Rotary At Work

ロータリークラブの活動に関する記事抜粋
芳賀日赤にマスク1万1千枚 真岡・益子ロータリークラブが寄贈 「ビビンバの素」も

【下野新聞】

 

本多院長にサージカルマスクを手渡す野澤会長(左から3人目)

 

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う医療現場のマスク不足に役立ててもらおうと、真岡ロータリークラブ(RC)は4月28日、栃木県芳賀地区の基幹病院である芳賀赤十字病院にサージカルマスク6千枚を寄贈した。

 

 野澤巧(のざわたくみ)会長ら3人が同病院を訪れ、本多正徳(ほんだまさのり)院長に手渡した。マスクは会員企業63社の善意金などを原資に海外から調達したという。また病院スタッフに健康に留意してもらおうと、会員企業が製造している「ビビンバの素」200袋も併せて贈った。

 益子RC(河原繁(かわらしげる)会長)も同日までに、サージカルマスク5千枚を同病院へ寄贈した。

 本多院長は「当院でもマスク不足は深刻であり、両RCの寄贈は本当にありがたい。『ビビンバの素』もスタッフらに配り、味わいたい。医療側への思いやりの気持ちをしっかりと受け止め、地域医療に努めていきたい」などと感謝した。

| 文責 | 下野新聞 | 13:04 | - | - |
休校長引きSOS 子どもの食事支援、寄付広がる 小山

【下野新聞】

 

「おひさま」に届けられた食品

 

 【小山】新型コロナウイルスの影響に伴う休校の長期化で学校給食がなくなり、家庭で十分な食事を取ることができない子どもを支援しようと、食品を寄付する動きが広がりつつある。子どもの支援に取り組むNPO法人「子どもの育ちを支える会さくらネット小山」の高橋弘美(たかはしひろみ)理事長(60)は「子どもたちのことを考えてもらえてありがたい」と感謝。休校が続く間、食品の寄付を受け付けている。

 市と連携して生活困窮などの問題を抱える子どもを支援する市内2カ所の子どもの居場所「シリウス」と「おひさま」には23日、数十箱のカップ麺やパンなどの食品が届けられた。

 小山ロータリークラブ(吉光寺俊夫(きっこうじとしお)会長)とNPO法人自動車流通市場研究所(中尾聡(なかおさとし)理事長)が「給食が一日で唯一、安定した食事の機会だった」という子どものSOSを聞いて急きょ集めた。ほかにも市内の農家やパン製造業者などが協力に前向きだという。

 2カ所の居場所は道の駅思川やよつ葉生協などから定期的に食材の提供を受け、居場所で作る夕飯の材料などに充てている。しかし休校が長引き、家庭での食事も支援する必要が出てきた。

 「おひさま」で市や法人独自の支援事業を通して60〜70人の子どもと関わる高橋理事長は「おいしい物が食べられれば心も満たされる」と協力を求めている。(問)さくらネット小山0285・37・7976。

| 文責 | 下野新聞 | 13:50 | - | - |
コロナ拡大で米国留学生帰国へ 那須烏山、烏山高のケイルブさん

【下野新聞】(青少年交換)

 

川俣市長(左)からプレゼントを受け取るケイルブさん(中央)

 

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、交換留学生として昨年8月から栃木県那須烏山市に滞在していたケイルブ・ネイバースさん(18)が15日に米国に帰国することになった。米国大使館や家族の要請を受け、予定が早まった。14日には川俣純子(かわまたじゅんこ)市長を表敬訪問し「まだ日本にいたかった。悲しい」と別れを惜しんだ。

 ケイルブさんは烏山ロータリークラブ(萩原宣子(はぎわらのぶこ)会長)の60周年記念事業の一環として市を訪れ、烏山高に通っていた。

 今年6月まで市にいる予定だったが、新型コロナウイルスの影響で3月になると登校できなくなった。東京や京都に行く予定や、県外の留学生との交流もなくなった。ホームステイ先にとどまり、1人で市内を散歩する時間が増えた。

 ケイルブさんは早期の帰国を残念がる一方で、「休み時間に友達とバスケットボールやトランプをしたこと、つらかったマラソン大会、おいしいラーメンやカラオケなど、いい思い出がたくさんできた」と、8カ月間の滞在で覚えた流ちょうな日本語で話した。

 萩原会長は「日本語を覚え一番楽しい時期にコロナが拡大し、交流の場が減ってしまった」と悔やみ、川俣市長は「残念だが、米国に帰って日本の良さを広めてほしい」と話した。

 ケイルブさんは「那須烏山市が大好きになった。コロナが終息したら、また訪れたい」と笑顔を見せた。

| 文責 | 下野新聞 | 09:36 | - | - |
噴射実験に児童ら歓声 足利の科学ショーに150人

【下野新聞】

 

科学実験に沸く参加児童ら

 

 【足利】全国で理科実験の出張イベントなどを運営している「アインシュタインラボ」(横浜市)によるサイエンスショーが15日、有楽町の市民会館小ホールで開かれ、市内の小中学校に通う子ども約150人が参加し、科学実験を楽しんだ。

 市民団体「学舎(まなびや)足利」(江黒里美(えぐろさとみ)代表)が企画し、足利ロータリークラブの支援で実施した。

| 文責 | 下野新聞 | 09:50 | - | - |
足利で子ども議会初開催 食品ロス巡り質問、提案

【下野新聞】

 

市執行部に質問する亀井さん

 

 【足利】市内の小学生が政策提案などを体験する「足利子ども議会」が8日、市議会議場で初めて開かれ、15人の子ども議員が市執行部にさまざまな質問をぶつけた。

 子どもたちに主体性や行動力を身に付けてもらおうと、足利わたらせロータリークラブが企画した。9小学校に通う4〜6年生が参加し、議長は事前に選ばれた桜小6年中島優太(なかじまゆうた)君(12)と小俣小6年黒崎斗羽(くろざきとわ)君(12)が交代で務めた。

| 文責 | 下野新聞 | 10:07 | - | - |
自動車業界で子ども支援 貧困家庭に進学と就労を 元社長がNPO法人設立

【下野新聞】

 

バスで都内の自動車関連企業の見学ツアーに出発する子どもたちにあいさつする中尾さん(中央)

 

 【小山】自動車関連企業の経営に長年携わってきた宮本町3丁目、中尾聡(なかおさとし)さん(58)が社長を退き、育児放棄や貧困状態にある子どもの進学と就労を支援するためのNPO法人を設立した。市内2カ所の子どもの居場所と連携して自動車業界の仕事体験や学習の機会を提供し、将来、子どもが希望する場合は就職を仲介する。福祉以外の“異業種”の取り組みとして関係者の注目を集めている。

 NPO法人「自動車流通市場研究所」として昨年11月に市の認可を受け、中尾さんが理事長に就任した。宮本町3丁目に事務所を構え、2人の常勤スタッフとともに1月から活動を本格化させる。

 中尾さんは中古車競売事業などを手掛けるソウイング(犬塚8丁目)の元社長。ロータリークラブの慈善活動を通して子どもの貧困問題に関心を持ち、市内で子どもの居場所を運営する二つのNPO法人の支援に関わり始めた。

| 文責 | 下野新聞 | 14:57 | - | - |
サンマ味わい復興支援 2千匹、炭火で焼き上げ 宇都宮

【下野新聞】

 

炭火でサンマを焼くスタッフたち=2日午前、宇都宮市中央1丁目

 

 東日本大震災の復興支援イベント「宇都宮・気仙沼さんま祭り」が2日、宇都宮市中央1丁目のまちかど広場で開かれた。秋晴れの下、家族連れなどが宮城県気仙沼市で水揚げされたサンマを味わった。

 宇都宮ロータリークラブ、宇都宮法人会の共催。震災直後に同クラブが気仙沼市の漁協にトラック2台を贈ったことがきっかけで始まり、7回目となった。

 会場周辺には秋の味覚を待ちわびる人々の行列ができ、スタッフは炭火でサンマ計2千匹を次々と焼き上げていった。作業を手伝った文星芸大付属高2年佐藤真大(さとうまひろ)さん(17)は「地域の皆さんにおいしいサンマを食べてほしい」と話した。

| 文責 | 下野新聞 | 17:12 | - | - |
アジサイ植樹で看板設置 栃木・太平山神社参道にロータリークラブ

【下野新聞】

 

看板の披露式で、スコップを入れる大木委員長(右)

 

 【栃木】栃木ロータリークラブ(茂呂章(もろあきら)会長)は22日、アジサイの名所として知られる太平山神社の参道脇でアジサイの植樹を記念する看板の披露式を行った。

 同神社は約60年前から、参道周辺にアジサイを植え始めた。今では約2500株の西洋アジサイやガクアジサイなどが植えられ、「あじさい坂」の愛称で親しまれる。見頃となる6、7月は多くの観光客でにぎわう。

 同クラブは「花の坂を造ろう」を合言葉に、3年前から参道周辺で桜などの植樹を始めた。今年は3月中旬、神社と随神門(ずいしんもん)の間の石段沿いにアジサイ30株を植樹。新元号を祝おうと、改元後のこの日、関係者を招いて看板を披露した。

| 文責 | 下野新聞 | 09:29 | - | - |
鹿沼東高の留学生ら情報提供呼び掛け 日光のフランス人行方不明事件で

【下野新聞】

 

チラシを配布して情報提供を呼び掛ける鹿沼東高の生徒ら=9日午前、東武日光駅

 

 昨年7月に日光市を訪れ行方不明となっているフランス国籍、教員補助ベロン・ティフェヌ・マリー・アリックスさん(36)の情報提供を呼び掛けようと、フランスから留学中の高校生らが9日、東武日光駅などで広報活動を行った。

 昨年8月に来日し留学中の鹿沼東高2年コラン・ペノ・エリンさん(18)や同校の生徒、日光署員、鹿沼中央と日光の両ロータリークラブのメンバーら計約40人が参加。

| 文責 | 下野新聞 | 15:50 | - | - |
好きな仕事で夢実現を 中学生に出前講座を開催 鹿沼東RC

【下野新聞】

 

調理師の講義で、大根の桂むきの実演に見入る中学生

 

 【鹿沼】鹿沼東ロータリークラブ(RC)は6日、会員らが中学生に自身の仕事を伝え、将来の職業選択、進路決定に役立ててもらう「仕事を知ろう! 出前講座(マイリサーチ)」を西中で開いた。

 同RCの職業奉仕委員会(美野輪弘之(みのわひろゆき)委員長)が主催。1年生121人が参加し、美容師、建築士、車の整備士、コンピューター関連など多様な職業の10人が各教室に分かれ講義した。

| 文責 | 下野新聞 | 09:44 | - | - |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
+ 主な記事
+ 媒 体
+ 月別記事
+ 参照サイト
+ 概 要