Rotary At Work

ロータリークラブの活動に関する記事抜粋
<< 米国の高校生 塩作り  国際ロータリー活動 気仙沼地方を訪問 | main | 本年度の活動を確認 加古川の教育を大切にする会 >>
東尋坊に監視の“目” 自殺防止へカメラ稼働
【日刊県民福井】

 自殺の未然防止にと、三国町安島の東尋坊で岩場が一望できる監視カメラが設置され二十二日、稼働を開始した。監視カメラがとらえた映像は、近くの町観光案内所に置かれたパソコンに送られ、岩場周辺の様子を確認できるシステムで、関係者たちは「相次ぐ自殺の歯止めになれば」と願った。自殺防止用の監視カメラの設置は県内で初めて。
 同カメラ二台とパソコン一台は、三国ロータリークラブから寄贈を受けた町観光協会など関係の九機関・団体で組織する「安心で安全な魅力ある観光地づくり対策会議」が取り付けた。カメラの設置場所は観光遊覧船切符売り場近くで、一台は大池付近、もう一台は千畳敷付近に向けて固定。これまで自殺者の多かった場所が映し出される。ダブル画面や拡大もできる。異変があれば、近くの土産物店や三国署に連絡し、保護する。
 この日、同案内所でカメラとパソコンシステム一式の贈呈式が行われ、吉嶋光昭同クラブ会長から同会議側に目録が贈られた。早速、関係者がパソコンを操作し、画面に岩場が映し出されると、「映像がはっきりしており、岩場をさまよう自殺志願者を見つけることが可能」と話していた。
| 文責 | 日刊県民福井 | 14:23 | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 14:23 | - | - |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
+ 主な記事
+ 媒 体
+ 月別記事
+ 参照サイト
+ 概 要