Rotary At Work

ロータリークラブの活動に関する記事抜粋
<南三陸町長>復興御礼で全国行脚 登米の支援者に感謝状

【河北新報】

 

長年にわたる支援者に記念品を手渡し感謝の意を伝える佐藤町長(右)

 

 東日本大震災で被災した南三陸町の佐藤仁町長は19日、震災直後の救援や8年以上にわたる復旧復興支援で尽力した町外の個人や団体、企業などに感謝の意を伝える全国行脚を始めた。支援基地となった隣接する登米市を皮切りに、震災10年の2021年3月まで、北海道から沖縄まで全国200カ所を巡る計画だ。

 登米市内であった感謝状贈呈式で佐藤町長は「壊滅した町がここまで復興できたのは皆さまのおかげ。苦しい時に力になっていただき本当にありがたかった。感謝申し上げる」とお礼を述べた。

 感謝状を受け取ったのは、みやぎ登米農協や佐沼ロータリークラブなど8団体1個人。代表しウジエスーパーの吉田芳弘常務が「孤軍奮闘して陣頭指揮を執ってきた佐藤町長の思いが伝わってきた。町長自らが全国に出向くことで日本中の人々から宮城のことを今後も大事に思ってもらえるようになれば」と語った。

 登米市でガソリンスタンドを経営し、震災直後に町役場や消防団の車両に優先的に給油した佐藤商店の佐藤きよこさん(72)は「隣人として当たり前なのに、感謝状を頂き感激している。人を思いやり支えることの大切さを孫たちに伝えていきたい」と話した。

 南三陸町は震災10年を見据え支援者約3000人をリストアップ。佐藤町長は職員派遣を受けた約100自治体や支援国の大使館、特に功績があった個人や企業、団体などに直接出向くほか、礼状を送付する。

 他に登米市で感謝状を受けたのは次の通り。(敬称略)

・・・

| 文責 | 河北新報 | 15:02 | - | - |
石巻西RC、平塚新夢さんを表彰 難病に負けずプロゴルファー目指す

【河北新報】

 

三浦会長から支援金を受け取る平塚選手

 

 石巻西ロータリークラブは5月28日、石巻市千石町の石巻グランドホテルで開いた例会で青少年活動表彰を行い、難病に負けずプロゴルファーを目指す平塚新夢選手(19)=石巻市出身=を表彰した。

 式では、同クラブの三浦富次会長が平塚選手に活動支援金5万円を贈呈し、「プレッシャーを感じず、一生懸命やってくれればそれでいい」と激励した。

 平塚選手は、アマチュアゴルファーとして活躍している。2017年5月に茨城県で開催されたLPGAステップアップツアー「静ヒルズレディース森ビルカップ」で、アマチュア優勝を果たした。昨年はプロテストに参加し、1次選考をトップ通過したが、2次選考前に関節炎などの症状が出る難病の成人スチル病を発症。以降のテスト参加を断念した。

 治療を経て、4月に大会への参加を再開。9月のプロテスト再挑戦に向け、意欲を燃やしている。平塚選手は「大変なことがたくさんあった中、地元の方々から応援をいただき頑張ろうという気持ちになった。応援してくれる人たちのためにも頑張りたい」と活躍を誓った。

 同クラブは5月を「青少年活動月間」に定めており、毎年文化・スポーツなどで活躍する青少年を表彰している。

| 文責 | 河北新報 | 17:08 | - | - |
絆強く 石巻東RC、障害者や家族を招き昼食会

【河北新報】

 

食事を楽しむみどり園の利用者たち

 

 石巻東ロータリークラブ(RC)は24日、石巻市障害者地域活動支援センターみどり園・市社協みどり園の利用者らを招待し、食事会を石巻グランドホテルで開いた。利用者ら45人と会員が食事を楽しんだ。

 鈴木長吉会長は「われわれと共に絆を強めてもらい、今後も続けていきたい。本日はゆっくりお楽しみください」とあいさつ。

 ハンバーグやサラダ、コーンスープなどのメニューが並び、利用者や保護者らが笑顔で料理を堪能した。阿部弘子施設長は「利用者も毎年昼食会を楽しみにしている。昭和、平成、そして令和と時代が変わっても、変わらずご支援をいただければ」と感謝の言葉を述べた。

 食事後は、石巻東RCが園に活動補助費10万円を贈呈。園はRCにごみ袋5枚入りを36セット贈った。

 利用者らの日頃の作業をねぎらうことなどを目的に、食事会はRCの毎年5月の例会に合わせて実施している。

| 文責 | 河北新報 | 15:18 | - | - |
看護師、アナウンサー、獣医師…夢や目標堂々と 多賀城で小中学生発表

【河北新報】

 

未来の夢を発表する小学生

 

 多賀城市立の小中学校10校の代表が未来の夢を語る第14回ゆめ大会(生涯学習100年構想実践委員会、多賀城ロータリークラブ主催)が2日、市文化センターであった。

 聴衆約300人を前に、小学6年と中学2年の計10人が登壇。祖父母との関わりや将来の夢にまつわる発表が目立った。

 多賀城東小の鈴木風花さん(12)は「祖父が亡くなる前日に話ができたのは、医師や看護師さんのおかげ。看護師を目指し、人の体について勉強している」と語った。

 アナウンサー志望という多賀城小の佐藤美麗(うらら)さん(12)は「祖母は耳が遠く、アナウンサーの口の動きで判断している。分かりにくい人もいるらしく、正確な情報を伝えたい」と述べた。

 東豊中の鈴木日菜多さん(14)は「動物好きで獣医師が目標。ただ、勉強が大変そう」と素直な気持ちを話した。多賀城二中吹奏楽部の演奏や、ご当地料理「やかもち鍋」の振る舞いもあった。

| 文責 | 河北新報 | 09:47 | - | - |
古川支援学校の児童ら、加美農高生とリンゴ狩り楽しむ

【河北新報】

 

加美農高生(右)とリンゴ狩りを楽しむ支援学校の児童

 

 大崎市の宮城県古川支援学校の児童らが17日、宮城県色麻町の加美農高の果樹園で、リンゴ狩りを楽しんだ。

 児童と保護者、教職員の計約100人が参加。児童は赤く熟れた実に手を伸ばし、一生懸命もぎ取った。加美農高生は児童のそばで実を選んであげたり、袋詰めを手伝ったりした。

 収穫の後は、バーベキューや豚汁の昼食を一緒に味わった。加美農高2年の谷野比奈子さん(16)は「リンゴを取れて、うれしそうにしていた。手伝えてよかった」と話した。

 両校の交流会は加美ロータリークラブが毎年企画し、今年で37回目。

| 文責 | 河北新報 | 14:07 | - | - |
カブトムシ、相撲で熱戦展開 柴田町・西住小

【河北新報】

 

カブトムシを応援する子どもたち

 

 カブトムシ同士を戦わせる相撲大会が19日、柴田町の西住小であった。熱戦が繰り広げられる中、全校児童105人は元気に声援を送った。

 柴田ロータリークラブ(RC)の会員が学校を訪れ、カブトムシの雄と雌、120匹ずつを贈呈。児童らはお気に入りを選び、丸太で作った土俵で強さを競わせた。

 元気なカブトムシが多く、土俵を離れて飛び回るハプニングも続出。女子児童が叫び声を上げ、教職員は捕獲の作業に追われた。

 柴田RCは夏休みの観察日記や自由研究に役立ててもらおうと、餌と虫かごを付けてカブトムシを贈った。

| 文責 | 河北新報 | 09:36 | - | - |
ヤマボウシを風化防止のシンボルに 栗原・若柳の商店街に苗木植樹

【河北新報】

 

ヤマボウシの苗木を植える迫桜高生ら

 

 2008年の岩手・宮城内陸地震の被災地、栗駒山麓に由来するヤマボウシの苗木が25日、栗原市若柳の南大通商店街に植樹された。6月14日で内陸地震から10年。関係者は「市木でもあるヤマボウシの成長を地域で見守り、風化防止につなげたい」と願う。

 植樹されたのは、同市一迫の住民有志らが08年の秋、地震の崩落現場に残っていた成木から採種して自宅などで育てた苗木。同市若柳の中心部にある南大通商店街振興会(佐藤俊雄会長)が「崩落被害に耐えたヤマボウシを通りのシンボルにしたい」と申し出て譲り受けた。

 商店街では昨年春、歩道整備に伴う工事で長年親しまれていたイチョウの木40本が伐採され、振興会がイチョウに替わる緑を探していた。

 苗木は高さ約1メートル。地元ロータリークラブなどの協力を得て、約240メートルの商店街通りの歩道両側に計37本が植えられた。

 植樹には迫桜高の生徒30人も駆け付けた。野球部で3年の田中秀人さんは「小学2年だった地震当時のことはあまり覚えていないが、苗木の話を聞いて身近に感じた」話した。ボランティアクラブの3年佐藤亜衣莉さんは「地域活性化の一助になれた」と喜んだ。

 振興会は苗木を迫桜高、若柳中、若柳小にも寄贈した。佐藤会長は「商店街は児童生徒の通学路にもなっている。次代に伝える子どもたちが、このヤマボウシのようにたくましく育ってほしい」と述べた。

| 文責 | 河北新報 | 15:35 | - | - |
大震災の教訓忘れずに 防災機器を児童ら体感 岩沼・希望の丘

【河北新報】

 

組み上げた脚立を運ぶ子どもたち

 

 津波襲来時の一時避難場所となる宮城県岩沼市の千年希望の丘で18日、防災機器の使用方法を学ぶ体験会があった。東日本大震災の教訓を忘れず、災害への備えの意識を高めようと、岩沼ロータリークラブが主催した。

 ボーイスカウト、ガールスカウトの児童ら約60人が市職員の説明を受け、丘の頂上のあずまやで風雨よけのシートを引き出したり、ベンチの中の器具を用いて脚立を組み上げたりした。持参した非常食の試食も行った。

 渡辺真多(まさかず)会長は「子どもたちに震災の記憶を植え付けたかった。災害を忘れず、万が一に備える心構えを持ってほしい」と話した。

 千年希望の丘は、沿岸部の南北約10キロに高さ約11メートルの丘を15基並べて遊歩道でつなぎ、津波の威力を減衰させる緑の防潮堤。震災がれきなどを使って盛られ、あずまやには最大50人が一時避難できる。

| 文責 | 河北新報 | 09:28 | - | - |
亘理・山元の復興一望 高校生らトレッキング

【河北新報】

 

深山を歩く亘理高の生徒ら

 

 宮城県亘理町の亘理ロータリークラブ(早坂正実会長)は、同県山元町の深山(しんざん)(287メートル)の山頂から両町を見渡そうと、高校生向けのトレッキングを実施した。東日本大震災からの復興の進み具合を実感してもらうのが狙い。

 2018年春に創立50周年を迎えるロータリークラブの記念行事の一環。亘理高の生徒9人とロータリークラブのメンバーら計約30人が参加した。

 参加者は秋晴れが広がる中、深山山麓少年の森から約1時間半かけて登頂し、山頂から山元町の新市街地などを眺めた。

 山頂では生徒一人一人が「復興が進んだ様子を見ることができてよかった」などと感想を述べた。亘理ロータリークラブ幹事の山田周伸さん(54)は「次世代を担う子どもたちに復興の歩みを実感してもらえてよかった」と話した。

 トレッキングは今月1日にあった。

| 文責 | 河北新報 | 18:02 | - | - |
石巻ロータリークラブ 共生園生と交流ボウリング満喫

【河北新報】

 

ボウリングを楽しむ利用者

 

 石巻ロータリークラブ(RC)は12日、東松島市高松の障害者日中活動支援施設「共生園」の園生を招待し、石巻市不動町2丁目の「プレナミヤギ」でボウリング交流会を開いた。園生らはゲームで心地よい汗を流し、楽しいひとときを過ごした。

 ボウリングには園生や職員21人が参加。グループごとに分かれてゲームに臨み、滑り台を使ったり、職員のサポートを受けたりしながらボールを投じた。元気に体を動かし、うれしそうな表情を浮かべる園生の姿も見られた。

 共生園の工藤祐美園長は「地域社会の一員として活動ができることは重要。園生が楽しみにしているのでうれしい」と感謝した。

 石巻RCの佐藤邦夫副会長は「外に出てボウリングを楽しむ機会もいいと思う。これを継続することが第一だ」と話していた。

 交流は1975年にスタート。東日本大震災が発生した2011年以降中断していたが、昨年再開した。主に入所施設の「第二共生園」の園生が参加していたが、昨年は共生園と第二共生園の園生が参加したという。

| 文責 | 河北新報 | 15:16 | - | - |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
+ 主な記事
+ 媒 体
+ 月別記事
+ 参照サイト
+ 概 要