Rotary At Work

ロータリークラブの活動に関する記事抜粋
富士山登山道で 学生らごみ拾い

【山梨日日新聞】

 

 富士吉田ロータリークラブ(小林匠会長)は14日、富士吉田市の富士山吉田口登山道の中ノ茶屋から恩賜林庭園まで清掃活動をした。

 クラブのメ...

| 文責 | 山梨日日新聞 | 09:36 | - | - |
ヤマアジサイ28本を植樹 甲府

【山梨日日新聞】(IAC)

 

 甲府南ロータリークラブ(深沢一郎会長)は14日、甲府・県立愛宕山こどもの国の遊歩道に、ヤマアジサイを植えた。

 同クラブの会員や地元のボーイスカウトら、小学4年〜86歳の約80人が参加。遊歩道脇にくわやスコップを使って穴を掘り、ヤマアジサイの苗28本を植えた。

 

・・・

 

遊歩道脇にくわやスコップを使って穴を掘り、ヤマアジサイの苗28本を植えた。

 参加した甲府商高インターアクト部2年の日原ありささん(16)は「成長するのが楽しみ。花を咲かせたらまた見に来たい」と話した。 同クラブの創立50周年記念事業の一環として始まり、今年で9回目。

| 文責 | 山梨日日新聞 | 09:38 | - | - |
吉田口登山道や県道のごみ拾う
【山梨日日新聞】


 富士吉田ロータリークラブ(渡辺衛会長)は15日、富士吉田市の富士山吉田口登山道・中ノ茶屋から恩賜林庭園まで清掃活動をした。
 会員と昭和大富士吉田キャンパスの新入生合わせて約70人が参加。参加者はビニール袋を手に遊歩道や県道沿いを歩き、ペットボトル ...
| 文責 | 山梨日日新聞 | 16:44 | - | - |
甲府「マルシェ」でポリオ撲滅へ募金
【山梨日日新聞】(RAC)

甲府南ロータリークラブ(立川茂会長)などは14日、甲府・銀座通りでポリオ(小児まひ)撲滅に向けた募金活動をした。 同クラブメンバーや甲府南ローターアクトクラブに所属する山梨大の学生約20人が参加。「第2土曜市+マルシェ」の会場にブースを設け、通行人らに寄付を ...
| 文責 | 山梨日日新聞 | 11:00 | - | - |
甲府駅北口広場にバラの鉢植え設置 甲府ロータリークラブ
【山梨日日新聞】

 甲府ロータリークラブ(秋山仁博会長)は17日、JR甲府駅北口よっちゃばれ広場で、NPO法人「甲府駅北口まちづくり委員会」にバラの苗木を贈った。

 甲府ロータリーの社会奉仕活動の一環。バラの苗木17本を贈った後、よっちゃばれ広場内にバラが植えられたフラワーポットを設置した。今後、同委員会のメンバーが肥料や水やりなどの管理を行うという。

 同委員会の赤岡利行会長は「広場がバラの名所になるように取り組みたい」と話していた。
| 文責 | 山梨日日新聞 | 13:49 | - | - |
山中湖畔で清掃 児童ら150人参加

【山梨日日新聞】

拾ったごみを運ぶ児童=山中湖畔

 山中湖東小(佐藤親雄校長)は28日、同校児童と保護者、山中湖ロータリークラブ(高村春久会長)と共同で山中湖畔の清掃を行った。

 同日は約150人が参加し、同校に近いみさきキャンプ場付近の湖畔を3班に分かれごみ拾いをした。たばこの吸い殻やストローなどの小さなごみだけでなく、茂みの中からブラウン管テレビやソファなども見つかり児童らが回収した。

 5年天野雄大君は「思ったより湖畔のごみは少なかった。でもまさかテレビが見つかるとは思わなかった」と話していた。高村会長は「一生懸命ごみを拾ってくれた子どもたちのためにも、観光客に湖畔をきれいに使ってもらうよう、行政などに働き掛けていきたい」と話していた。
| 文責 | 山梨日日新聞 | 09:52 | - | - |
脳性まひで障害近藤さん(甲府出身) 富士登山など挑戦の体験語る

【山梨日日新聞】

脳性まひによる障害がある中、富士山登山やホノルルマラソンに挑戦している甲府市出身の近藤麻友美さん(26)が19日、甲府市内で講演し、自らの経験を踏まえて「出会いによって人は変われる」と語った。

 近藤さんは山梨英和高を卒業後、京都・同志社大に進学。生まれつき手足が不自由で、過去に2度記憶喪失となり「18歳ごろまでの記憶がない」という。現在も京都で生活し、自らを、手でこぐ自転車に乗る「ハンドサイクリスト」と呼んでいる。
 「出会いを通じて私が歩いてきた道」と題した講演では、大学時代のエピソードを紹介。実現は難しいと思っていた富士登山の希望を友人に打ち明けたところ、協力を申し出てくれたという。「前を歩く友達の背負子しょいこにつかまってゆっくり歩み、登頂することができた。大きな自信になった」と話した。
 アルバイト先でも上司や仲間に恵まれ、前向きに取り組むことができたと語り、「自分にはできないと思ったことでも、続けることで一歩でも先に進むことができる。協力してくれる人が現れてくれる」と述べた。
 講演会は甲府城北ロータリークラブ(小笠原忠彦会長)が主催、約40人が聴き入った。
| 文責 | 山梨日日新聞 | 09:39 | - | - |
芝生化し地域に開放 昭和大富士吉田校ラグビー場 小学生も苗植え作業

【山梨日日新聞】

芝の苗を植える小学生=富士吉田市上吉田 昭和大富士吉田校は、地元のラグビー関係者と協力し、同大ラグビーグラウンド(富士吉田市上吉田)の芝生化に取り組んでいる。大学と地域の交流が目的で、これまでは学生専用だったグラウンドを、芝生化が済む10月からはラグビースクールなどを通じて地域住民にも開放する。

 グラウンドは約7700平方メートル。これまでは土だったが、運動量の向上やけがのリスクが減るメリットがあるため、芝生化することにした。芝生化の作業には、富士吉田ラグビー協会と富士吉田ロータリークラブが協力する。

 6月19日には、グラウンドに芝生の苗を植える作業を行い、ラグビースクールの小学生や同大の学生ら約300人が参加。50センチ間隔で苗を手作業で植えた。芝生の育成には約3カ月かけ、かん水と施肥は大学側、芝刈りは同協会が担当する。

 芝生グラウンドのオープン時には、同大ラグビー部とラグビースクールの子どもの交流試合などを計画。また、スクールの練習などでグラウンドを活用していく。

 ラグビースクールに通う吉田西小2年早川太観君(7)は「自分が植えた芝のグラウンドで、早くラグビーをプレーしたい」と楽しみにしていた。

| 文責 | 山梨日日新聞 | 15:03 | - | - |
トルコで日本の伝統芸能披露 山梨ロータリーレディース会 交流拡大期待
【山梨日日新聞】

日本の歌を披露する会員ら=イズミール市コナック区文化センター 山梨ロータリークラブ(RC)の婦人会員でつくる山梨ロータリーレディース会は、トルコのイズミール市を訪れ、交歓会で、日本の伝統芸能を披露した。同RC会員の雨宮毅さん(79)が以前、国際協力事業団研究員としてトルコに滞在していたことから交歓会が実現。雨宮さんは、訪問をきっかけにトルコとの交流が深まることを期待している。
 会員ら12人は11月下旬に現地を訪問。イズミール市の文化センターで開かれた交歓会には同市民約300人が参加した。「ただ観光に行くのではなく、ぜひ日本文化を体験してほしかった」(雨宮さん)と、事前に練習した舞踊や謡曲といった日本の伝統芸能を披露。トルコ語に翻訳した「幸せなら手をたたこう」を市民と一緒に、手拍子・足拍子などでリズムを取りながら楽しんだ。また、トルコ側もイズミール民族舞踊を熱演。同クラブからは富士山の写真を贈るなど交流を深めた。
 同クラブは、今年がトルコ外務省の提唱する「トルコにおける日本年」にあたり、行事の参加者を募集していることに着目。雨宮さんが12年前に国際協力事業団の仕事で果樹栽培研究をしていた際に、一緒に働いていた通訳と連絡を取り合い、訪問が実現した。
 雨宮さんは「トルコ側も日本文化に興味を示してくれた。次はトルコの人たちに山梨市に来てもらうなど、何らかの形でトルコと交流を続けていきたい」と話している。
| 文責 | 山梨日日新聞 | 12:18 | - | - |
クラシックカー100台 県内疾走 来年3月、400キロラリー 堺正章さん出場
【山梨日日新聞】

記者会見会場でクラシックカーに乗るパフォーマンスを見せた堺正章さん(右)=北杜市須玉町江草 山梨県内を舞台にしたクラシックカーラリーが来年3月12、13の両日、開かれることになった。約100台が都内を一斉にスタートし、甲斐市や北杜市、甲府市などを巡って山梨市のフルーツパーク富士屋ホテルにゴールする約400キロのコース。2日目には甲府市内でパレードを予定している。29日記者会見して計画を発表したタレントの堺正章さんは「県民と交流したい」と見学を呼び掛けた。
 国際ロータリークラブの親睦組織オートモービル・フェローシップ・オブ・ロータリアンと、都内のロータリークラブが主催する「ロータリーフェローシップラリー2011」。6年前から各地で開いていて、県内開催は初めてで、北杜市のヴィンテージゴルフ倶楽部を運営するヴィンテージリゾート(山田守郎社長)などが誘致を働き掛けた。
 1964(昭和39)年までに生産された国内外のスポーツカーなどが対象。ドライバーとナビゲーター2人1組で乗車、コマ図という小さな地図を見ながら、決められたコースを時間内に正確に走ることを競う。収益金などは地球環境整備事業の支援に活用する。
 初日は東京・青山学院大青山キャンパスをスタート。中央自動車道を経由し、甲斐市の日本航空学園や北杜市の同倶楽部や八ケ岳ロイヤルホテルなどを巡る。同倶楽部では大会としては初めてゴルフ場内のカート道(約2キロ)を走るという。
 2日目は同ホテルをスタートして、ゴールのフルーツパーク富士屋ホテルに向かう。年明けをめどにコースを決めるが、甲府市内では山梨県庁から武田神社までパレードすることを計画している。
 29日、同倶楽部で記者会見した堺さんは大会名誉会長で、今回も出場する。「クラシックカーのラリーで山梨を使うのは今までなかったと思う。すてきな場所がたくさんあり、景色も楽しみたい」と話していた。
| 文責 | 山梨日日新聞 | 17:08 | - | - |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
+ 主な記事
+ 媒 体
+ 月別記事
+ 参照サイト
+ 概 要