Rotary At Work

ロータリークラブの活動に関する記事抜粋
磯子RC 磯子署にテレビなど寄贈 創立60周年記念の一環で

【タウンニュース】

 

 

 磯子区内を中心に奉仕活動を展開している磯子ロータリークラブ(以下磯子RC/新田英通会長)は9月10日、磯子警察署を訪れ、テレビ、プロジェクター、ディスプレイを寄贈した=写真。

 今回の寄贈は、磯子RC設立60周年の記念事業奉仕活動の一環として行われた。磯子区内では9月9日現在、特殊詐欺の認知件数が47件で、被害額は約7150万円にのぼる。区民に注意を呼びかけるために使用したいという磯子署からの要望があり、テレビ、プロジェクターなどが贈られた。磯子署では、1階窓口にディスプレイを置き、署を訪れた人に特殊詐欺被害防止を呼びかけていくという。

 贈呈式で新田会長は「少しでも特殊詐欺の被害を減らすことができればと寄贈させて頂いた」とあいさつした。

 木村和裕署長は「このような立派なものを頂き感謝したい。特殊詐欺被害の検挙、抑止は署としての重要課題。昨日も7月の特殊詐欺犯人を逮捕したところ。引き続き検挙、抑止に取り組んでいきたい」と話した。

| 文責 | タウンニュース | 14:42 | - | - |
参加無料 世代間交流の卓球大会 3人1組で応募

【タウンニュース】

 

 

 卓球を通した世代間交流を目的とした「第8回ロータリーカップ卓球大会」が11月21日(土)、平沼記念体育館=神奈川区三ツ沢西町=で開催される。主催は横浜中ロータリークラブ

 今大会は新型コロナ感染拡大防止のため一部内容を変更。シングルスの団体戦となり3人1組のチームを募集中。対象は横浜市内在住・在勤者と近隣エリアの卓球愛好者。性別問わず3人の年齢差は10歳以上ずつ(60歳以上と15歳以下は年齢差制限なし)。予選リーグ後、決勝トーナメントを行う。午前10時開始。

 参加無料。先着順32チーム(96人)。参加賞、入賞賞品あり。「横浜中ロータリークラブ」HP内にある専用用紙で応募。申込みは10月1日まで。大会は中止になる場合もあり。問い合わせは太洋歯科クリニック内【電話】【FAX】045・663・5226。

| 文責 | タウンニュース | 10:05 | - | - |
南三陸への支援継続 2団体が計30万円寄附

【タウンニュース】

 

目録を手渡した販売実行委の佐藤周一さん(写真右)と、三浦RC副会長の奥山浩司さん(同左)

 

 三浦商工会議所、三浦市商店街連合会、三浦市職員厚生会で構成する「義援シャツ販売実行委員会」(岩野匡史委員長)は先月26日、三浦市役所で2020年度の義援シャツ販売結果報告を行った。

 東日本大震災の復興支援と市内経済活性化などを目的に、2011年から行われている。10回目となる今年はコロナ禍によりアロハシャツの取り扱いは見送られたが、440枚を販売。1着あたり500円が義援金に充てられるため、シャツの売り上げ22万円と三浦商工会議所からの3万円を宮城県南三陸町に届ける。

 三浦市は行政支援の一環として、震災発生直後から同町へ職員1人を派遣しており、人事課によると、現在は社会福祉分野の業務を担当しているという。

 また同日、三浦ロータリークラブ(三浦RC/土田成明会長)からの義援金5万円も寄せられ、吉田英男市長に目録が手渡された。

| 文責 | タウンニュース | 16:36 | - | - |
参加無料 世代間交流の卓球大会 3人1組で応募

【タウンニュース】

 

 

 卓球を通した世代間交流を目的とした「第8回ロータリーカップ卓球大会」が11月21日(土)、平沼記念体育館=神奈川区三ツ沢西町=で開催される。主催は横浜中ロータリークラブ

 今大会は新型コロナ感染拡大防止のため一部内容を変更。シングルスの団体戦となり3人1組のチームを募集中。対象は横浜市内在住・在勤者と近隣エリアの卓球愛好者。性別問わず3人の年齢差は10歳以上ずつ(60歳以上と15歳以下は年齢差制限なし)。予選リーグ後、決勝トーナメントを行う。午前10時開始。

 参加無料。先着順32チーム(96人)。参加賞、入賞賞品あり。「横浜中ロータリークラブ」HP内にある専用用紙で応募。申込みは10月1日まで。大会は中止になる場合もあり。(問)太洋歯科クリニック内【電話】【FAX】045・663・5226

| 文責 | タウンニュース | 17:33 | - | - |
MM本町小に本寄贈 MM21ロータリークラブ

【タウンニュース】

 

同クラブと校長・児童ら

 

 奉仕団体・横浜MM21ロータリークラブ(岩堀將会長)は9月4日、みなとみらい本町小学校(小正和彦校長)に、校内図書113冊を寄贈した。「開校3年目で本も少ない中、今回の寄贈は誠にありがたい」と小正校長。岩堀会長は「本が子どもたちの伸びる可能性や、好きなことを見つけるきっかけとなれば」と笑顔で話した。

| 文責 | タウンニュース | 17:32 | - | - |
秦野ロータリークラブ 奨学生が例会でスピーチ

【タウンニュース】

 

例会に出席した秦野RCの会員ら

 

 秦野ロータリークラブ(玉木茂会長)は8月25日に秦野商工会議所で例会を開催した。今回はその中で、同クラブの奨学生として今年入学した大学生を招いた。

 この日は同奨学生5人のうち3人が出席。3人は同クラブの会員の前で、リモート授業などでなかなか大学に直接通うことができない中で近況を話した。

 小田原短期大学に入学した小野寺未沙(みさ)さんは「先生が制作した動画などで勉強している。味噌汁の塩分の調整など自宅でできることを試している。大学で学んで管理栄養士を目指して勉強を続けたい」と話した。

 共立女子大学に入学した提箸(さげはし)実優さんは「オンライン授業は、何度も聞けるので自分のペースで勉強できるのがメリット。食物栄養学をしっかり勉強して、管理栄養士になるのが夢」とスピーチした。

 桜美林大学に入学した草山美海さんは「ミュージカル女優を目指しています。現在授業はオンラインですが素晴らしい先生から指導が受けられていて、ミュージカルの発声法などについて学んでいます」と話した。

| 文責 | タウンニュース | 16:01 | - | - |
川崎幸RC 消毒用アルコール寄付 幸区医師会に

【タウンニュース】

 

土倉会長(左)から目録を受け取る田角会長

 

 川崎幸ロータリークラブ(土倉護曜(もりあき)会長)は8月24日、幸区医師会(田角(たつの)喜美雄会長)に消毒用アルコール(18リットル×7箱)を寄付した。

 同クラブはコロナ禍で奮闘する医療従事者への支援を模索するなか、会員の医療関係者から「医療現場では消毒用アルコールが不足し、入手も困難」という話を聞いていた。土倉会長によると「偶然、消毒用アルコールを仕入れられるルートを持つ会員がいたことで今回の寄付に繋がった」という。

 田角会長は「大変ありがたい、有意義に使わせていただく」と感謝を述べた。

| 文責 | タウンニュース | 10:32 | - | - |
横浜緑ロータリークラブ 都筑区役所へ自転車寄贈 50周年事業として

【タウンニュース】

 

寄贈された自転車を前に、(右から)舟橋会長、中野区長、齊藤周年事業実行副委員長

 

 横浜緑ロータリークラブ(舟橋金之介会長)は8月26日、都筑区役所を訪れ中野創区長へ電動アシスト自転車(1台)を寄贈した。

 緑区を中心に横浜北部地域などで活動する同クラブは、今年の2月に創立50周年を迎えており、50周年事業として、都筑区役所への寄贈を決めた。

 中野区長は「貴重な寄付に感謝する。区としてほかに自転車を所有しているが、地域防災拠点の備蓄の確認時など、防災関係の業務を中心に有効に活用させて頂く」と述べた。

 舟橋会長は「我がクラブの50周年を機に、災害時の復興活動などに生かすための緑災害救援基金委員会を新設した。寄贈品は、災害時などの場面で有効に活用してもらいたい」話した。

| 文責 | タウンニュース | 16:33 | - | - |
警察署長から表彰 泉ロータリークラブ

【タウンニュース】

 

 

 奉仕団体の横浜泉ロータリークラブは8月21日、泉警察署から警察活動への支援に対する感謝状を贈呈された=写真。

 表彰は同日に行われた同クラブの例会の中でされたもの。この日は小林仁司泉警察署長が訪問。同クラブの飯田信也会長へ感謝状を手渡した。

 飯田会長は「横浜泉ロータリークラブの活動を評価していただき、大変光栄に思います」と話した。
 

| 文責 | タウンニュース | 16:32 | - | - |
栄区 「生ごみ処理器」購入を補助 横浜本郷RCが販売協力 1000円で購入可

【タウンニュース】

 

小型のミニ・キエーロ(土は別途必要)

 

 ごみ量の削減を目的に栄区役所が8月28日、栄区民を対象に生ごみ処理器「ミニ・キエーロ」の購入補助制度を開始した。あわせて奉仕団体の「横浜本郷ロータリークラブ」の協力を受けて9月1日から、区内3カ所で同製品の販売を始めた。販売価格は3000円だが、補助を活用すると1000円で購入できる(土は別途用意する必要あり)。

 「キエーロ」は土の中のバクテリアを利用して生ごみを消滅させる生ごみ処理容器。容器に黒土を入れえるだけの簡単な仕組みで臭いや虫も発生しにくく、処理後の土は堆肥として活用できるのが特徴だ。

 「ミニ・キエーロ」はキエーロの小型版。容量約27リットルでベランダにも置けるサイズとなっている(58cm×39cm×33cm)。栄区役所は2015年からモニターを募集して実際に区民に利用してもらい、このほど補助開始に踏み切った。

その場で手続き

 区内で新たに販売を開始したのは横浜本郷ロータリークラブ会員の(株)ファンケル飯島事務所(飯島町109の1)、(株)さくら住宅本社(桂台西2の4の3)、エミールの森ひよこ保育園(小山台1の33の10)の3カ所。その場で補助金申請書に記入をすれば同クラブが手続きを代行してくれるため、その場で補助を受けられる。区役所の担当者は「どなたでも手軽にできるので、ぜひ活用してほしい」と話す。

 問い合わせは栄区役所地域振興課資源化推進担当(【電話】045・894・8576)へ。

| 文責 | タウンニュース | 16:31 | - | - |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
+ 主な記事
+ 媒 体
+ 月別記事
+ 参照サイト
+ 概 要