Rotary At Work

ロータリークラブの活動に関する記事抜粋
眼鏡の街からバリ島にプレゼント 識字率向上、子どもへ1000個

【福井新聞】

 

現地の子どもに眼鏡をかけるなど、寄贈に向けて交流した大島恒彦前会長=3月、インドネシア・バリ島

 

 インドネシア・バリ島の子どもたちの識字率向上に貢献しようと、福井県鯖江市の鯖江ロータリークラブ(RC)などは同国に眼鏡フレーム約千個を贈った。世界的な眼鏡産地である鯖江市ならではの取り組みで、同市の眼鏡企業の協力で実現。同RCの大島恒彦前会長は「貧困に苦しむ子どもは大勢いる。教育を正しく受ける環境づくりに役立ててほしい」と期待している。

 同RCによるとインドネシアでは富裕層と貧困層の教育格差が大きく、入学前の健康診断もないため、子どもたちは自分が近視であることを認識しておらず、親の多くも気づいていないという。

 そんな状況を改善しようと現地のRCは、交流のある北海道東部をエリアとする国際ロータリー第2500地区に対し子ども向けの眼鏡の寄贈を依頼。だが2500地区では大量の眼鏡を用意することが困難だったため、眼鏡枠製造で9割以上の国内シェアを誇る鯖江市に注目。連携を呼び掛けてきた。

 鯖江RCは、国際的な社会奉仕活動に取り組む志を同じとするRCとして、地区を超えた共催事業を行うことを決め、昨年夏から準備に取りかかった。県眼鏡協会に協力を要請した結果、会員企業から眼鏡枠約500個が無料で、約500個が安価に提供された。今年3月には大島前会長らがバリ島を訪れ、現地RCの会員や子どもたちと交流。眼鏡を贈ることを伝え、5月ごろにまず約250人に届けられた。

 眼鏡を受け取った小学5年生の男児からは「眼鏡のおかげでよく見えるようになった。しっかり勉強します」とメールで鯖江RCに感謝の言葉が寄せられている。現地RCの一つタマンRCの幹部からは「子どもたちの目の状況を知るいい機会にもなり、想像以上に目の悪い子が多かった」と、今回の取り組みの意義が伝えられてきたという。

| 文責 | 福井新聞 | 09:06 | - | - |
行方不明対策で認知症の夫にGPS 第7景・認知症(6)

【福井新聞】

 

福井フェニックスロータリークラブが貸し出しているGPS発信器が、かかと部分に埋め込まれた靴

 

・・・

 行方不明者対策として注目されるのが、衛星利用測位システム(GPS)発信器だ。福井市の福井フェニックスロータリークラブ(RC)は昨年9月、縦3センチ、横4センチ、厚さ1センチほどのGPS発信器を認知症の20人に無料で2年間貸し出す試みを始めた。発信器を靴の底に埋め込むなどしスマートフォンなどで居場所を把握する。同RCの杉田尊会長(56)は「介護する家族の負担を少しでも軽減し、笑顔を取り戻してもらいたかった」と語る。

・・・

| 文責 | 福井新聞 | 09:36 | - | - |
生活保護、貧困「さみしかった」 女子大生、フォーラムで訴え

【福井新聞】

 

講演やパネルディスカッションを通し、子どもの貧困対策を考えたフォーラム=5月12日、福井県福井市のハピリンホール

 

 近年問題となっている子どもの貧困対策を考えるフォーラムは5月12日、福井県福井市のハピリンホールで開かれた。パネルディスカッションで、母子家庭で生活保護を受けながら育った女子大生が「母は仕事で家におらず、とにかくさみしかった。周りの人たちにもう少し助けてもらえたら、との思いがある」と述べ、社会全体での支援の必要性を訴えた。

 子どもの貧困の実態を知ってもらおうと、福井ロータリークラブが開いた。

 パネルディスカッションで、県総合福祉相談所こども・女性支援課の芝康弘課長が、県内の現状を報告。経済的な理由などで、乳児院や児童養護施設に入所する児童数は増加傾向にあり、2016年度は213人となっている。芝課長は「施設を利用している約6割の子どもは虐待を受けた経験がある」とし、1993年度に3件だった相談件数は、16年度は510件になったことを明らかにした。

 花園大学1年の女子学生は、これまでの人生を振り返った。「経済的に苦しく、小中学校の修学旅行は行っていない。児童相談所で一時保護されたこともある。大学に進学したが、一人でできないことは多い」と、18歳以降も支援が必要と求めた。福井県越前市の児童養護施設に勤める浜崎裕太さんは「入所している児童は、自己肯定感や自尊心が低い。進学や就労の面で大きな壁がある」と課題を指摘した。

 これに先立ち、子どもの貧困をテーマにした番組を制作したNHK大阪放送局の新井直之ディレクターが講演した。全国の子どもの6人に1人が月収約20万円以下の家庭で生活しているという。「子どもの貧困は、家庭的な問題で踏み込みづらく、可視化しにくい」とした上で、「未来への投資と考え、子どもは社会全体で育てる意識をみんなが持たないと救うことはできない」と強調した。

| 文責 | 福井新聞 | 09:27 | - | - |
高齢者の徘徊対策へ靴にGPS 発信器貸与、PCやスマホで把握

【福井新聞】

 

徘徊者の居場所が分かるGPS発信器(左)と発信器を埋め込んだ靴=8月31日夜、福井市日之出公民館

 

 福井フェニックスロータリークラブ(RC)は、徘徊(はいかい)中の高齢者の居場所を探索する衛星利用測位システム(GPS)発信器を福井市内の20人に、本年度から2年間無償で貸し出す。発信器は靴に埋め込むなどして、パソコンやスマートフォンで即座に徘徊者の居場所を把握できる仕組み。同RCは「高齢者を介護する家族の負担を少しでも減らせたら」としている。

 同RCの25周年記念事業として企画。市地域包括ケア推進課によると、県内で2016年に認知症による徘徊で行方不明になったのは121人に上り、増加傾向にあるという。GPSで徘徊者の居場所を把握する取り組みは、県内では珍しいという。同RCが同課を通じて希望者を募った。

 GPS発信器は縦3センチ、横4センチ、厚さ1センチほどで、重さ30グラム。インターネットの専用ページにアクセスすると、発信器所持者の居場所を探索、特定し地図データをパソコンやスマホで見ることができる。貸出期間は19年7月まで。発信器の代金や通信料など事業費は約100万円。

 発信器は靴の中敷きのかかと部分の下に埋め込むことを想定。専用靴の購入費や専門店での靴の加工費5千円を補助するほか、靴を持参すれば同RC会員が無償で加工する。

 市日之出公民館で8月31日夜、希望者への貸与式が行われた。市内在住の40代女性は「父が徘徊し、福井から越前市まで歩いたことがある。子ども用のGPS機能付き携帯電話を持たせて位置を把握しているが、家に置いていくこともあるので、靴用のGPSがあればありがたい」と話していた。

 同RCの杉田尊会長(54)は「手探りのスタートだが、効果がしっかり確認できれば市に事業化を働きかけたい」としており、今後利用者から意見を募り検証する。

| 文責 | 福井新聞 | 09:45 | - | - |
人つなげる食のイベント通し成長 身近な魅力、福井にはあるはず

【福井新聞】

 

空きビルを再生して設けたカフェで、福井県内農家の女性から野菜のおいしさを教わる子どもたち=11月3日、福井市中央1丁目のガレリア元町商店街

 

 福井市のガレリア元町商店街の空きビルをリノベーションした「これからビル」のカフェで、子どもたちが福井の野菜や郷土料理のおいしさに触れるワークショップを楽しんでいる―。ピクニックに出掛けるようにまちなかを気軽に楽しんでもらおうと、11月3日に開いたイベント「不自然ピクニック」(福井北ロータリークラブ、まちづくり企画班主催)の光景だ。

 目的は、これからビルや、近くの商店街の広場「新栄テラス」を活用してまちににぎわいを生むこと。加えて企画班にとっては、発足当初から続けてきた食のイベント「ふくいフードキャラバン」の集大成という大きな意味があった。

 1日3回のワークショップの講師は、県内農家や地域で郷土料理を守っている女性たちの4グループ。いずれも約2年間で県内7カ所を巡ったフードキャラバンを、ともに作り上げてくれた地域の皆さんだ。福井のまちなかと各地をつなぐことは目標の一つだっただけに、うれしい一日になった。 ・・・

| 文責 | 福井新聞 | 10:40 | - | - |
「不自然ピクニック」無事終了 まちづくり企画班日記

【福井新聞】

 

野菜や水の味比べを通じ、県産食材の魅力を発信した福井北ロータリークラブのコーナー=3日、福井市中央1丁目の新栄テラス

 

 本紙「まちづくりのはじめ方」企画班が昨年に続いて手掛けたイベント「不自然ピクニック」が3日、無事終了した。福井市のガレリア元町商店街の空きビルを再生しカフェとコワーキングスペースを設けた「これからビル」と、近くの商店街に生まれた新空間「新栄テラス」が舞台。まちなかは山も川もないけれど、工夫次第でピクニックに出掛けるように気軽に楽しめるというメッセージを込めた。

 2年目の今回は福井北ロータリークラブが主催者として盛り上げた。当日は会場設営をはじめ、県産トマトや里芋などを県外産と食べ比べるコーナーを独自に設け、会員27人がイベントの盛り上げに汗を流した。コーナーには約200人が訪れ、福井の食材のおいしさを実感していた。

 同クラブのまちなかでの奉仕活動は、夏に道路の融雪装置を使って暑さを和らげた2011年の「スーパー打ち水大作戦」以来だという。井村裕治会長は「新幹線延伸を前に福井のまちは変わらないといけないとき。福井の食材の良さを生かし、おもてなしやまちのにぎわいにつなげていく活動ができたのではないか」と振り返る。

 県内で農業に従事する女性たちのグループ「ふくふく会」も、イベントの成功に力を貸してくれた。核となるワークショップの講師陣を担うだけでなく、テラスでは各農家の新鮮野菜や加工品をそろえたマルシェを開いた。会にとってマルシェは初の挑戦。土田未来子会長は「思いの同じメンバーが集まると化学反応が起き、大きなことができると分かった」と充実感をにじませた。

 こうしたイベントは一過性かもしれないが、今後のまちづくりに何らかのいい影響が出てくると思う。

| 文責 | 福井新聞 | 09:25 | - | - |
福井のまちなかでピクニック満喫 郷土の味教わり、お弁当手作り

【福井新聞】

 

「不自然ピクニック」で子どもが作ったお弁当などを味わう親子連れ=3日、福井市中央1丁目の新栄テラス

 

 まちなかでピクニックを楽しむイベント「不自然ピクニック」が3日、福井市中央1丁目の広場「新栄テラス」をメイン会場に開かれた。ピクニックの“お弁当”は、福井の食をテーマにしたワークショップで手作りしたり、周辺飲食店からイチ押しメニューをテークアウトしたりして調達。1日限りのピクニック広場として飾り付けられた会場で、家族連れらがのんびりとまちなか空間を楽しんだ。

 まちづくりの実践に取り組む福井新聞の記者による連載「まちづくりのはじめ方」企画班が、野山にピクニックに出掛けるようにまちなかを楽しんでもらおうと昨年に続いて開いた。今回は福井北ロータリークラブ(RC)が、中心市街地のにぎわい創出を目的に企画運営に全面協力した。

 ガレリア元町商店街のカフェ「sumu(すむ)」で開かれたワークショップは、企画班が県内各地で展開してきた食のイベント「ふくいフードキャラバン」に登場した地域の食の担い手たちが講師陣として集結。農業に携わる県内女性グループ「ふくふく会」は、5〜10歳児16人に簡単なお弁当作りを手ほどきした。食材はメンバーが愛情を込めて育てたお米や野菜。楽しく福井の食のおいしさを伝えた。

 福井市の一乗ふるさと料理クラブと越廼漁協「ぬかちゃんグループ」は、郷土料理の試食を通じて県内の中高生23人に古里の暮らしの豊かさを実感してもらった。鯖江市河和田地区の女性グループ「うるしの里いきいき協議会」は、地域伝統の薬味「山うに」の作り方を、公募で集まった24人に伝授した。

 新栄テラスは、カラフルな小旗や雑貨で飾り付けてピクニック気分を演出。福井北RCは県産野菜のおいしさを体験できるコーナーを設け、ふくふく会は自慢の野菜や加工品を販売するマルシェを開き、会場を盛り上げた。

 来場者は、周辺協賛店のお薦めテークアウトメニューをまとめた地図を手に、まち歩きとピクニックを一緒に楽しんだ。家族3人で山うにのワークショップに参加した福井市の女性は「伝統料理って知っているようで知らない。河和田に興味がわいた」と笑顔を見せ、テラスでの夕食を満喫していた。

| 文責 | 福井新聞 | 09:31 | - | - |
葛西紀明選手が飛行姿勢を直接指導 スキー・ジャンプ界のレジェンド
【福井新聞】

葛西紀明選手からスキージャンプの姿勢を学ぶ児童=14日、福井県勝山市野向小

 40歳を過ぎて冬季五輪でメダルを獲得したスキー・ジャンプ界の「レジェンド(伝説)」葛西紀明選手(43)を招いた講演会や交流会(ともに福井新聞社後援)が13、14の両日、鯖江市と勝山市で開かれた。葛西選手は世界トップレベルになるまでの苦労話や、目標に向かって諦めずに努力する大切さを訴えたほか、気さくな人柄で子どもたちと触れ合った。

 14日は勝山市野向小と勝山高を訪問した。野向小で児童による雅楽演奏で出迎えられた葛西選手は、長野五輪で金メダルに輝いた団体メンバーから外れたことを「悔しかった。今もその気持ちを持ち続けている。負けたくないという気持ちが大事」と述べた。

 レジェンドという代名詞について「レジェンドと呼ばれる人が多いが、僕がはしりです」と笑いを誘った。五輪では金メダルを獲得していないため「次の五輪で金を取って本物のレジェンドになるよう頑張ります」とさらなる飛躍を誓った。また、これまでにジャンプで2回大けがを負った経験を話し「ずっと飛ぶのが怖かった。10年かけて克服した」と語った。

 会場では児童にジャンプの飛行姿勢を指導した。五輪の銀と銅のメダルやスキー板も披露。児童たちは興味深そうに手にとって眺めていた。

 13日に鯖江市文化センターで開かれた講演会(福井新聞社後援)では、市民ら約600人を前に「家族の支えと、諦めず続けてきたことが結果につながった」と語った。

 講演会や交流会は、鯖江市のNPO法人「さばえスポーツクラブ」や勝山市のNPO法人「せいきコミュニティースポーツクラブ」、勝山ロータリークラブが企画した。
| 文責 | 福井新聞 | 09:42 | - | - |
レジェンド葛西紀明選手に学ぼう 9月13、14日に講演や交流会
【福井新聞】

40歳を過ぎてもトップアスリートとして活躍するジャンプの葛西選手。9月に福井県鯖江市で講演、勝山市では交流会を行う

 スキー・ジャンプの葛西紀明選手(43)が9月13、14の両日、鯖江、勝山両市にやって来る。40歳を過ぎて五輪でメダルを獲得したジャンプ界の「レジェンド(伝説)」が、講演や交流会(ともに福井新聞社後援)を通して市民や子どもたちに挑戦することの大切さを伝える。

 葛西選手は2014年のソチ五輪に、冬季五輪として7大会連続で出場し二つのメダルを獲得した。41歳での快挙に、選手やファンからレジェンドと呼ばれている。いまなお現役として世界の舞台で活躍している。

 今回の来福は、鯖江市のNPO法人「さばえスポーツクラブ」や勝山市のNPO法人「せいきコミュニティースポーツクラブ」、勝山ロータリークラブなどが企画した。

 13日は鯖江市文化センターで「チャレンジから始まる自分づくり・絆づくり」と題して講演する。長野五輪で優勝した団体メンバーから外れた悔しい経験などを元に話す。

 午後5時開場、6時開演。定員は千人で入場無料だが、さばえ、東陽、鯖江北コミュニティの市内三つのスポーツクラブに置いてある入場整理券が必要。問い合わせは、さばえスポーツクラブ=電話0778(51)8618。

 葛西選手は翌14日に勝山市に移動。午後から野向小と勝山高を訪問し、ジャンプのフォーム体験などを行い児童生徒と交流を深める。
| 文責 | 福井新聞 | 09:03 | - | - |
老後は外国人介護士のお世話に? 慢性的な人手不足で施設が活用に力
【福井新聞】

すっかり顔なじみとなった入居者と談笑するランドカンさん=福井県敦賀市鉄輪町1丁目の第2渓山荘ぽっぽ

 福井県敦賀市の特別養護老人ホームで、経済連携協定(EPA)に基づく来日外国人として県内で初めて、介護福祉士国家試験に合格したフィリピン人女性が活躍している。施設が外国人活用に力を入れる背景にあるのは、介護分野の慢性的な人手不足。県も外国人活用の検討会を立ち上げた。老後は外国人のお世話になるケースが今後県内でも増えるかもしれない。

 ◆一発合格

 「ひじは痛みませんか」「眼鏡がずれてますよ」。同市の特養第2渓山荘ぽっぽで、フィリピン人のランドカン・エミリ・ヴォンさん(27)が、少したどたどしさは残るものの十分な日本語で、入所する高齢者に声を掛けていた。小柄な体からは想像できないほどエネルギッシュでいつも笑顔。顔なじみの入所者にも笑顔が広がった。

 ランドカンさんは母国の大学で看護師資格を取得した後、ロータリークラブ(RC)の留学制度で当時の敦賀短大に留学。2013年度からEPAに基づく介護福祉士候補者として、同施設で実務経験を積んできた。

 勤務の傍ら受験勉強に励み15年3月、来日外国人の合格率44・8%の国家試験に一発合格。今は夜勤もこなし「入所者に喜んでもらえると自分も頑張れる。仕事をしているときが一番楽しい」と充実感いっぱいだ。
| 文責 | 福井新聞 | 09:25 | - | - |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
+ 主な記事
+ 媒 体
+ 月別記事
+ 参照サイト
+ 概 要