Rotary At Work

ロータリークラブの活動に関する記事抜粋
「吹き戻し」でトレーニング - 懐かしのおもちゃ製作 口や舌の筋肉鍛えて元気に/五條の介護施設で

【奈良新聞】

 

吹き戻しを楽しむ高齢者=26日、五條市釜窪町の「花咲寮」

 

 五條ロータリークラブ(吉川和伸会長)は26日、昔ながらのおもちゃ「吹き戻し」を製作するワークショップを、五條市釜窪町の市立養護老人ホーム「花咲寮」で開いた。施設入所者約45人が参加し、手作りの吹き戻しに何度も息を吹き込んで楽しんだ。

 同クラブの社会奉仕活動で実施。息を吹き込むことで口や舌の筋肉が鍛えられ、腹式呼吸のトレーニングにも有効とされる「吹き戻し」で、高齢者に元気になってもらおうと企画した。

 講師は、兵庫県淡路市の吹き戻し製造メーカー「吹き戻しの里」社長の藤村良男さん。針金が入った色紙を材料に作り方を解説した。参加者は紙に巻きぐせを付けて全体の形を整えると、笛が入った吹き口をセロハンテープで本体に貼り付けて完成させた。

 完成後は何度も息を吹き込んで高い音を鳴らす参加者の姿も見られ、80代の男性は「簡単に何個も作れ、いいひまつぶしになる。子供の頃に屋台に並んでいたのを思い出して懐かしかった」と話した。

| 文責 | 【関 西】奈良新聞 | 09:42 | - | - |
遊び学ぶ段ボール遊具 - 奈良大宮RC40周年事業

【奈良新聞】

 

楽しいひとときを過ごす参加者ら=26日、奈良市東寺林町のならまちセンター

 

 奈良大宮ロータリークラブ(武藤広茂会長)の創立40周年記念事業「●▲■のふしぎ〜ダンボールであそぶ!絵本であそぶ!」が25、26の両日、奈良市東寺林町のならまちセンターで開かれた。2日間で約3500人の親子連れらが参加。段ボール遊具と800冊の絵本・写真集で楽しい時間を満喫した。

 同クラブは昭和54年1月に創立。これまでに培ってきた経験を生かして、子供の遊びを見直し、学びにつなげようと企画した。…

| 文責 | 【関 西】奈良新聞 | 09:28 | - | - |
みんなで「鬼は外」 - 西大寺幼で豆まき大会

【奈良新聞】

 

にぎやかに行われた豆まき大会=1月31日、奈良市西大寺芝町1の西大寺幼稚園

 

 奈良市西大寺芝町1丁目の西大寺幼稚園(谷口偉園長、326人)で1月31日、ひと足早い節分の豆まき大会が行われ、保護者と地域の幼児ら約130人が参加。併せて奈良西警察署の防犯教室も開かれた。

 鬼の役は年長組の園児と、協賛で参加した奈良西ロータリークラブのメンバーらが担当。年少組の園児が鬼に襲われると、お多福役の年中組の園児が「福は内、鬼は外、事故も外」と声を合わせながら豆をまき、鬼を追い払った…

| 文責 | 【関 西】奈良新聞 | 09:42 | - | - |
ドローン購入の費用に - 県消防、春にも配備/五條RC寄付

【奈良新聞】

 

新城会長(左)からドローン購入のための寄付金を受け取る山口警防部長=20日、五條市新町2のリバーサイドホテル

 

 災害時の情報収集などに使用する小型無人機「ドローン」の購入費に充ててもらおうと、五條ロータリークラブ(新城謙昌会長)は20日、県広域消防組合に現金10万円を寄付した。ドローン未配備の同組合で管内のロータリークラブ、ライオンズクラブ計10団体から寄付金を募っており、来年4月に初めて導入する方針。

 同組合によると、春からドローン1機の導入を予定。北部(大和郡山市)、中部(橿原市)、南部(大淀町)の3カ所の方面指揮隊で、大規模災害時に飛行させ、各指揮隊のタブレット型端末に動画や静止画を送信し、被害状況の把握や分析に役立てる…

| 文責 | 【関 西】奈良新聞 | 15:28 | - | - |
「簡単な球 見逃さないで」 - プロ野球OBらが少年少女野球教室

【奈良新聞】

 

子供たちにユニフォーム姿でアドバイスを行う関本さん=25日、橿原市畝傍町の佐藤薬品スタジアム

 

 県野球連盟と社会人野球の大和高田クラブの第11回少年少女野球教室「ベースボールキャンプinNARA」(県、大和高田市教育委員会、橿原市後援、大和ガス協賛、大和高田ロータリークラブ特別協賛)が25日、橿原市畝傍町の佐藤薬品スタジアムで開かれた。少年野球20チーム約250人の小学生らが参加し、プロ野球OBや社会人野球の選手などから指導を受けた。

 同クラブの選手のほか、県出身で元プロ野球阪神タイガースの関本賢太郎さんと、元同球団の亀山つとむさん、元大リーガーのマック鈴木さんの3人が講師として指導。参加児童は走塁、キャッチボールといった野球の基礎を学んだり、守備と投球、打撃のポイントをグループごとに教わるなどした…

| 文責 | 【関 西】奈良新聞 | 09:26 | - | - |
和食の給食づくり挑戦 - 大和茶や大和まな使い料理教室

【奈良新聞】

 

地元の伝統野菜を使った給食づくりを体験する参加者=8日、奈良市三条本町のはぐくみセンター

 

 児童と保護者を対象にした第2回「奈良市学校給食 親子料理教室」(奈良大宮ロータリークラブ、市教育委員会保健給食課、奈良の食文化研究会、学校給食栄養研究会共催)が8日、同市三条本町のはぐくみセンターで開かれた。2回の同教室に計約100人親子連れが参加。給食の和食づくりに挑戦した。

 参加者は同栄養研究会の調理スタッフの指導で、実際に給食で使用する食材を用いて調理を体験。市産の大和茶で炊いた「奈良茶飯」や、伝統野菜の「大和まなの煮びたし」「さばのみそ煮」といったメニューを作った…

| 文責 | 【関 西】奈良新聞 | 09:26 | - | - |
紀伊半島大水害5年 記憶と誓い6 - 復興の花火打ち上げ/あすかロータリークラブ

【奈良新聞】

 

かみせ祭で特産品販売を手伝ったチームASUKAのメンバーら=8月6日、川上村迫

 奉仕団体「あすかロータリークラブ」(吉川隆博会長、会員56人)は、5年前の紀伊半島大水害で被害に遭った川上村の復興支援を続けている。

 同クラブは平成23年3月の東日本大震災の1週間後に、災害復興支援委員会を設置。宮城県東松山市や石巻市などに自転車330台を寄贈するなど被災地支援に取り組んでいた…

| 文責 | 【関 西】奈良新聞 | 09:29 | - | - |
買い物ついでに献血を - 協力呼び掛け/奈良ファミリーで平城京RC
【奈良新聞】

献血を呼び掛ける平城京ロータリークラブのメンバー=15日、奈良市西大寺東町2の奈良ファミリー駐車場 奉仕団体の平城京ロータリークラブ(高井一郎会長、26人)は15日、奈良市西大寺東町2丁目のショッピングセンター「奈良ファミリー」駐車場で、県赤十字血液センターの献血に協賛した。

 この日は400ミリリットル献血が行われ、メンバー15人が献血したほか、記念品に天然酵母食パン100斤を用意し、買い物客に協力を呼び掛けた。輸血に必要な血液は慢性的に不足傾向にあり、会場には協力者が次々と訪れた…
| 文責 | 【関 西】奈良新聞 | 16:34 | - | - |
奈良市の地図に1300年前の条坊図 - 奈良RC児童にマップ贈呈
【奈良新聞】

「タイムトリップマップ」を手にする安田会長(右)と児童=18日、奈良市大安寺2の大安寺小  奈良ロータリークラブ(安田勝彦会長)は18日、奈良市内の小学5年生に同クラブ作成の「平城京条坊重ね図 タイムトリップマップ」を贈呈した。同市大安寺2丁目の市立大安寺小学校では贈呈式が行われた。

 同マップはA2サイズ。現在の奈良市の地図に奈良時代の条坊図を重ね、児童の身近な場所の1300年前の様子が分かるよう工夫されている。また、平城京の主要な社寺や建造物の解説なども収録している。贈呈式には安田会長と同市の中室雄俊教育長、大安寺の河野良文貫主が出席…
| 文責 | 【関 西】奈良新聞 | 09:14 | - | - |
春休みに異文化体験 - 英国でホームステイ/中高生結団式
【奈良新聞】

結団式で西川理事長の激励を受ける参加者ら=21日、奈良市登大路町の奈良商工会議所 英語圏での滞在経験を生かしてグローバルな人材育成につなげる、NPО法人県国際交流振興会(西川彭理事長)の「2016春休みホームステイ研修旅行」の結団式が21日、奈良市登大路町の奈良商工会議所で行われた。参加予定の中高生10人中8人が保護者らと共に出席。研修への気持ちを新たにした。

 県内の小中学校、高校生を対象に、春休みを利用して毎年実施。今回は西川理事長が会長を務める桜井ロータリークラブの創立40周年記念で、経済的に海外研修が困難な高校生1人が、同クラブの全額負担で参加する…
| 文責 | 【関 西】奈良新聞 | 09:18 | - | - |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
+ 主な記事
+ 媒 体
+ 月別記事
+ 参照サイト
+ 概 要