Rotary At Work

ロータリークラブの活動に関する記事抜粋
少年野球 南河原が連覇 川崎幸RC杯

【タウンニュース】

 

優勝した南河原のメンバーと関係者ら

 

 ミユキ東少年野球連盟(鏑木茂哉会長)主催の第10回川崎幸ロータリークラブ杯がこのほど多摩川大橋少年野球場で行われ、南河原リトルウイングスが優勝した。

 同大会には南河原、小向、小向西、神明町、井田つくし、戸手本町の6チームが参加。

 決勝は南河原対小向で争われ、7対1で南河原が勝利し、4度目の優勝を連覇で飾った。

| 文責 | タウンニュース | 11:51 | - | - |
秦野中RC 高校生らと落葉清掃 震生湖付近のヤマユリの里

【タウンニュース】

 

手入れを行う高校生ら

 

 秦野中ロータリークラブ(高橋勇会長・RC)は12月23日、同クラブが整備を進めている震生湖付近の「ヤマユリの里」で落葉清掃などを行った。

 この事業はかつて秦野市内の山中で多く見られたヤマユリが、開発などで減少してしまったことから、その再生を目指して2009年にスタート。地域の人たちと共に続けられてきた。

 当日は同クラブのメンバーのほか、秦野総合高校の生徒、秦野ガールスカウト51団の団員など約50人が参加。参加者たちはヤマユリ博士と呼ばれている熊崎千秋さんの説明を受けた後、早速作業を開始。クヌギやコナラの雑木林の中の落葉などを清掃し、ヤマユリの生育のための環境づくりを行い、うまく育ってほしいと種もまいた。

| 文責 | タウンニュース | 09:18 | - | - |
56人が卒団 厚木市少年野球協会

【タウンニュース】

 

 

 厚木市少年野球協会学童部(山口貴裕会長、会田利夫協会理事長)が12月16日、平成30年度修了式を荻野運動公園会議室で行った=写真。

 今年、少年野球を卒団する6年生は56人。全員に修了証とチームのロゴ入りのマグカップが記念品として贈られた。

 1年生から最後まで野球を続けた19人を始め、敢闘賞、特別賞などが授与されたほか、横浜DeNAベイスターズジュニア選抜に選ばれた荻野リバースの谷亀和希選手に会長副会長特別賞が贈られた。

 また、本厚木ロータリークラブ杯でノーヒットノーランを達成した妻田ブルーフォックスの富田己太郎選手には同クラブから記念の盾も授与された。

| 文責 | タウンニュース | 09:16 | - | - |
5月の式典へ準備進む ことし創立140周年の戸部小

【タウンニュース】

 

かつて井戸があったことを示す、校庭の隅にある「覚念水の趾」の碑

 

 西区内で最も古い小学校である戸部小学校(柳澤潤校長)は、今年5月に創立140周年を迎える。同校では5月10日に開かれる記念式典を軸に、1年かけて記念事業や行事を重ねていく。

 記念事業の実行委員長には10年前の130周年の時同様、西区連合町内会・自治会連絡協議会会長の金子勝雄さんが就任。町内会長やPTA関係者、地域住民らが参加し、昨年から準備を進めている。

 同校でも全校遠足、スポーツフェスティバルなどの年間「4大行事」で、記念の年にふさわしい取り組みを行う予定。

 3月には卒業してしまう6年生も、フォトブックやスライドショーなどで、学校の沿革や戸部のまちの今を残す活動を授業の一環で今年度行っている。

 

幻の井戸”復活”も

 また、横浜西ロータリークラブの協力のもと、学校内に井戸を掘るプロジェクトも進行中。

| 文責 | タウンニュース | 15:52 | - | - |
鎌倉RC 元プロが熱血指導 小学生対象に野球教室

【タウンニュース】

 

熱心にアドバイスする遠藤さん

 

 鎌倉ロータリークラブ(今村仁会長)が主催する第2回少年少女野球教室が12月9日、笛田公園野球場で行われた。

 これは同クラブが元プロ選手らを招いて開催しているもの。この日は大洋ホエールズのエースとして通算134勝をあげた遠藤一彦さんをはじめ、ベイスターズOBらが「臨時コーチ」を務めた。

 この日は市内20の学童野球チームに所属する小学校高学年の156人が参加。ポジション別の守備練習や打撃練習を行った後、試合形式での総合練習が行われた。子どもたちはプロならではのアドバイスに熱心に耳を傾けていた。

 同クラブの今村会長は「子どもの健全育成を応援する事業をこれからも続けていきたい。この野球教室からプロ選手が誕生したらうれしい」と話していた。

| 文責 | タウンニュース | 10:18 | - | - |
歌や贈り物に笑顔の花咲く ふれあいクリスマス会

【タウンニュース】

 

バンドも登場

 

 秦野ロータリークラブ(関野道弘会長)と秦野市手をつなぐ育成会(相原和枝会長)が主催する「第44回ふれあいクリスマス会」が12月9日、秦野市保健福祉センターで開催された。

 クリスマス会は両団体が毎年市内の障害者らを招いて開催。当日は高橋昌和秦野市長も訪れた。

 会場では秦野総合高校のブラスバンドや昨年から参加しているバンド「The BeatCruise」の演奏などが行われ、ロータリークラブの会員らが扮したサンタからプレゼントも贈られた。参加者たちはプレゼントを前に笑顔の花を咲かせていた。会場の外では模擬店なども出店し、昼食会が行われたほか、大道芸なども楽しんだ。

| 文責 | タウンニュース | 10:17 | - | - |
7台目の防犯カメラ設置 横浜本郷RC

【タウンニュース】

 

 

 横浜本郷ロータリークラブ(RC)のメンバーが11月22日、栄警察署を訪れ、地域貢献の一環として取り組んでいる防犯活動について報告した。栄区内に同RCとして7台目の防犯カメラを設置したという。

 同RCの江上克彦会長(写真右)と二宮生憲前会長は「防犯カメラの設置は区民からのニーズが高い。我々も区民として防犯を最優先に協力したい。他のロータリークラブにも呼びかけていきたい」などと報告した。

 宮田孝署長は「防犯カメラは犯人検挙の面でも効果がある」などと話し、防犯活動に対する感謝の意を伝えた。

 同RCでは空き巣や不法投棄などの対策、子どもの見守りとして栄区内に防犯カメラの設置を進めている。今回は桂台地区に設置した。事件などの問題が発生した場合に活用するとしている。

| 文責 | タウンニュース | 12:59 | - | - |
ずっしり豊作に笑顔 RCのジャガイモ掘り会

【タウンニュース】

 

収穫を喜ぶ三崎中学校の生徒たち

 

 三浦ロータリークラブ(RC/鈴木康仁会長)は先月29日、恒例の「ジャガイモ掘り大会」を行った。同クラブの奉仕事業の一環として、三浦・横須賀市内の養護学校や特別支援学級、福祉施設の利用者などを招待して毎年開かれているもの。今年は約190人が旬の実りを収穫した。

 およそ300坪の畑で2種類のジャガイモを栽培。天候不順による生育への影響も心配されたが、鈴なりの大きなジャガイモが次々と顔を出すと喜びの声があがっていた。

 鈴木会長は「毎年楽しんでもらい、とてもやりがいがある」と話した。

| 文責 | タウンニュース | 09:26 | - | - |
悲惨な事故なくすために 年末に向け啓発

【タウンニュース】

 

声掛けしながら啓発物を配布

 

 大和警察署と大和綾瀬交通安全協会ら関係団体などが12月10日、綾瀬タウンヒルズショッピングセンターなどで交通安全キャンペーンを行った。

 忙しくドライバーが余裕をなくしがちな年末に向け、交通死亡事故防止と交通安全意識高揚を目的に実施した取り組み。交通安全活動を行う関係団体やロータリークラブら奉仕団体、関係企業が参加し、反射材付きエコバッグやバンド、啓発チラシなどを配布した。

 市内では今年、秋の交通安全キャンペーンの翌日に自動車とオートバイの接触による死亡事故が発生している。これを受け古塩政由市長は「年内、死亡事故は絶対起こさないという強い気持ちで皆さんにも望んでもらいたい」と激を飛ばした。

| 文責 | タウンニュース | 09:24 | - | - |
地元RC 川崎大師にベンチ寄贈 参拝者の休憩に

【タウンニュース】

 

(写真上) 遠藤会長(左)から藤田貫 首に目録が手渡された(写真下) 寄贈されたベンチ

 

 奉仕団体「川崎大師ロータリークラブ」(=RC・遠藤悦弘会長)は先月28日、川崎大師平間寺(川崎区大師町)に参拝者用のベンチ5基を寄贈した。ベンチは同寺境内の五重塔前に設置された。

 同クラブは例会を川崎大師平間寺内の信徒会館で開き、大師地区をホームグラウンドとしている。

 猪狩佳亮幹事によると、地域のためのプロジェクトの一環として行われた。新年を迎えるにあたり大勢の参拝者に少しでもくつろいでもらおうと、贈ることを決めたという。

 寄贈式では遠藤会長から藤田隆乗同寺貫首に目録が手渡された。藤田貫首は「(これまで使ってきたベンチは)ちょうど傷みかけていた。信徒の休憩に役立つ」と感謝の言葉を述べた。

| 文責 | タウンニュース | 09:23 | - | - |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
+ 主な記事
+ 媒 体
+ 月別記事
+ 参照サイト
+ 概 要