Rotary At Work

ロータリークラブの活動に関する記事抜粋
宴会なく ホテル経営に打撃 コロナで栃木県内 空気清浄機など対策も

【下野新聞】

 

宴会場に設置された空気清浄機。会合中、10台がフル稼働した=2日午後、宇都宮市西原町

 

 新型コロナウイルスの感染拡大が、宴会を収益の柱とする栃木県内のホテルの経営に大打撃を与えている。3月以降、歓送迎会や団体の総会、懇親会などの開催がなくなったためだ。小規模な会合が戻り始めたホテルもあるが、コロナ禍前の水準まで回復する見通しは立っていない。「いつまでこの状況が続くのか」。各ホテルは不安を抱えつつ、感染防止策を強化して営業を続けている。

 宴会場の壁際に、等間隔で空気清浄機が並んでいた。宇都宮市西原町の宇都宮グランドホテルで2日に開かれた宇都宮陽東ロータリークラブの例会。20畳用の空気清浄機10台は会合中、フル稼働した。

 「空気を循環させる意味でも有効では。見た目にも安心だ」。同クラブの上野裕之(うえのひろゆき)会長(72)は対策を歓迎した。

 同ホテルは7月、計110台の空気清浄機を導入し、10ある宴会場と58室の全客室に配置した。小林博昭(こばやしひろあき)副社長(59)は「空間除菌の方法を検討した結果、これがベストだと判断した」と説明する。

 宴会と宿泊の売り上げ割合が8対2という同ホテル。歓送迎会や総会などが集中した3〜6月の予約は全てキャンセルとなり、売り上げは例年の半分以下に激減した。

 7月から日中の会合が徐々に戻ったが、夜は依然として「ほぼゼロ」が続く。通常より広い会場を提供するなど感染防止対策を講じており、小林副社長は「安心安全を地道にアピールするしかない」と語った。

 小山市神鳥谷の小山グランドホテルも3月以降、20人以上の宴会がなくなり、売り上げは前年比8〜9割減となった。

 館内の消毒や客の検温など対策を徹底しているが、伊藤憲(いとうけん)支配人(62)は「暑気払いといった夏の需要も限定的でどうにもならない」。年末に向けて忘年会シーズンが控えるが、「予約をキャンセルされる恐れもある。見込みは厳しい」と不安は尽きない。

 感染拡大のリスクから、主催イベントにも及び腰にならざるを得ない。宇都宮市大通り2丁目のホテルニューイタヤは歌手らをゲストに迎えたディナーショーが人気だが、今後の予定は白紙だ。担当者は「感染を恐れてお客さまが集まらない」と苦悩する。売り上げ増のためには積極的なイベント企画が必要だが「動くに動けない。じくじたる思いだ」と胸中を明かした。

| 文責 | 下野新聞 | 10:28 | - | - |
日光の夜空に“元気玉” 今市RC

【下野新聞】

 

夜空を彩った打ち上げ花火

 

 【日光】青少年の健全育成などに取り組む「今市ロータリークラブ(RC)」は13日夜、新型コロナウイルスの収束を願い、子どもたちを元気づけようと、今市の大谷川河川敷で花火を打ち上げた。

 今年はコロナの影響で夏休みが短くなったり、毎年恒例の花火大会や日光杉並木マラソン大会などイベントが中止となったことを受けて、同RCが初めて企画した。

| 文責 | 下野新聞 | 16:56 | - | - |
感謝の花火500発 那珂川・馬頭小川RC

【下野新聞】

 

医療従事者への感謝の気持ちを込めて打ち上げられた花火

 

 【那珂川】馬頭小川ロータリークラブは10日夜、小川地区の那珂川河川敷で新型コロナウイルスの収束を願う花火を打ち上げた。

 鷲子山上(とりのこさんしょう)神社の長倉樹(ながくらたてる)宮司が疫病退散などを祈願した後、医療従事者への感謝の気持ちを込めた約500発の花火が打ち上げられた。町内や近隣市町から集まった人々は、静かに夏の夜空を見上げた。

 この日は日中に同所で「鮎とマスのつかみ取り」を行う予定だったが、新型コロナの感染拡大を受け急きょ中止となった。同クラブの斎藤正雄(さいとうまさお)会長は「つかみ取りの中止は残念だが、花火は予定通り実施できた。協力いただいた方々に感謝したい」と話した。

| 文責 | 下野新聞 | 09:57 | - | - |
熊本・人吉市へ、那須水害時の“恩返し” 那須塩原・黒磯ロータリークラブが支援物資

【下野新聞】

 

支援物資を送った黒磯ロータリークラブの大島会長(左から5人目)ら(提供写真)

 

 【那須塩原】黒磯ロータリークラブはこのほど、7月の豪雨で被害を受けた熊本県人吉市に支援物資を送った。

 1998年の那須水害時に全国のボランティアに助けてもらった恩を返そうと、同クラブの大島三千三(おおしまみちぞう)会長(61)が発案。水害発生時、黒磯那須青年会議所の理事長としてボランティアと共に汗を流した大島会長は「この恩をどう返そうかいつも考えている」という。「(人吉市は)那須地区と同じ温泉がある観光地で人ごととは思えなかった」

 新型コロナウイルス感染拡大を避けるため現地入りは断念し、支援物資を収集。同クラブのメンバー以外からもタオルやアルコール消毒液、飲食料などが計400キロ集まり、順次発送した。物資は人吉中央ロータリークラブを通じ、必要とする場所に配布される。

 今後も状況に応じて、支援を続ける予定。大島会長は「コロナと災害の二重苦だが、負けずに温泉地として復興してほしい」とエールを送った。

| 文責 | 下野新聞 | 09:44 | - | - |
芳賀日赤にマスク1万1千枚 真岡・益子ロータリークラブが寄贈 「ビビンバの素」も

【下野新聞】

 

本多院長にサージカルマスクを手渡す野澤会長(左から3人目)

 

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う医療現場のマスク不足に役立ててもらおうと、真岡ロータリークラブ(RC)は4月28日、栃木県芳賀地区の基幹病院である芳賀赤十字病院にサージカルマスク6千枚を寄贈した。

 

 野澤巧(のざわたくみ)会長ら3人が同病院を訪れ、本多正徳(ほんだまさのり)院長に手渡した。マスクは会員企業63社の善意金などを原資に海外から調達したという。また病院スタッフに健康に留意してもらおうと、会員企業が製造している「ビビンバの素」200袋も併せて贈った。

 益子RC(河原繁(かわらしげる)会長)も同日までに、サージカルマスク5千枚を同病院へ寄贈した。

 本多院長は「当院でもマスク不足は深刻であり、両RCの寄贈は本当にありがたい。『ビビンバの素』もスタッフらに配り、味わいたい。医療側への思いやりの気持ちをしっかりと受け止め、地域医療に努めていきたい」などと感謝した。

| 文責 | 下野新聞 | 13:04 | - | - |
休校長引きSOS 子どもの食事支援、寄付広がる 小山

【下野新聞】

 

「おひさま」に届けられた食品

 

 【小山】新型コロナウイルスの影響に伴う休校の長期化で学校給食がなくなり、家庭で十分な食事を取ることができない子どもを支援しようと、食品を寄付する動きが広がりつつある。子どもの支援に取り組むNPO法人「子どもの育ちを支える会さくらネット小山」の高橋弘美(たかはしひろみ)理事長(60)は「子どもたちのことを考えてもらえてありがたい」と感謝。休校が続く間、食品の寄付を受け付けている。

 市と連携して生活困窮などの問題を抱える子どもを支援する市内2カ所の子どもの居場所「シリウス」と「おひさま」には23日、数十箱のカップ麺やパンなどの食品が届けられた。

 小山ロータリークラブ(吉光寺俊夫(きっこうじとしお)会長)とNPO法人自動車流通市場研究所(中尾聡(なかおさとし)理事長)が「給食が一日で唯一、安定した食事の機会だった」という子どものSOSを聞いて急きょ集めた。ほかにも市内の農家やパン製造業者などが協力に前向きだという。

 2カ所の居場所は道の駅思川やよつ葉生協などから定期的に食材の提供を受け、居場所で作る夕飯の材料などに充てている。しかし休校が長引き、家庭での食事も支援する必要が出てきた。

 「おひさま」で市や法人独自の支援事業を通して60〜70人の子どもと関わる高橋理事長は「おいしい物が食べられれば心も満たされる」と協力を求めている。(問)さくらネット小山0285・37・7976。

| 文責 | 下野新聞 | 13:50 | - | - |
コロナ拡大で米国留学生帰国へ 那須烏山、烏山高のケイルブさん

【下野新聞】(青少年交換)

 

川俣市長(左)からプレゼントを受け取るケイルブさん(中央)

 

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、交換留学生として昨年8月から栃木県那須烏山市に滞在していたケイルブ・ネイバースさん(18)が15日に米国に帰国することになった。米国大使館や家族の要請を受け、予定が早まった。14日には川俣純子(かわまたじゅんこ)市長を表敬訪問し「まだ日本にいたかった。悲しい」と別れを惜しんだ。

 ケイルブさんは烏山ロータリークラブ(萩原宣子(はぎわらのぶこ)会長)の60周年記念事業の一環として市を訪れ、烏山高に通っていた。

 今年6月まで市にいる予定だったが、新型コロナウイルスの影響で3月になると登校できなくなった。東京や京都に行く予定や、県外の留学生との交流もなくなった。ホームステイ先にとどまり、1人で市内を散歩する時間が増えた。

 ケイルブさんは早期の帰国を残念がる一方で、「休み時間に友達とバスケットボールやトランプをしたこと、つらかったマラソン大会、おいしいラーメンやカラオケなど、いい思い出がたくさんできた」と、8カ月間の滞在で覚えた流ちょうな日本語で話した。

 萩原会長は「日本語を覚え一番楽しい時期にコロナが拡大し、交流の場が減ってしまった」と悔やみ、川俣市長は「残念だが、米国に帰って日本の良さを広めてほしい」と話した。

 ケイルブさんは「那須烏山市が大好きになった。コロナが終息したら、また訪れたい」と笑顔を見せた。

| 文責 | 下野新聞 | 09:36 | - | - |
噴射実験に児童ら歓声 足利の科学ショーに150人

【下野新聞】

 

科学実験に沸く参加児童ら

 

 【足利】全国で理科実験の出張イベントなどを運営している「アインシュタインラボ」(横浜市)によるサイエンスショーが15日、有楽町の市民会館小ホールで開かれ、市内の小中学校に通う子ども約150人が参加し、科学実験を楽しんだ。

 市民団体「学舎(まなびや)足利」(江黒里美(えぐろさとみ)代表)が企画し、足利ロータリークラブの支援で実施した。

| 文責 | 下野新聞 | 09:50 | - | - |
足利で子ども議会初開催 食品ロス巡り質問、提案

【下野新聞】

 

市執行部に質問する亀井さん

 

 【足利】市内の小学生が政策提案などを体験する「足利子ども議会」が8日、市議会議場で初めて開かれ、15人の子ども議員が市執行部にさまざまな質問をぶつけた。

 子どもたちに主体性や行動力を身に付けてもらおうと、足利わたらせロータリークラブが企画した。9小学校に通う4〜6年生が参加し、議長は事前に選ばれた桜小6年中島優太(なかじまゆうた)君(12)と小俣小6年黒崎斗羽(くろざきとわ)君(12)が交代で務めた。

| 文責 | 下野新聞 | 10:07 | - | - |
自動車業界で子ども支援 貧困家庭に進学と就労を 元社長がNPO法人設立

【下野新聞】

 

バスで都内の自動車関連企業の見学ツアーに出発する子どもたちにあいさつする中尾さん(中央)

 

 【小山】自動車関連企業の経営に長年携わってきた宮本町3丁目、中尾聡(なかおさとし)さん(58)が社長を退き、育児放棄や貧困状態にある子どもの進学と就労を支援するためのNPO法人を設立した。市内2カ所の子どもの居場所と連携して自動車業界の仕事体験や学習の機会を提供し、将来、子どもが希望する場合は就職を仲介する。福祉以外の“異業種”の取り組みとして関係者の注目を集めている。

 NPO法人「自動車流通市場研究所」として昨年11月に市の認可を受け、中尾さんが理事長に就任した。宮本町3丁目に事務所を構え、2人の常勤スタッフとともに1月から活動を本格化させる。

 中尾さんは中古車競売事業などを手掛けるソウイング(犬塚8丁目)の元社長。ロータリークラブの慈善活動を通して子どもの貧困問題に関心を持ち、市内で子どもの居場所を運営する二つのNPO法人の支援に関わり始めた。

| 文責 | 下野新聞 | 14:57 | - | - |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
+ 主な記事
+ 媒 体
+ 月別記事
+ 参照サイト
+ 概 要