Rotary At Work

ロータリークラブの活動に関する記事抜粋
「ビリギャル」親子迎え豊川RC60周年講演

【東愛知新聞】

 

豊川RC記念講演に登場した小林さん茲筏未気鷽道=豊川高校で

 

 豊川ロータリークラブ(藤野和裕会長)は24日、豊川高校鳳翔閣で創立60周年記念講演を開催した。大ヒット映画「ビリギャル」の主人公のモデルとなった親子で、小林さやかさんと橘こころさんによるトークセッション&講演会を行った。

 小林さんは高校時代、成績が学年最下位ながら偏差値を40も上げて慶應大学に現役合格した。「ダメ親」と呼ばれても、子どもたちを信じて家庭環境を再生させた母・橘さんと共に、経験談を踏まえて高校生らに力強いエールを送った。

 トークセッションには国府の今泉貴善さん(3年)、大岡茜佳里さん(同)、小坂井の近藤花貴さん(2年)、兵藤錦之介さん(3年)、豊川の酒井香奈さん(同)、外山桜子さん(同)、豊川工業の鈴木真也さん(2年)、山本琢真さん(同)、宝陵の東優月さん(3年)、長坂歩さん(同)、御津の伊藤文凡さん(2年)、加藤優湖さん(同)の生徒12人が参加した。

 国際関係の仕事を目指すという大岡さんに、小林さんは留学経験のある妹の話も挙げて「英語ができるとほかの仕事にも就きやすい」。看護師を志す東さんには「技術よりも真心。言葉のかけ方や存在だけで患者の生きる力になる。もう看護師に見えてきたわ」とエールを送った。

 まだ具体的な夢がない生徒に対しても「いま夢がない子はそれでいい。自分の人生は自分で決める。たくさんの選択肢を持ち、楽しみながら人生を送って」と前向きな言葉で助言。「人前でうまく話せない」「勉強に集中できない」と悩みを明かす生徒にも経験を交えてアドバイスを送り、一人暮らしをしたいと明かす今泉さんには「一人暮らしをすると男としてモテるわよ。家事ができるというオプションが付くから」と、ユーモアも交えて背中を押した。

| 文責 | ■そのほか■ | 11:14 | - | - |
和田勇の紙芝居が完成

【日高新報】

 

完成した紙芝居を見つめる部員と柏木市長ら

 

 官民でつくる和田勇顕彰会(会長=吉田擴御坊商工会議所会頭)が、幼児のうちから和田氏の功績に触れてもらおうと、日高高校JRC部に依頼して作成していた紙芝居「わだいさむものがたり」が完成。22日に部員らが市役所を訪れ、柏木征夫市長や吉田会長にお披露目した。

 これまで小中学生用の絵本はあったが、もっと小さいうちから御坊の偉人を知ってもらおうと発案。御坊ロータリークラブが作成した和田勇物語をベースに、紙芝居コンクールで入賞経験のある同JRC(ジュニア・レッド・クロス)に依頼していた。

 部員たちは昨年11月に初めて顕彰会と打ち合わせを行ったあと、「小さい子どもでも見やすいように」とアイデアを出し合い、表紙を含めて16枚を描き上げた。和田氏の誕生から御坊で過ごしたときに助け合いの精神を身を持って学んだこと、アメリカに帰国してから戦争を経験し、全米水泳選手権に出場する選手たちの世話をしたこと、東京オリンピックのために各国にお願いしにいったことを、かわいい絵で表現した。B4サイズ、水彩絵の具などで仕上げた。文章は、和田勇物語の文章を担当した藤本亜矢子さん(日高川町)が引き続き担当した。

 部員と顧問の関本久美子教諭、顕彰会の岡本恒男事務局長らが市長応接室を訪問。紙芝居の原画を見せて1シーンずつ説明し、部員たちは「子どもから大人へ、和田さんの見た目が1枚ずつ変わっていくのが難しかった」などと苦労話を紹介。柏木市長は「手作り感があって、本当に素晴らしい作品を作ってくれてありがとう。子どもにも見やすく、覚えてくれるでしょう」と絶賛した。

 玉置朝花部長は「出来上がるか不安もありましたが、納得の出来映えです。自分たちの作品が残っていくのはうれしい。幼稚園や保育園で読み聞かせをして、和田勇といえばこの紙芝居を思い出してもらえるようになればうれしい」と願いを込めて話していた。

 顕彰会では市内の幼稚園、保育園、図書館に寄贈するほか、イベント等での活用も検討していく。JRCのメンバーは次の皆さん。

 玉置朝花、小出歩未、川口莉甫、高垣未優(以上2年)、鳴川奈那、松村佳歩、大江美沙希、野村涼加、林優、久岡敬輔、志賀佐和子、隹峅察憤幣紕映)

 

| 文責 | ■そのほか■ | 11:16 | - | - |
豊川の淡墨桜ほころぶ

【東愛知新聞】

 

咲き始めた淡墨桜に留まる野鳥=豊川市桜ヶ丘公園で

 

 豊川市でも“根尾”フィーバー? 桜ヶ丘ミュージアムに隣接する桜ヶ丘公園で、淡墨桜の開花が始まっている。

 この桜は市制40周年の1983(昭和58)年、豊川地域文化広場完成に合わせて、豊川ロータリークラブが樹齢1400年と言われる天然記念物「根尾谷の淡墨桜」のある岐阜県根尾村(現・本巣市)から譲り受けた苗木が成長した桜で、園内に25本が立っている。

 淡墨桜はエドヒガンに属し、咲き始めは白っぽい花をつけ、花盛りを過ぎると花の色がやや淡い墨色になる。プロ野球・中日ドラゴンズの新人で、岐阜県出身の根尾昂内野手(18)が注目されているが、球春到来と共に豊川の淡墨桜もつぼみを開き始めた。

 桜ヶ丘公園が「桜の馬場」と呼ばれていたころに植えられたソメイヨシノも今月下旬から開花する見通しで、花見スポットに多くの人が訪れそうだ。

| 文責 | ■そのほか■ | 09:13 | - | - |
3月23日に淀川の歴史に学ぶ講演会

【建通新聞】

 

■想定外とは言わせない〜淀川の歴史に学び、これからを考える講演会 3月23日/国際ロータリー第2660地区

 国土交通省近畿地方整備局河川部による講演「淀川の歴史と水害への備えについて」など

| 文責 | ■そのほか■ | 09:17 | - | - |
職業や進路で出前講座 市太田高

【上毛新聞】

 

 

 高校生の進路選択に役立てようと、太田ロータリークラブ(橋本徹会長)は13日、群馬県太田市立太田高校で職業や進路について話す出前講座を開いた。商業科の2年生162人が働くことへの理解を深めた。

 飯塚医院(太田市)院長の佐藤喜和さんは大学卒業後に自分の適性を考え、大学に入り直して医学の道に進んだエピソードを紹介=写真。「1度や2度の進路変更は問題ない。『これだ』と思えるものを見つけて」と呼び掛けた。

| 文責 | ■そのほか■ | 10:56 | - | - |
栗東で「ふるさとサポート応援隊」が始動 民間で連携し生活困窮者の支援拡充へ

【滋賀報知新聞】

 

 

記者会見を行った発起人団体の代表者ら

 【栗東】 栗東市内で社会奉仕に取り組む栗東ロータリークラブ(竹脇義成会長)、栗東ライオンズクラブ(奥村市衛門会長)、公益社団法人栗東青年会議所(山元一也委員長)の3団体が発起人となり、14日に市民らの協同による「栗東生活支援協議会」を設立する。同協議会では来年度から子ども食堂や生活困窮者の支援活動などを支える「ふるさとサポート応援隊」の事業を進めていく。

 同市内では福祉関係機関やNPOなどが生活困窮家庭に対する様々な支援活動を実施している。これまで各団体が独自に事業を展開してきたが、いずれも限られた体制と資金の中での取り組みで、運営面において厳しい環境にあることなどから、地域福祉のより一層の拡充と活動団体の負担軽減を図ることを目的に、このほど組織の垣根を超えた連携が実現した。

 同協議会には3団体のほか、行政、福祉関係者、各支援活動団体、保護司、民生委員・児童委員・市内企業など約100団体が加盟し、市社会福祉協議会が実施する活動を人材面、金銭面、物資面などから支援する。

 活動の中心となる「応援隊」の取り組みは、特に生活困窮者やひとり親家庭への支援を通し、「栗東の次代を託する青少年が生まれ育った環境に左右されることなく、元気にいきいきと活動し、等しく将来への夢を描ける生活環境づくりに寄与すること」を狙いとする。子ども食堂やフリースペース事業、生活困窮者への食料品や物品の支援、就労支援などの取り組みを社協を通して行うことで、栗東ならではの、温もりのある福祉のまちづくりを目指していく。

 県庁で協議会設立に向けた記者会見を行った3団体の代表者らは「地域福祉のプラットホームとして栗東独自の福祉の形を作っていきたい」と熱意を語った。

 同協議会の設立総会は14日午後3時から、市商工会館で行う。設立後は事務局を社協に置き、随時、協議会で調整のうえ、各支援を行っていく。

| 文責 | ■そのほか■ | 15:55 | - | - |
和大留学生に卒業アルバム贈呈 和西RC

【わかやま新報】

 

卒業アルバムを手に留学生と石塚会長(右から3人目)

 

和歌山西ロータリークラブ(石塚宏介会長)は6日、和歌山県和歌山市中の式場ラヴィーナ和歌山で、和歌山大学の留学生のために製作した卒業記念アルバムを贈呈した。

アルバムの贈呈は、同クラブの国際奉仕プログラムの一環として、1995年から毎年実施。制作費を負担し、留学生が編集している。 アルバムはA4判カラーの51蓮O族了馨襪任硫峺や紀の川市の農園でのハッサク狩り、鍋パーティーなどの写真をレイアウトし、卒業を迎えた学生の写真とメッセージを掲載している。

この日は留学生5人が出席。石塚会長は「良いことを実践しながら思いやりの心を大切に、これからも元気に歩んでほしい」と激励し、クラブからアルバムや花束を贈呈した。

中国からの留学生で、春には同大学大学院へ進学する王涛さん(25)は「さまざまな活動を通じて、有意義な生活を送れた」と笑顔。研究グローバル化推進機構国際連携部門の長友文子教授は「紙でできたアルバムはスマートフォンで納めるアルバムとは違い、本当にいい思い出」と感謝を伝えた。

同クラブによると、アルバム事業は本年度で終了する。来年度からは新たな交流プログラムを始める予定で、準備を進めているという。

| 文責 | ■そのほか■ | 12:30 | - | - |
菜の花と河津桜が共演 田原の免々田川沿い

【東愛知新聞】

 

見頃を迎えている菜の花と河津桜。こいのぼりもあげられ、ひと足早い春を満喫できる=田原市福江町で

 

 田原市福江町を流れる免々田川沿いで菜の花と河津桜が見頃を迎えた。青空に映える鮮やかな黄色とピンクのコントラストは、訪れる人たちを魅了している。

 川沿いに続く早咲きの桜で知られる河津桜は、国道259号宮下橋の南北に約300本。2004(平成16)年、地元で活動している渥美ロータリークラブ国際ロータリー創立100周年を記念して植えた。

 同クラブが中心となり、会員やまちづくりグループが肥料を与えたり、草刈り、せん定をしたりと世話を続けている。

 今年は、このところの暖かさで一気に開花し、先週末から見頃に。女性や家族連れ、カップルらが散策しながら、黄色の菜の花と濃いピンク色の花を咲かせた河津桜を楽しんでいる。

 東三河以外から訪れる人も多く、富山市から伊良湖岬観光で訪れ、立ち寄ったカップルは「菜の花の色が富山とは違います。きれいですね」と話し、ひと足早い春を満喫していた。

 17日まで「まつり」(実行委員会主催、東愛知新聞社など後援)を開催しており、9、10両日は飲食物の販売や催しも行われる。

| 文責 | ■そのほか■ | 13:36 | - | - |
高校生が和田勇の紙芝居制作中

【日高新報】

 

完成へ急ピッチで作業を進める生徒たち

 

 官民でつくる和田勇顕彰会(会長=吉田擴御坊商工会議所会頭)が本年度事業で取り組んでいる紙芝居の制作が、着々と進んでいる。絵を担当している日高高校JRC(ジュニア・レッド・クロス)のメンバーが連日集まってかわいい絵を描いており、顕彰会は「完成が楽しみ」と期待を膨らませている。

 子どものころから御坊の偉人、和田勇氏の功績に触れてもらおうと発案。御坊ロータリークラブが作成した和田勇物語をベースに、紙芝居コンクールで入賞経験のある同JRCに依頼した。

 11月の打ち合わせ後、生徒たちでどのような絵にするかアイデアを出し合い、「子どもでも見やすいように、できるだけかわいく仕上げよう」と意見がまとまり、16枚を製作中。期末試験が終わり、3月に入ってからは毎日部室に集まって急ピッチで進めており、近く完成させる。

 玉置朝花部長(2年)は「子どもにも親近感がわくように心がけて描いています。自分たちの絵が紙芝居になるのはすごく楽しみです」と楽しそうに描いていた。

| 文責 | ■そのほか■ | 13:38 | - | - |
子ども食堂など支援団体設立へ

【NHK】

 

栗東市の企業経営者などでつくる3つの団体が協力して、経済的に困っている家庭に生活資金を貸し付けたり、子ども食堂の運営を支援したりする新たなボランティア組織を立ち上げることになりました。

栗東市に新たに設けられるのは、「ふるさと生活サポート応援隊」というボランティア団体です。

経済的に困っている家庭を支援し、暮らしやすい街づくりにつなげようと、地元のロータリークラブやライオンズクラブ、それに青年会議所が協力して、今月14日に設立します。

地元のNPOや企業、それに個人などにも参加や寄付を呼びかけ、▽生活資金の貸し付けや、▽子どもたちに地域で食事を提供する子ども食堂の運営支援などを行っていくとしています。

具体的には、新年度から地元の民生委員や保護司、それに社会福祉協議会を通じて効果的な支援活動を進めたいとしています。

呼びかけ人の1人、栗東ロータリークラブの竹脇義成会長は、「子ども食堂で物資やボランティアが不足して困っていると聞いた。応援体制を整えたい」と話していました。

| 文責 | ■そのほか■ | 13:37 | - | - |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
+ 主な記事
+ 媒 体
+ 月別記事
+ 参照サイト
+ 概 要