Rotary At Work

ロータリークラブの活動に関する記事抜粋
被爆地の中間を平和拠点に 福岡・上毛町、来年植樹へ

【日本経済新聞】

 

広島と長崎の両被爆地を直線で結んだ中間に位置する福岡県上毛町を、両市に並ぶ第3の平和の発信拠点にする計画が進んでいる。被爆地以外の自治体に、核廃絶の声を上げにくい雰囲気を感じた広島市の被爆者で、建築家の錦織亮雄さん(81)が発案。坪根秀介町長は「少しでも平和に貢献できるなら」と受け入れを表明した。

まずは、被爆したクスノキなどの樹木の種から育てた苗木数本を来年8月にも町内の大池公園に植える予定。植樹には、両被爆地と町の小学生らを招待する計画を立てている。

2020年2月に創立60周年を迎える広島東南ロータリークラブの記念事業の一環。実行委員長を務める錦織さんが「両被爆地の中間地なら一緒に何かできそうだ」と考えたことが、きっかけとなった。

上毛町が両被爆地それぞれから約150キロの位置にあることが分かり、錦織さんが今年4月に坪根町長を訪ねて、事業を提案した。

町によると、大池公園は再開発中で、園内の池の中央に向かって東西から突き出た二つの陸地部分を広島ゾーン(東側)、長崎ゾーン(西側)として整備し、それぞれの都市の木を植える。今後は折り鶴や平和を祈るモニュメントの設置も検討している。

錦織さんは「原爆だけでなく戦争全体を考える発信地になってほしい」と話し、第3の平和拠点としての今後の取り組みに期待を寄せている。〔共同〕

| 文責 | 日本経済新聞 | 09:41 | - | - |
山形県村山市、東京五輪×バラで街おこし (とうほく地方創生 気になる現場)

【日本経済新聞】

 

 山形県村山市が2020年東京五輪・パラリンピックのホストタウンになった効果をいかそうと「ローズプロジェクト」を始めた。大規模なバラ公園がある同市は、ローズオイルなどで知られるブルガリアの新体操代表チームの誘致に成功した。華やかな選手団は大人気だが、地元でも低い「村山=バラ」の認知度を五輪を機に高めたい考えだ。

 19日、市内の東沢バラ公園で地元ロータリークラブがブルガリアの代表チームを招いてバラの…

| 文責 | 日本経済新聞 | 11:31 | - | - |
ソプラノ歌手田村麻子 母の期待はねのけオペラ回り道

【日本経済新聞】

 

2017年10月24日、埼玉県の川口総合文化センター・リリア音楽ホールで

 

 タイガー・マザー。徹底したスパルタ方式で子どもをエリートに育てる猛母のことだ。ニューヨーク在住のソプラノ歌手、田村麻子は「タイガー・マザーの教育」を受け、「失われた子ども時代」を送ったという。母が定めたピアニストの道をあきらめ、声楽に転じてキャリアを築き、心の安定を得たのは40歳を過ぎてからだ。

 

・・・

 

 

 プロ歌手として最初のチャンスは、25歳で訪れた。ロータリー日本財団の奨学金を得てイタリア留学の準備に着手した直後、札幌で開催中の国際教育音楽祭「パシフィック・ミュージック・フェスティバル(PMF)」のオペラ上演、モーツァルトの「コジ・ファン・トゥッテ」のデスピーナ役に来日したイタリア人ソプラノが体調を崩し、「もしかしたら本番を歌ってもらうかもしれない」と、代役のオファーが飛び込んできた。芸大大学院のオペラ科で麻子が歌うデスピーナを聴いていたピアニスト、森島英子の推薦だった。結局、本番はイタリア人がそのまま歌ったが、当時のPMFを切り盛りしていたマネジャーの佐野光徳の目にとまり、佐野の音楽事務所と契約、今日まで所属している。佐野はさらに、自身が関係するプラシド・ドミンゴ国際オペラ・コンクールへの受験を勧めた。

・・・

| 文責 | 日本経済新聞 | 09:24 | - | - |
私の「カラダ資本論」 ドライバーの飛距離ダウンは仕事よりストレス 第2回 大阪マラソンは6年連続で完走[ミズノ水野社長] 水野明人=ミズノ社長

【日経BP】

 

 

様々な分野で活躍する一流人が実践する健康管理術を紹介する本コラム。今回は、大手スポーツ用品メーカーであるミズノの水野明人社長にご登場いただく。スポーツを通して人々の健康に貢献するミズノは、2016年には社内向けに『健康経営宣言』を行い、2018年には『健康経営優良法人』にも選定されている。体育会バスケットボール部出身の水野さんは、毎朝の筋トレに加えて、週末のゴルフや時にはマラソンとスポーツ三昧の日々を楽しむ。2回目はゴルフやマラソンを楽しむ秘訣について聞いた。

 

 意外に思われるかもしれませんが、仕事でストレスを感じることはありませんね(笑)。社会奉仕を目的とする「ロータリークラブ」に入っていて、もう30年ほど毎月、会合に通っています。そこである講演の講師から「この中にストレスを感じない人はいますか」と聞かれて、私を含めて半分くらいが手を上げたんです。そうしたら「そういう人たちが周りにストレスをまいているんです」と厳しい指摘を受けました。「そうか、自分が相手にストレスを感じさせていたんか」と反省しましたね(笑)。

 

・・・

| 文責 | 日本経済新聞 | 09:29 | - | - |
成田ゆめ牧場に植樹 東京中央新ロータリー

【日本経済新聞】

 

 東京中央新ロータリークラブは3日、成田ゆめ牧場(千葉県成田市)で植樹イベントを開く。同…

| 文責 | 日本経済新聞 | 09:22 | - | - |
スポーツ用車いす、市に 福山のロータリークラブ

【日本経済新聞】

 

 福山ロータリークラブ(広島県福山市)は26日、福山市にスポーツ用車いす2台を寄付した。例会が3月5日に3000回となるのを記念…

| 文責 | 日本経済新聞 | 14:19 | - | - |
関西弁の壁 友と克服 歌舞伎 中村鴈治郎さん(もっと関西) 私のかんさい

【日本経済新聞】

 

 なかむら・がんじろう 1959年京都生まれ。67年東京・歌舞伎座で中村智太郎を名のり初舞台。95年五代目中村翫雀を襲名。2015年大阪松竹座「廓(くるわ)文章」の伊左衛門などで四代目中村鴈治郎を襲名。長男は中村壱(かず)太郎。

 

 ■歌舞伎俳優の四代目中村鴈治郎さん(58)は二代目中村扇雀(現・坂田藤十郎)さんと元宝塚歌劇団の俳優、扇千景さんの長男として生まれた。上方歌舞伎の家に生まれながら、学生時代までは関西との関わりは深くはなかった。

・・・

 

 2001年には大阪に部屋を借りた。すると、関西での仕事が入ってくるようになった。東京から呼ぶとなると、交通費や宿泊費が必要だが、大阪に住まいがあれば安上がりということなのだろう。朝日放送「おはよう朝日土曜日です」のコメンテーターも約2年務めた。そうこうするうちに、少しずつ大阪で認めてもらえるようになり、06年には大阪ロータリークラブに入会した。

・・・

| 文責 | 日本経済新聞 | 15:17 | - | - |
名古屋駅 ビルの谷間の薪能 変わる街並みと共に15年

【日本経済新聞】

 

■今年は7月30日に開催

 JR名古屋駅前の広場「タワーズガーデン」(名古屋市)で30日、薪能が開かれる。同駅周辺の再開発の初期段階である2002年から始まり、今年が16回目となる。リニア中央新幹線の開業を10年後に控え、街並みが大きく変わりゆくなか、主催者は名古屋駅の夏の風物詩として続けていきたいと意気込む。

 主催は「名古屋名駅ロータリークラブ」でつくる実行委員会。1999年にJRセントラルタワー…

| 文責 | 日本経済新聞 | 17:03 | - | - |
19年ラグビーW杯、被災地・釜石も期待 「ムード高める」
【日本経済新聞】

 ラグビー・ワールドカップ(W杯)イングランド大会での日本代表の躍進は、4年後の日本大会に向けた大きな追い風。開催都市の一つで、東日本大震災による津波被害を受けた岩手県釜石市の関係者は、ラグビー人気の一層の高まりに期待を寄せている。

 「相手国側の観客にも日本代表のプレーを褒められて誇らしかった」。中学2年の新田壮吾さん(13)は釜石東ロータリークラブの「ラグビー大使」として派遣され、イングランドで…
| 文責 | 日本経済新聞 | 09:14 | - | - |
「五輪への願い、届け」 吉報待ちわびる都内各所

【日本経済新聞】

パブリックビューイングで東京のプレゼンテーションに声援を送る人たち(7日夜、東京都世田谷区の駒沢体育館)

 東京都内では7日夜から、2020年夏季五輪の開催都市決定の模様を見守るパブリックビューイングが開かれた。多くのスポーツファンや五輪代表選手らが集まり、東京の最終プレゼンテーションの中継などを視聴。2度目の五輪開催に向け、8日早朝まで夜を徹して吉報を祈る。

 駒沢体育館(世田谷区)では約2千人が参加するパブリックビューイングを開催。7日午後10時半から会場に設置された240インチの大型スクリーンで東京の最終プレゼンの模様が流れると、大きな拍手が起こった。

 最終プレゼンを食い入るように見つめていた江東区の会社員、川内浩誌さん(29)は「発表者一人ひとりが自信を持って話していた。東京の良さが十分伝わったと思う」と安心した様子。

 世田谷区の会社員、川田定義さん(51)は「前回の1964年の東京五輪の際は2歳で記憶がない。日本人選手が東京で金メダルを獲得する瞬間に立ち会いたい」と期待を込めた。

 東京商工会議所(東京・千代田)では都幹部や経済界、新旧五輪代表選手らによる「開催都市決定を迎える会」が開かれた。約500人が詰めかけ、最終プレゼンの中継には、登壇者が登場するたびに大きな拍手で盛り上がった。

 ロータリークラブ理事の松宮剛さん(66)は「福島第1原発の汚染水漏れについて、理解を得られるかがポイント」と話していた。

| 文責 | 日本経済新聞 | 09:08 | - | - |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
+ 主な記事
+ 媒 体
+ 月別記事
+ 参照サイト
+ 概 要