Rotary At Work

ロータリークラブの活動に関する記事抜粋
山口ロータリークラブ=福祉施設に10万円寄付

【ニッケイ新聞】

 

寄付金で購入された物品と福祉施設代表者ら

 

 山口ロータリークラブ(波多野義憲会長、山口県山口市所在)は、今年もブラジル山口県人会(伊藤紀美子会長)を通じて、高齢者福祉施設「憩の園」(佐藤直・救済会会長)と託児所「ジラソル」(和田アンナ所長)に10万円相当の寄付を贈った。

 日本から贈られた寄付金で山口県人会が、日本米420キロ、粉石鹸約160キロ、液体石鹸50リットル、塩素漂白剤24リットル、洗剤1・8キロを購入。7月18日、同会館で2団体に物品贈与式が行われた。

 物品は2団体で分けられ、ジラソルからは和田所長により、他の託児所にも物品が届けられる。

 佐藤会長(76、三世)は「施設入居者は半数が一世で、日本米はとても喜ばれる。助けてくれる人がいるのだから、もっと頑張らないと」と笑顔を見せた。

 山口ロータリークラブは、1994年から伯国の非日系孤児院に寄付金を贈り、05年からは希望の家福祉協会への寄付を始め、10年ごとに寄付先を変えながら援助を続けている。

 

□関連コラム□大耳小耳

 日本の山口ロータリークラブは山口県人会を通じて、伯国日系福祉団体に10万円相当の寄付を贈ったが、伊藤会長によれば、外国への援助活動には問題もつきものだそう。同クラブは以前、インドやアフリカへの援助も行ったが、金品が紛失するなど、受取先に届かないトラブルがあったという。「伯国には県人会があり、信用できる」という理由から、伯国への支援は続いている。日本人の誠実さが日伯をつなぎ、伯国の助けとなっている。今後も続くことを願うばかりだ。

| 文責 | ■海 外■ | 09:26 | - | - |
医療機器、医療器具などが母子保健センターに寄贈された

【モンゴルの声】

 

 

日本の近江八幡ロータリークラブウランバートルロータリークラブが共同事業として2000万円相当の医療機器、医療器具などをモンゴル母子保健センターに寄贈した。日本からは近江八幡ロータリークラブの尾賀康裕会長をはじめとする6人が出席した。世界最高水準の高額な純水機、超音波装置、空気清浄器、患者用ベッド、ポータブルトイレ、車いすなど大小の医療器具が贈呈された。母子保健センターは19年間の歴史を持っており、44の診療科がある。年間入院患者数25万人、出生数は1万2000人に及ぶ全国唯一の産児専門病院である。子どもの移植手術にも取り組む計画のある母子保健センターにとって、純水機は何よりも必要なものだった。今日までは4年の準備期間がかかった背景には、日本とモンゴルを結ぶ懸け橋の役割を果たしてきたモンゴル子供支援代表・江口喜多枝さんの尽力があった。江口さんは、長年モンゴルの子どものために奉仕活動を続け、2010年、2015年にもモンゴル国立第三病院へ純水機一式の寄贈を行ったことがある。

| 文責 | ■海 外■ | 10:31 | - | - |
ベンゲット州に食器11万点寄贈 府中市のロータリークラブ ルソン地方ベンゲット州で東京都府中市の食器計約11万3千点と10万ペソが寄贈された

【まにら新聞】

 

食器を手渡す東京府中ロータリークラブ(RC)の村上保裕会長(右)=東京府中RC提供

 

 ルソン地方ベンゲット州ラトリニダッド町でこのほど、東京都府中市の学校給食で使われていた食器計11万3千点と10万ペソが同州に寄贈された。食器は州内の...

| 文責 | ■海 外■ | 15:56 | - | - |
中国エイズ孤児の絵画が日本初展示

【人民中国】

 

 

 香港NGO法人智行基金会と東京世田谷中央ロータリークラブ主催で、中国エイズ孤児の絵画を展示する「紅いパン」絵画展IN JAPANが、12月11日から14日まで日中友好会館美術館で開催された。開会式には福田康夫元首相、宮本雄二元中国大使、漫画家の里中満智子大阪芸術大学教授、智行基金会設立者の杜聡議長、東京世田谷中央ロータリークラブの藍澤宝珠会長など、100人近くが出席した。

 開幕式で福田元首相は「子供たちが困難を乗り越え人生に向き合うことで、将来の幸せを掴んでほしい」と述べ、両国の民間友好で慈善事業を盛り上げるよう呼びかけた。

 杜議長は「エイズ孤児の援助方法は、教育や生活費の援助だけではない。孤児たちには絵を描くことで感情を表現し、夢を描き、自信を取り戻し、心身ともに健全に成長してほしい」と語った。

| 文責 | ■海 外■ | 16:45 | - | - |
中国エイズ孤児の絵画展、東京で初開催

【中国網】

 

挨拶する智行基金会創設者の杜聡氏

 

 「紅いパン」絵画展 IN JAPANが11日、東京の日中友好会館で開幕した。中国エイズ孤児絵画展が初めて日本で開かれた。福田康夫元首相、宮本雄二元駐中国大使、日本の有名漫画家の里中満智子氏、NGO法人・智行基金会創設者の杜聡氏、ロータリークラブなどの50数人の来賓が開幕式に出席した。

 

・・・

| 文責 | ■海 外■ | 11:49 | - | - |
労働雇用省が主催し、ケソン市役所で障害者に対象を絞ったジョブフェア実施。初の試み

【まにら新聞】

 

会場に設けられた企業ごとのブースで、参加者は企業説明を聞いたり履歴書を提出したりした=5日午後1時ごろ、首都圏ケソン市のケソン市役所で

 

 労働雇用省は首都圏のケソン市役所で5日、障害者を対象としたジョブフェアを開催した。国際社会奉仕組織ロータリークラブとの共催で、約600人が参加した。...

| 文責 | ■海 外■ | 09:10 | - | - |
テイクオフ:キャンベラの国会議事堂…

【NNA】

 

キャンベラの国会議事堂に初めて入ったのは15年前で、ロータリークラブ関連のパーティーが行われた時だった。夜に行われたイベントだったので、要人がいなかったせいか、正面玄関から何の手続きもなく入った覚えがある。

当時の印象が強いので、通常の議事堂開放時間に中へ入る際、持ち物検査の列に並ばなければいけないことを不便に感じてしまう。中高生の社会見学と同じ日になると長い列ができるのでうんざりだ。ただ、特別の手配をしてもらえれば、別の議事堂に入る通用口を利用できるそうだ。

先日は国会議員に会うために議事堂に入った。まずオフィスに電話し、秘書が玄関広場に来るのを待った。合流してから一緒に入館受け付け口で入館証をもらい、オフィスに入ることができた。当然の手続きと言えばそうだが、意外にあっさりしているような気もする。

| 文責 | ■海 外■ | 09:44 | - | - |
ひとマチ点描■折鶴を広島平和記念公園へ

【ニッケイ新聞】

 

左から石井さん、清さん、内田さん、山本さん

 

 ボーイスカウトOB会、ブラジル三指会(石井久順(ひさのぶ)会長)は9月26日、広島平和記念公園に千羽鶴を贈った。これを橋渡ししたのは広島県ボーイスカウトOB会顧問、ロータリークラブ幹事長の山本豊さん。

 石井さんは「気持ちを伝えたかった。戦後73年にもなる。それを記念し、ブラジルのボーイスカウトとして何かしたかった」と説明。三指会の副会長兼婦人部長の清(せい)三枝子さんが中心となって約20人が精魂込めて折ったという。

 平和公園の管理課係長の内田括也さんに手渡すと、「日本全国から折鶴が送られてくるが、南米からはとても珍しい」と喜ばれたという。欧州などからのものは過去にあるという。

 今後、日本語学校生徒や日系コレジオの団体が修学旅行等で広島を訪れる際、折鶴を作って持っていけば、「南米からはいつも贈ってもらっている」と言われるようになるかも。今回の三指会の行いは、いい先鞭をつけたかも。

| 文責 | ■海 外■ | 15:29 | - | - |
還暦迎えた「こどものその」=障がい者養護貫き続けて60年=長谷川良信師が前身を設立

【ニッケイ新聞】

 

議会や本部で記念行事開催=大乗淑徳学園理事長ら8人来伯

 

 社会福祉法人こどものそのは創立60周年記念し、功績者への感謝状贈呈式、講演会、記念式典を21日から23日まで開催する。日本からは、創立者・長谷川良心師の息子で大乗淑徳学園の長谷川匡俊理事長ら8人が来伯し、「還暦」をともに祝う。

 21日はサンパウロ市議会大講堂で、サンパウロ市議会から「こどものその」に多大な貢献をした法人4つと個人2人への感謝状の贈呈式を行う。

 22日はイタケーラ本部で講演会を行う。講演は左記の2つ。「こどものその60周年の歩み」(講演者:こどものその)、「他人を援助する実践基盤」(講演者:米村美奈 淑徳大学総合福祉学部社会福祉学科教授)。

 23日はイタケーラ本部で60周年記念式典を開催する。式典には、大乗淑徳学園から長谷川理事長をはじめ、教授、職員ら6人が出席。また東京品川ロータリークラブの代表者、坂田貞夫夫妻も出席する。

| 文責 | ■海 外■ | 15:43 | - | - |
大耳小耳

【ニッケイ新聞】

 

 日伯文化連盟ピニェイロス文化センターで「日本庭園」についての講演会が22日午後2時半から4時まで行われる。講演者はサルキス・セルジオ・カロウスチャンさん。マッケンジー大学の都市建築科で学んだほか、文部省と亀岡ロータリークラブの制度で京都大学にも留学し、日本の現代建築について研究した。現在はアニェンビー・モルンビ大学都市建築科の教授として活躍している。日系社会の日本庭園にも新しい発見があるかも? 問い合わせは同センター(11・3031・5550)まで。

    ◎

 『ジャポネス・ダ・フェデラウ』(連邦の日本人)のイシイ・ニュートン氏が7月に『O carcereiro(看守)―連邦の日本人とラヴァ・ジャット作戦の逮捕者たち』(ルイス・アルベルト・カリージョ著、ロッコ出版)を出版していた。同書はラヴァ・ジャット作戦で逮捕、拘束された政治家や企業家の連行役など、連邦警察での仕事について記したもの。全文ポ語、34・90レ。興味のある方は、お近くの書店で求めてみては? 8月にグローボ局のインタビュー番組「コンベルサ・コン・ビアウ」に出演し、学生だった70年代に軍政にスパイとして協力し、左派集会に顔を出してはその様子を軍部に報告していたと明かした上で、「民主主義が一番いい」と総括したとか。

| 文責 | ■海 外■ | 15:41 | - | - |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
+ 主な記事
+ 媒 体
+ 月別記事
+ 参照サイト
+ 概 要