参照サイト
+ 概 要