Rotary At Work

ロータリークラブの活動に関する記事抜粋
<< 和歌山市子ども暗唱大会:群読の部の向陽中3年と広瀬小5年、最優秀賞受賞 /和歌山 | main | 指揮者本名さんに350万円贈り支援 >>
トルコで日本の伝統芸能披露 山梨ロータリーレディース会 交流拡大期待
【山梨日日新聞】

日本の歌を披露する会員ら=イズミール市コナック区文化センター 山梨ロータリークラブ(RC)の婦人会員でつくる山梨ロータリーレディース会は、トルコのイズミール市を訪れ、交歓会で、日本の伝統芸能を披露した。同RC会員の雨宮毅さん(79)が以前、国際協力事業団研究員としてトルコに滞在していたことから交歓会が実現。雨宮さんは、訪問をきっかけにトルコとの交流が深まることを期待している。
 会員ら12人は11月下旬に現地を訪問。イズミール市の文化センターで開かれた交歓会には同市民約300人が参加した。「ただ観光に行くのではなく、ぜひ日本文化を体験してほしかった」(雨宮さん)と、事前に練習した舞踊や謡曲といった日本の伝統芸能を披露。トルコ語に翻訳した「幸せなら手をたたこう」を市民と一緒に、手拍子・足拍子などでリズムを取りながら楽しんだ。また、トルコ側もイズミール民族舞踊を熱演。同クラブからは富士山の写真を贈るなど交流を深めた。
 同クラブは、今年がトルコ外務省の提唱する「トルコにおける日本年」にあたり、行事の参加者を募集していることに着目。雨宮さんが12年前に国際協力事業団の仕事で果樹栽培研究をしていた際に、一緒に働いていた通訳と連絡を取り合い、訪問が実現した。
 雨宮さんは「トルコ側も日本文化に興味を示してくれた。次はトルコの人たちに山梨市に来てもらうなど、何らかの形でトルコと交流を続けていきたい」と話している。
| 文責 | 山梨日日新聞 | 12:18 | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 12:18 | - | - |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
+ 主な記事
+ 媒 体
+ 月別記事
+ 参照サイト
+ 概 要