Rotary At Work

ロータリークラブの活動に関する記事抜粋
訃報 宮島傳兵衞氏が死去、98歳 宮島醤油元社長 唐津振興に尽力

【佐賀新聞】

 

リハビリ生活の中でロータリークラブ例会を楽しみにしていた宮島傳兵衞氏=2018年3月

 

 宮島醤油(唐津市船宮町)社長を半世紀以上にわたって務め、地域経済、教育・スポーツの振興に尽力した宮島傳兵衞(みやじま・でんべえ)氏が31日午前2時52分、心不全のため唐津市内の病院で死去した。98歳。自宅は唐津市東町2の11。通夜、葬儀は近親者のみで行う。喪主は長男で同社社長、唐津商工会議所会頭の宮島清一(せいいち)氏。後日、追悼の会を開く。

 1922(大正11)年1月生まれ。旧制唐津中、福岡高から東京帝国大(現東京大)経済学部に進学。学徒動員から復員後、軍需工場となっていた会社の再建に手腕を振るい、1882(明治15)年創業のしょうゆ・みそ製造会社を調味料やレトルト食品を軸にした総合食品メーカーへ転換を図った。

 国際ロータリークラブ第2740地区(佐賀、長崎)ガバナー、佐賀県公安委員長、唐津東高同窓会長、県相撲連盟会長、県ゴルフ協会長など多岐にわたる分野の要職を務め、2005年、佐賀新聞文化賞(体育部門)を受賞した。

| 文責 | 【九 州】佐賀新聞 | 10:01 | - | - |
伊万里かるたで熱戦、立花小Bが優勝 小学校対抗大会

【佐賀新聞】

 

「伊万里観光いろはかるた」の小学生大会決勝で対戦した立花小A、Bチーム=伊万里市民センター

 

 伊万里市の小学生による学校対抗のかるた大会が1日、松島町の市民センターで開かれた。市内の名所や歴史文化を題材にした「観光いろはかるた」を使い、9校14チームで争った。

 1チーム3人が向かい合い、「光る宝 黒曜石は 腰岳に」「里の小路の小笹生垣」と読み上げられると、素早い手つきで絵札を取り合った。優勝した立花Bチームの中倉美紅(みく)さん=立花小6年=は「仲間と励まし合いながら、3年目の挑戦でやっと優勝できた」と喜んだ。

 大会は伊万里ロータリークラブ(峯輝正会長)が主催し、今年で13回目になる。

 成績は次の通り。

・・・

| 文責 | 【九 州】佐賀新聞 | 12:55 | - | - |
高志館高3年生らソメイヨシノ植樹 佐賀大和RCと卒業記念で

【佐賀新聞】

 

ソメイヨシノを植樹する生徒たち=佐賀市大和町の道の駅そよかぜ館

 

 佐賀大和ロータリークラブ(川浪生大会長)と佐賀市の高志館高環境緑地科緑地デザインコースの3年生が28日、同市大和町の道の駅そよかぜ館に、ソメイヨシノ4本を植樹した。生徒たちの卒業記念も兼ね、会員約15人と生徒16人が汗を流した。

 同クラブの社会奉仕事業の一環で、今年で21回目。生徒たちは指導を受けながら、持参したスコップで作業した。支柱を設置し、風が吹いた時に倒れないように、何度も土を上から押しつけていた。

 川浪会長は「学生最後の思い出となるので、精いっぱい楽しんで頑張って」とあいさつ。4月から県内の造園業者で働く徳永雅也さんは「学生生活のいい思い出になった。見に来た時に満開の桜が咲いていてほしい」と話した。

| 文責 | 【九 州】佐賀新聞 | 10:21 | - | - |
「ユーモアは良好な関係築く」 松竹芸能社長が「笑育」講演

【佐賀新聞】

 

笑いの効果について語る松竹芸能の関根康社長=鳥栖市村田町の九州龍谷短大

 

 教育現場やビジネスの場に「お笑い」の要素を取り入れ、コミュニケーション力などを高める「笑育(わらいく)」についての講演会が20日、鳥栖市村田町の九州龍谷短大で開かれた。松竹芸能の関根康社長が「ユーモアのある発想やコミュニケーションは、いつでも相手との良好な関係を築くのに役立つ」と話した。

 笑育は、松竹芸能に所属するお笑い芸人が2人組みになって講師役を務め、初対面で相手に覚えてもらえるあいさつの仕方などを実演し、参加者にも体験してもらう取り組み。関根社長は具体的なやり方として「見た目とのギャップを強調したり、誇張したりすることでより良い印象を相手に残し、記憶してもらえる」などと説明した。

 部下を注意するときには「『君は話が長いね』と言ってしまうところを、『話題が多いね』とポジティブに言い換えれば、良好な人間関係を維持できる」などと紹介した。

 笑育は話題を呼び、都銀や大手商社などで取り入れられ、多くのマスコミで取り上げられているという。鳥栖ロータリークラブの45周年記念事業で、会員のほか、短大の学生や市民ら350人が楽しく話を聞いた。

| 文責 | 【九 州】佐賀新聞 | 09:16 | - | - |
「笑いで育む新教育」を解説 20日、松竹芸能社長講演

【佐賀新聞】

 

 松竹芸能の関根康社長が20日午後0時45分から、鳥栖市村田町の九州龍谷短大で「笑育(わらいく)〜笑いで育む新教育〜」をテーマに講演する。参加無料。

 鳥栖ロータリークラブの45周年記念事業。芸能プロダクションの松竹芸能は教育学者と共に漫才づくりの手法を通して発想力や表現力、コミュニケーション力を伸ばす新しい教育プログラムを開発した。プロの芸人が講師となり、お笑いを体験しながら実践的に学ぶのが特徴。これまで全国50以上の保育園や小中学校、高校、大学など教育機関のほか、企業などでも実践されている。

 講演では関根社長がプログラム誕生の経緯と取り組み、効果について語る。問い合わせは鳥栖ロータリークラブ、電話0942(85)0254。

| 文責 | 【九 州】佐賀新聞 | 09:43 | - | - |
みんなの掲示板 1月18日

【佐賀新聞】

 

【LIVE】

 

 ◆第18回おぎア・カペラコンテスト

 (2月2日13時、小城市小城町のゆめぷらっと小城)佐賀、福岡県などで活動している大学生や社会人のアカペラグループ15組が出場し、歌声を競う。入場無料。音楽で地域を盛り上げようと、小城ロータリークラブ、小城商工会議所などでつくるまちづくり会社、市民グループの「おぎおん」などが協力して開く。

| 文責 | 【九 州】佐賀新聞 | 09:51 | - | - |
みんなの掲示板 1月17日

【佐賀新聞】

 

【講演会】

 

 ◆笑育(わらいく)〜「笑い」で育む新教育〜

 (20日12時45分〜14時半、鳥栖市村田町の九州龍谷短大振風講堂)松竹芸能の関根康社長が、漫才づくりの手法を通して発想力や表現力、コミュニケーション力を伸ばす教育について語る。参加無料。鳥栖ロータリークラブ、電話0942(85)0254。

| 文責 | 【九 州】佐賀新聞 | 10:54 | - | - |
佐賀善意銀行 12月26日

【佐賀新聞】

 

 ○…浄土真宗本願寺派佐賀教区少年連盟は24日に開催したウインタースクールでの募金12万443円を県ユニセフ協会へ指定預託。

 ○…佐賀ロータリークラブは25日に開催したクリスマス家族会での益金の一部4万9500円を歳末たすけあいへ指定預託。

| 文責 | 【九 州】佐賀新聞 | 09:25 | - | - |
「山浦城跡」案内板を設置 能古見地区住民ら、登山ルートに 水墨画の巨匠雲谷等顔も紹介

【佐賀新聞】

 

本城区や能古見地区振興会などでつくる実行委員会が設置した山浦城跡の案内板=鹿島市山浦

 

 鹿島市能古見地区で戦国時代の山城跡「山浦城跡」の案内板を地元住民らが設置した。城主・原家の子孫とされる水墨画の巨匠、雲谷等顔(1547〜1618年)を併せて紹介している。地域の宝に光を当て、「能古見が生んだ巨匠」を後世に伝えていく。

 昨年は等顔の没後400年。地元の本城区や能古見地区振興会などが実行委員会をつくり、山浦城跡(標高330メートル)までの登山ルート770メートルに看板を設置した。さが未来アシスト補助金、鹿島ロータリークラブの協賛金を活用した。

 8日の除幕式では実行委員長の中村靖彦さん(68)は「先人たちが山を登り、どんな気持ちになったのか、ロマンに浸ろう」とあいさつした。来賓の角田一美議長は「能古見が持つ素晴らしい景観や資源を生かした町づくりだ」と述べた。

 式の後、山浦城・雲谷等顔歴史巡り「探訪ロマンツアー」として募った約50人の参加者が登頂した。下山後は近くの本城集会所でしし汁を味わい、等顔について学んだ。ツアーを定期開催しながら顕彰につなげる。

| 文責 | 【九 州】佐賀新聞 | 16:14 | - | - |
全国のRCから3000万円、3市町に

【佐賀新聞】

 

水川一哉大町町長(右)に目録を渡す第2740地区の千葉憲哉ガバナー=武雄市役所

 

 佐賀、長崎両県の56のロータリークラブ(RC)で構成する「国際ロータリー第2740地区」は3日、8月末の記録的大雨で浸水被害や土砂災害に見舞われた武雄市、多久市、大町町に、全国のRCから寄せられた3千万円を支援金として贈った。

 浄財は全国34地区のRCが、佐賀の豪雨災害の復旧を支援するために寄せた。被災地域の自治体が復旧に活用できる支援金の形で贈ることにした。

 武雄市役所で開かれた贈呈式には、第2740地区の千葉憲哉ガバナー(諫早北RC)や武雄、多久、大町のRC会長、小松政武雄市長、横尾俊彦多久市長、水川一哉大町町長らが出席した。

 千葉ガバナーは「被災から3日目に武雄の被害を見させてもらい、東京であったガバナー会で状況を伝えて支援を呼び掛けた。復旧に時間がかかると思うが、全国8万9千人のロータリアンの気持ちが伝われば」と、3首長にそれぞれ1千万円の目録を手渡した。

 各首長は被害や復旧の状況を報告した。「最後の一人までしっかり支援するため支援金を有効に使いたい」「皆さんの支援を糧に必ず復旧する。見守ってください」とお礼と決意を伝えた。

| 文責 | 【九 州】佐賀新聞 | 16:07 | - | - |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
+ 主な記事
+ 媒 体
+ 月別記事
+ 参照サイト
+ 概 要