Rotary At Work

ロータリークラブの活動に関する記事抜粋
カナダ・トロント在住の県人と沖縄の会社役員 ロータリー国際大会を機に親睦

【沖縄タイムス】

 

規亮さん(中段左から3人目)新本博司さん(同4人目)を囲んで盛り上がった夕食会=カナダ・トロントの居酒屋ぐうう吉村

 

 国際的奉仕団ロータリークラブ最大イベントの国際大会がこのほど、カナダのトロント市で開催された。175の国・地域から参加した約2万人の中に、沖縄の約30人もいた。そのうちの1人、新本博司さん(ドリームサポート沖縄取締役)の要望で、トロント在住の沖縄県人と話し合う夕食会がダウンタウンにある居酒屋「ぐうう」であった。

 

 世話役でラーメン店を経営する上地耕太さん夫妻、若者10人、那覇ロータリークラブの吉村規亮さん(新沖縄重布取締役)が出席。話し合いは弾んだ。

 来加9年目の国場めぐみさん(沖縄市)は、カナダのダンス界をリードするトロント・ダンスカンパニーの主要メンバーに成長。17〜18年度は、カナダだけでなくコロンビアの都市でも公演した。4人の仲間との作品は、本年度のアンサンブル最優秀賞にノミネートされたという。

 6年目の金城礼華さん(うるま市)は「トロントでもう少し美容師としての腕を磨きたい」と話した。

 久高史也さん(うるま市)はトロントで働き、地域の人と交流した。友人が西海岸にドライブするのに便乗して大陸を横断し、カナディアンロッキーを満喫してから米ロサンゼルス経由で日本に向かう、若者らしい帰沖計画を披露した。

 若者らの話を聞いた新本さんは「沖縄の海外雄飛の伝統が生きていることを実感した」と感慨深げ。「沖縄に帰ったら沖縄の自立に目を向けてほしい。沖縄は自然素材に恵まれている。そういった長所を見つけて育ててほしい」と期待した。

 新本さんと吉村さんは沖縄の貧困問題にも取り組んでいる。比嘉亜希乃さん(読谷村)ら参加者は「ロータリークラブの国際大会のおかげで2人に会えた。2人の取り組みに感動した。若い世代へのアドバイスをいただき感謝している」と述べた。

| 文責 | 沖縄タイムス | 09:10 | - | - |
飲酒運転撲滅へ のぼり20本贈呈/那覇南ロータリー

【沖縄タイムス】

 

 【那覇】那覇南ロータリークラブ(上原慎次会長)は1日、「飲酒運転しない約束 あなたと私が守らねば誰が守る!」と飲酒運転撲滅を訴えるのぼり20本を豊見城署に贈呈した。

| 文責 | 沖縄タイムス | 09:24 | - | - |
特支校駅伝に優勝旗を贈呈/那覇東ロータリーク

【沖縄タイムス】

 

 

 【沖縄】那覇東ロータリークラブ(與那城圭会長)は1月24日、県特別支援学校体育連盟(座間味恵利子会長)に、県特別支援学校駅伝競走大会で使用する優勝旗を贈呈した。

| 文責 | 沖縄タイムス | 09:19 | - | - |
北部15校熱戦 名護で写真展/中学新人野球大会

【沖縄タイムス】

 

 【名護】8月に行われた第37回北部地区中学校新人野球大会(主催・名護ロータリークラブ、共催・沖縄タイムス社)の写真展が琉球銀行大宮支店で開かれている=写真。22日まで。 大会には北部地区の15校が出場。8月11〜13日、熱戦が繰り広げられ金武中学校が優勝した。

| 文責 | 沖縄タイムス | 09:27 | - | - |
湖畔でピクニック 米・アトランタ県人会

【沖縄タイムス】

 

【ルイス高江洲佳代子通信員】アトランタ沖縄県人会(金城由美子会長)のピクニックが6月10日、ジョージア州立公園であり、60人近い参加者が緑の湖畔で絆を強めた。沖縄民謡をバックグラウンドに、新会員や沖縄からアトランタ訪問中に参加したメンバーを紹介した。

 

・・・

 

 那覇ロータリークラブ会員の新本博司さんと吉村規亮さんはロータリー国際会議で当地を訪れた。2019〜20年、日本ロータリー・ガバナー就任が決まった新本さんは「アトランタのウチナーンチュ家族とのすてきな出会いはいい思い出。職場の後輩だった西野ゆかりさんと18年ぶりに再会し感動した。これからも県人会の交流の輪を広げ、積極的に人脈をつくってほしい」と激励した。

| 文責 | 沖縄タイムス | 10:59 | - | - |
フランスのテレビ局も取材に! 数え100歳の現役医師、「あと10年続ける」と意欲

【沖縄タイムス】

 

フィナーレでカチャーシーを軽やかに踊る田中さん=26日、宜野湾市真志喜ラグナガーデンホテル

 

 99歳の現役医師として活動する、新緑会あかみちクリニック(うるま市)の田中旨夫(よしお)院長=宜野湾市真栄原=の「100歳を祝う会」が26日、市内のホテルで盛大に開かれた。宜野湾ロータリークラブ(柏田吉美会長)主催。出席者から「数え100歳とは思えない驚異的な気力と体力だ。あやかりたい」との声が上がった。

 田中さんは1918年生まれの台湾台北市出身で、現役医師としては県内最高齢といわれる。昭和医学専門学校(現昭和大学)を卒業後、台北市内で21年間産婦人科を開業していた。その後、上海中医学院や世界保健機関(WHO)のはり・きゅう東洋医学専修班を卒業し来県。75年に東風平町(現八重瀬町)内の病院や那覇市救急診療所などに勤務した。現在、あかみちクリニックで内科やアンチエイジングに効果があるというプラセンタ(胎盤)療法を担当している。

 祝賀会には佐喜真淳宜野湾市長、台湾新北市圓通ロータリークラブ会員や、田中さんが89歳で胆管がんを発症した際、手術した国立台湾大学医学部付属病院の陳明豊名誉院長ら同大関係者、県内外のロータリークラブ会員ら約150人が出席した。

 柏田会長は「昨年、那覇での会合の帰り、先生に車で送ってもらい恐縮した。わがクラブの誇るロータリアン」とあいさつ。佐喜真市長が「カジマヤー祝いの時、健康秘訣のご教示を仰いだところ、1年後には『体の整え方』の本を出版した。衰えを知らないパワフルさは別格。市民の誇りでありあやかりたい」と述べた。

 田中さんの長寿の秘訣を取材しているフランス国営テレビ「フランス2」のスタッフらは、田中さんの超人的な気力・体力に「アンビリーバブル」を連発した。

 舞台余興では人形劇を台湾で修業した人形劇団「かじまやぁ」の桑江淳子団長が「チョンダラー」の一部を披露。田中さんはフィナーレのカチャーシーで舞台に上がって軽やかなステップを踏み、約10分間楽しそうに踊った。

 「カジマヤーの時、あと10年は現役で頑張ると言った。与えられた命を大事に、もうあと10年は続ける。常に穏やかで人に優しく接することが長生きの秘訣かな」とにこやかに謝辞を述べた。

| 文責 | 沖縄タイムス | 13:35 | - | - |
北部中学新人野球:名護、延長制し頂点
【沖縄タイムス】

名護−伊江 延長8回表名護無死満塁、石川大輝の内野ゴロの間に三走・比嘉勇生が生還=名護市営球場

 【北部】軟式野球の第35回北部地区中学校新人大会(主催・名護ロータリークラブ、共催・沖縄タイムス社)は16日までに名護市営球場ほかで開かれた。決勝は、名護が伊江を延長八回に1−0で下し、6年ぶり9回目の優勝を飾った。

 0−0の延長八回タイブレークで、名護が内野ゴロの間に1点を先制。その裏は堅守で無失点に抑えた。殊勲賞に具志祐作(名護)、敢闘賞に伊江の西江悠(伊江)、打撃賞1位に根路銘太希(同)、2位に山城徳(同)が選ばれた。

 名護、伊江、東江の上位3校は10月の全日本少年春季大会県予選に北部地区代表として派遣される。
| 文責 | 沖縄タイムス | 09:30 | - | - |
「あと10年は」96歳現役医師がカジマヤー
【沖縄タイムス】

関係者から祝福の花束を贈られる田中旨夫医師(右)=26日、宜野湾市真志喜・ラグナガーデンホテル

 【宜野湾】現役医師としては沖縄県内最高齢といわれる新緑会あかみちクリニック(うるま市)の田中旨夫(よしお)院長がことし96歳のカジマヤーを迎え、祝賀会が26日、宜野湾市真志喜のラグナガーデンホテルで盛大に開かれた。田中さんは「あと10年は診療を続けたい」とさらなる意欲を見せた。宜野湾ロータリークラブが主催した。

 田中さんは市真栄原在住。1918年、台湾の台北市出身。21年間、台北で産婦人科を開業していた。75年からは東風平町(現八重瀬町)内の病院や那覇市救急診療所などに勤務した。

 その後、上海中医学院や世界保健機関(WHO)のはり・きゅうの東洋医学専修班を卒業した。

 現在も週5日勤務。内科や婦人科などをみて、アンチエイジングに効果があるというプラセンタ(胎盤)療法を担当している。

 祝賀会では、田中さんが入場すると会場から大きな拍手が起きた。主催者を代表して宜野湾ロータリークラブの天願勇会長が「田中さんのかくしゃくとした若さにあやかり、この元気を沖縄から世界に発信しよう」とあいさつ。

 県立中部病院の松本廣嗣院長が田中さんのプロフィルや東洋医学にまつわるエピソードを紹介した。関係者が田中さんに花束と記念品を贈り、祝宴の舞が披露された。

 田中さんは、謝辞で「特別なことはやってない。若いころ肺結核も患い、胆管がんも発症し生死をさまよった。そのつど周囲の温かい励ましがあった。自分で年だと認めたら年取ってしまう。自分は楽しくて若いんだ、絶対に年取ったと言わないことにしている。それが大病を患っても元気な秘訣かな」と述べた。
| 文責 | 沖縄タイムス | 13:56 | - | - |
北部中学軟式野球:今帰仁、サヨナラV 金武と延長戦
【沖縄タイムス】

決勝 金武−今帰仁 延長9回裏今帰仁1死満塁で宮里光の二ゴロの間に、三走の宮里裕貴(左)がサヨナラのホームイン=名護市営球場

 軟式野球の第34回北部地区中学校新人大会(主催・名護ロータリークラブ、共催・沖縄タイムス社)は18日までに名護市営球場ほかで行われ、決勝で今帰仁が金武に延長九回5−4でサヨナラ勝ちし、20年ぶり3度目の優勝を飾った。

 七回を終え両チーム無得点で迎えた延長八回、無死満塁からの特別ルールでともに4点を奪った。

 九回表、今帰仁が金武を併殺に打ち取って無失点でしのぐと、その裏1死満塁で宮里光の内野ゴロの間に三走の宮里裕貴が本塁を陥れた。

 今帰仁と金武の両校は、10月の全日本少年春季大会県予選に北部地区代表として派遣される。
| 文責 | 沖縄タイムス | 09:09 | - | - |
本部中9年ぶりV 北部地区軟式野球

【沖縄タイムス】

 【北部】軟式野球の第33回北部地区中学校新人大会(主催・名護ロータリークラブ、共催・沖縄タイムス社)最終日は18日、名護球場などで準決勝、決勝を行った。初回で先制した本部が今帰仁を3−2で退け、9年ぶりの優勝を果たした。

 両校は全国選抜大会出場を懸けた県予選(10月)に、北部地区代表として派遣される。殊勲賞は宮里優志(本)、敢闘賞は仲本千聖(今)、打撃賞1位は小浜尚大(同)、同2位は仲田怜(同)、内間祐輔(今)が選ばれた。

| 文責 | 沖縄タイムス | 10:25 | - | - |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
+ 主な記事
+ 媒 体
+ 月別記事
+ 参照サイト
+ 概 要