Rotary At Work

ロータリークラブの活動に関する記事抜粋
ソバ「おいしかね」 佐賀北RC贈り物 総合保健施設利用者に

【佐賀新聞】

 

ソバを食べ「おいしかね」と笑顔を見せる利用者たち=佐賀市の紀水苑

 

 佐賀北ロータリークラブ(福井泰成会長、46人)は28日、佐賀市の総合保健施設「紀水苑」に会員たちが育てたソバの実で作った生ソバ60人分をプレゼントした。福井会長(50)と会員2人が届けた。ソバは昼食に提供され、利用者たちは「おいしかね」と笑顔ですすった。

 佐賀市久保泉町の荒れていた畑約千平方メートルを利用し、約30人の会員が9月に種をまき、11月に収穫した。乾燥と脱穀も手掛けた。

 福井会長は「ぜひみなさんに食べてもらいたい」とソバを手渡し、利用者を代表して光野和行さん(82)が受け取り、「ありがとうございます」と笑顔を見せた。施設を運営する「ライフコンプリート」の塚原優社長は「利用者は『お昼を楽しみにしている』と喜んでいた」とうれしそうに話した。

 同クラブはこれまで、佐賀市内のほかの高齢者施設などにもソバをプレゼントしてきた。

| 文責 | 【九 州】佐賀新聞 | 15:54 | - | - |
<歳末たすけあい>12月26日

【佐賀新聞】

 

 ○…佐賀鉄工所労働組合佐賀支部(遠田龍成支部長)は15日に開催したチャリティーボウリング大会で集めた募金4万5585円を預託。

 ○…佐賀ロータリークラブ(岸川正人会長)は25日に開催したクリスマス家族会でのチャリティー益金の一部4万円を歳末たすけあいへ指定預託。

| 文責 | 【九 州】佐賀新聞 | 09:17 | - | - |
アカペラ大会出場者募集 来年2月3日開催

【佐賀新聞】

 

 来年2月3日午後1時から小城市のゆめぷらっと小城で開く「第17回おぎア・カペラコンテスト」の出場者を募集している。

 毎年、音楽を通した町のにぎわいづくりを目的に開いており、まちづくり団体「おぎおん」、小城ロータリークラブが主催する。

 1チーム2人以上で、住所や年齢などは不問。参加料は1チーム千円で、先着20チームで締め切る。

 申し込みは、(1)グループ名(2)人数(3)曲名(1曲)(4)演奏時間(5)代表者氏名(6)住所(7)電話番号(携帯優先)を記入し、ファクス0952(72)4120。問い合わせは同事務局、電話090(7988)2523。

| 文責 | 【九 州】佐賀新聞 | 10:17 | - | - |
多久ロータリークラブが火災予防チラシを寄贈

【佐賀新聞】

 

横尾俊彦多久市長(右から2人目)らに火災予防のチラシを贈った多久ロータリークラブの相浦封哉会長(右)=多久市まちづくり交流センター・あいぱれっと

 

 多久ロータリークラブ(相浦封哉会長)は1日、火災予防を呼び掛けるチラシ8000枚を多久市と市消防団、多久消防署に贈った。消防団の年末警戒活動などで市内全戸に配布される。

 市まちづくり交流センター・あいぱれっとであった贈呈式では、相浦会長が「市民の安全安心のために日夜、尽力いただいている活動の一助になれば」と述べ、横尾俊彦市長、陣内成和団長、小峰和善署長にチラシを手渡した。

 寄贈は今年で31年目。チラシには本年度の全国統一防火標語「忘れてない? サイフにスマホに火の確認」などが印刷されている。

| 文責 | 【九 州】佐賀新聞 | 09:57 | - | - |
シチメンソウ群生域を清掃 地元団体など100人

【佐賀新聞】

 

シチメンソウ群生地の周辺のごみを取り除く参加者=佐賀市

 

 佐賀市東与賀町の干潟よか公園で28日、シチメンソウの保護育成や環境保全を目的にした清掃活動が行われた。佐賀南ロータリークラブや地元のボランティア団体などの約100人が周辺の美化に取り組んだ。

 3、4日に開かれる「シチメンソウまつり」を前に実施。幅約10メートル、延長約1・6キロのシチメンソウの群生地周辺をトングやごみ袋を持ち、ヨシやペットボトル、缶などを拾い集めていった。今年はシチメンソウの立ち枯れが目立ち、参加した男性は「(今季中の)回復は難しいかもしれないが、せめて周辺をきれいにしたい」と作業にあたった。

 佐賀南ロータリークラブの江副了会長は「清掃活動を通じて周辺の美化に努め、きれいなシチメンソウを訪れた人に見てもらいたい」。毎年参加しているという下村恒星君(12)=佐賀市=は「佐賀の名物のシチメンソウの周りをきれいにできて良かった」と笑顔で話した。

| 文責 | 【九 州】佐賀新聞 | 09:18 | - | - |
<ぶらっとふるさと> 観光プロジェクト  浮揚の一助になれば

【佐賀新聞】

 

「私たちの目で見た伊万里」開会式の様子

 

 JR伊万里駅ビルで20日、長崎国際大学国際観光学科の井上准教授とそのゼミ生を招いて、観光プロジェクト「私たちの目で見た伊万里」が開かれました。伊万里西ロータリークラブが伊万里市の観光浮揚の一助になればと長崎国際大学、伊万里市、伊万里市観光協会などと連携して企画、主催しました。

 伊万里市はピーク時には年間170万人を超える観光客がいましたが、5年ほど前には120万人まで減少し、現在も130万人程度にとどまっています。そこで新しい観光戦略を練るために観光を専門に学ぶ学生たちに実際に伊万里に来て現状を見てもらい、率直な意見を交わしてもらいました。

 一行は市の概要説明の座学を受け、中心市街地を2時間ほど巡りながら、おのおのが地元の飲食店で昼食を取った後、鍋島焼で有名な秘窯の里・大川内山一帯を散策しました。

 ゼミ生15人の中には韓国や香港からの留学生も含まれ、さらに初めて伊万里を訪れるという学生が13人もいて、散策の後には市長や観光関係者を交えたワークセッションを行い、普段から生活するわれわれでは気付かない伊万里の強みと弱みを洗い出し、提言していただきました。

 夜は伊万里西RC主催の「くんちば酒会(しゅうかい)」で市民とふれあい、宿泊は木須町の山中にある農家民宿型ゲストハウス「Ne doco?」を体験しました。皆さんが再訪してくれることを祈っています。

| 文責 | 【九 州】佐賀新聞 | 09:22 | - | - |
<あの人を訪ねて(11)> 大島英二さん 日台ロータリー親善会議理事長 若者同士の裾野広げたい

【佐賀新聞】

 

日本と台湾の友好を深めたいと意欲を見せる大島英二さん=鳥栖市養父町の大島組本社

 

 日本と台湾のロータリークラブの親善友好を目的とする「日台ロータリー親善会議」(本部・東京)が8月に法人化され、初の理事長に就任した。

 1975年の鳥栖ロータリークラブ創立時からのメンバー。両国のロータリークラブが2008年の東京大会を皮切りに交互に主催して交流するようになると、任意団体だった親善会議を理事として支えた。

 今回の社団法人化にあたっては、任意団体の初代総裁、前川昭一パストガバナー(前川喜平・元文科省事務次官の父)から理事長就任を請われ、以前から親交のあるゲイリー・CK・ホァン元国際ロータリー会長(台湾)からも推された。

 東京オリンピックのある20年3月に福岡市で7回目の親善会議が開かれる。日本では東京、京都、金沢市に続く4回目で、両国から1000人を超える会員が集う。すでにプロ野球福岡ソフトバンクホークスの王貞治球団会長に記念講演を依頼しているという。

 会員数は日本9万人、台湾3・4万人。日本の2260クラブのうち400クラブが台湾のクラブと姉妹クラブ、友好クラブを締結している。

 「これからはぜひ姉妹学校、友好学校の締結を進め、若者同士の交流の裾野を広げたい」。日台親善の若者への引き継ぎと拡充を使命と決意する。

| 文責 | 【九 州】佐賀新聞 | 15:32 | - | - |
北海道地震義援金 10月9日

【佐賀新聞】

 

 佐賀市の兵庫校区社会福祉協議会(棒鄒恐馗后砲錬核円▽杵島工業用水道企業団職員一同は1万円▽牛津ロータリークラブは6万7727円

 ▽累計41件、304万5144円

| 文責 | 【九 州】佐賀新聞 | 16:18 | - | - |
<北海道地震>モンゴルのロータリークラブが佐賀善意銀行に預託

【佐賀新聞】

 

ウランバートルのロータリークラブから預かった義援金を手渡した佐賀ロータリークラブの岸川正人会長(左)と香月武名誉教授=佐賀市の佐賀新聞社

 

 モンゴルの首都ウランバートルのロータリークラブは5日、佐賀ロータリークラブを通じて、北海道地震の被災者支援に役立ててもらおうと義援金11万円を佐賀善意銀行(頭取・中尾清一郎佐賀新聞社社長)に預託した。

 アジアやアフリカで医療ボランティアを続ける旧佐賀医科大の香月武名誉教授(81)を通じて、5年前に佐賀とウランバートルのロータリークラブの交流が始まった。今年4月にはモンゴルの医師を連れて、佐賀県内のウイルス性肝炎の検査・治療体制や行政機関の取り組みを視察し、佐賀のロータリークラブも協力した。

 佐賀ロータリークラブの岸川正人会長と香月名誉教授は「地震の被害にモンゴルの人たちは心を痛めている。日本より物価の安いモンゴルにとって、義援金の額は現地では20倍の価値がある」といい、目録を手渡した。

 義援金は10月31日(土・日曜、祝日は除く)まで、佐賀新聞社1階の窓口で午前9時半から午後5時まで受け付けている。問い合わせは0952(28)2153。

| 文責 | 【九 州】佐賀新聞 | 13:46 | - | - |
佐賀善銀受け付け

【佐賀新聞】

 

 佐賀ロータリークラブ(岸川正人会長)は会員有志からの募金など14万7500円を預託

| 文責 | 【九 州】佐賀新聞 | 10:03 | - | - |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
+ 主な記事
+ 媒 体
+ 月別記事
+ 参照サイト
+ 概 要