Rotary At Work

ロータリークラブの活動に関する記事抜粋
フェースシールドを寄付 市医師会に840個/豊川RCと豊川宝飯RC

【東日新聞】

 

左から、豊川宝飯RCの伊藤会長、医師会の小澤会長、豊川RCの川合会長

 

 東三河にある12のロータリークラブ(RC)が団結し、新型コロナウイルス感染症の検査や治療に携わる地域の医療従事者にフェースシールドを寄付するプロジェクトで、豊川市では、豊川と豊川宝飯の2RCが4日、市医師会に840個を贈呈した。 豊川RC...

| 文責 | 東海日日新聞 | 09:39 | - | - |
医療機関にフェースシールドを贈る 田原の3RC

【東日新聞】

 

贈呈式の並ぶ関係者。左から市歯科医師会の平野副会長、市医師会の北山理事、田原RCの盧蟆馗后渥美RCの宮本会長、田原パシフィックRCの河合会長、渥美病院の長谷病院長

 

 新型コロナウイルス感染症対策として田原市内の3つのロータリークラブ(RC)は4日、市内の渥美病院と市医師会、市歯科医師会の医療機関3団体に対し、透明なフィルムで顔を覆って飛沫(ひまつ)感染を抑えるフェースシールド720個を贈った。

 贈ったのは田原、渥美、田原パシフィックの3RC。この日午後3時から渥美病院で開かれた贈呈式では、田原RCの盧衢沙芦馗垢地元の医療機関や医療従事者に贈る計画が持ち上がったことを説明し、「活用してもらえれば」とあいさつした。

 この後、渥美RCの宮本智弘会長が市医師会の北山太朗理事にフェースシールドを贈呈。渥美病院の長谷智院長から田原パシフィックRCの河合成幸会長に感謝状が贈られた。

 医療機関を代表して市歯科医師会の平野勝俊副会長は「寄付してもらったことで安心して診療ができる」と述べた。

 3団体は240個ずつ分配し、医療現場で活用される。

 式には、ほかに渥美病院の安井吉史事務部長ら病院関係者、田原RCの眄タ一郎幹事、渥美RCの荒木誠一幹事、田原パシフィックRCの河合繁樹幹事らが出席した。

 フェースシールドについては、東三河のRCの集まりである東三河分区の代表の平野正博ガバナー補佐の音頭で12RCの会員約730人が資金を出し合って購入し、地元の医療機関への贈呈が決まっている。

| 文責 | 東海日日新聞 | 10:22 | - | - |
蒲郡RCが市に寄贈 フェースシールド1200個

【東日新聞】

 

フェースシールドを渡す鈴木会長

 

 蒲郡ロータリークラブ(RC)は28日、新型コロナウイルス感染症対策のため、蒲郡市にフェースシールド1200個を寄贈した。RCの社会貢献活動の一環。鈴木仁志会長が市役所を訪れ、鈴木寿明市長に手渡した。 フェースシールドは頭にフレームを装着し...

| 文責 | 東海日日新聞 | 10:01 | - | - |
新型コロナ対応支援に使って 豊橋南RCが市へ300万円寄付

【東日新聞】

 

300万円を寄付した豊橋南RCの内山昌久会長(左から2番目)と大澤憲朗幹事茵伊藤之一職業奉仕委員長蕁疔橋市役所で

 

 豊橋南ロータリークラブ(RC、内山昌久会長)が新型コロナ感染症対応支援のため、300万円を豊橋市に寄付した。26日に市役所で目録の贈呈式が行われた。 新型コロナウイルスから市民を守るため、最前線で働く医療従事者の活動に役立ててほしいと会員...

| 文責 | 東海日日新聞 | 13:08 | - | - |
市へ防災用品寄付 創立30周年記念し田原パシフィックRC

【東日新聞】

 

 

 田原パシフィックロータリークラブ(RC、河合成幸会長)は27日、創立30周年を記念し、田原市に防災用品などを寄贈した。 手話などのイラストが描かれた防災スカーフは聴覚障害者らが災害時に身に着け、外見からは分かりにくい障害を周囲に知らせる。...

| 文責 | 東海日日新聞 | 13:07 | - | - |
フェイスシールド4320個寄付 各市医師会通じて東三河12RC/地域の医療従事者奮闘支援

【東日新聞】

 

フェイスシールドを寄付した豊橋東RCの居平会長蕕醗属羃馗后碧橋市中野町の市医師会館で)

 

 東三河にある12のロータリークラブ(RC)が、地域の医療従事者のためにと一致団結し、フェイスシールド4320個を各市の医師会を通じて寄付することを決めた。クラブの会員約730人から寄付を募り、購入した。

 このうち、豊橋市では豊橋、豊橋北、豊橋南、豊橋ゴールデン、豊橋東の5RCによる贈呈式が27日、豊橋市医師会館(中野町)であり、5クラブを代表して豊橋東RCの居平文孝会長が、医師会の安井洋二会長へフェイスシールド2040個を贈った。

 居平会長は「非常に厳しい環境の中、医療関係者の皆さまは最前線の現場でご尽力されている。今後も安心、安全な治療に専念していただくためにフェイスシールドの寄付を思い立った」などとあいさつ。安井会長は新型コロナウイルスに関する市の現状を説明し、「治療薬やワクチンがまだできておらず、これからも安心できない状況が続くので、非常にありがたい」と感謝した。

 フェイスシールドは、医師会と歯科医師会を通じて希望する市内の病院と歯科医院に配られるという。また、そのほかの市でも医師会を通じて順次寄付していく予定。

| 文責 | 東海日日新聞 | 13:01 | - | - |
豊橋市へ100万円を贈る 豊橋ゴールデンRC

【東日新聞】

 

 

 豊橋ゴールデンロータリークラブ(RC)は24日、豊橋市役所で、新型コロナウイルス感染症対策として、同市に100万円を寄付した。真野善和会長から佐原光一市長に目録が贈られた。 真野会長は、「RCでも3月から5月の例会が中止になり、浮いた例会...

| 文責 | 東海日日新聞 | 14:05 | - | - |
「困窮家庭の役に立てば」 豊橋GRCがコメ480キロを寄付/「フードバンク」へ

【東日新聞】

 

コメをフードバンクに寄付した豊橋ゴールデンRCの会員ら

 

 豊橋ゴールデンロータリークラブ(RC・真野善和会長)は17日、新型コロナウイルスの感染拡大で困窮する世帯を支援する豊橋市の「フードバンク」にコメ480キロを寄付した。 市では、新型コロナの影響で支援が必要なひとり親世帯に無償提供するため、...

| 文責 | 東海日日新聞 | 09:33 | - | - |
市にマスク1万枚を寄付 豊川RCと豊川宝飯RC

【東日新聞】

 

左からマスクの寄付に感謝する竹本市長、寄付した川合会長、伊藤会長

 

 新型コロナウイルスの影響によるマスク不足を受けて、豊川ロータリークラブ(RC、川合悦藏会長)と豊川宝飯RC(伊藤正幸会長)は10日、豊川市にマスク1万枚を寄付した。市は、マスク不足が深刻化している医療機関への配布を予定している。 両会長ら...

| 文責 | 東海日日新聞 | 09:26 | - | - |
新シンボル市民の癒やしに 自然景観生かす/新城市桜淵公園大広場オープン

【東日新聞】

 

市民プール跡地に整備された大芝生広場(新城市桜淵公園で)

 

 新城市民いこいのプール休止から13年―。再整備基本計画に基づき、跡地の活用でさまざまな議論が行われてきた、桜淵公園大芝生広場が23日、豊川南岸にオープンした。

 6800平方メートルの広場には、築山が3カ所(高さ1メートルから1・5メートル)、1周270メートル園路、ベンチ6基、7月から9月の夏季限定で稼働する噴水が整備された。

 また、新城ロータリークラブ(夏目工会長)から寄贈されたシダレザクラ2本のほか、ソメイヨシノやクスノキ、モミジなどの樹木が植えられ、自然豊かな景観を生かしたフリースペースとなった。

 式典では、穂積亮次市長が「新たなシンボルとして、市民の心の癒やしになってほしい」と述べた。

 再整備計画は約4年前に策定され、地域住民ワークショップや庁内検討会、計画策定懇談会で広く意見を取り込み、市民が気軽に集える場所を検討してきた。

 4月からは、豊川北岸の整備工事も予定され、笠岩橋から四阿(あずまや)へ向けてベビーカーや高齢者も歩きやすいデッキスロープを建設。隣接地にアスファルトの駐車場も整備される。

 桜淵公園は、総面積2517ヘクタールの県立自然公園。桜の名所として知られ、1000本以上の桜が豊川両岸一帯に咲く。

| 文責 | 東海日日新聞 | 09:36 | - | - |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
+ 主な記事
+ 媒 体
+ 月別記事
+ 参照サイト
+ 概 要