Rotary At Work

ロータリークラブの活動に関する記事抜粋
<< 語り継がれるつつじヶ丘に | main | 足羽山で自然体験活動 市内の親子が参加 >>
三国港突堤築造の功績後世に  オランダに記念碑計画  三国の木村さん デ・レイケ孫ら訪問
【日刊県民福井】

 明治期に三国町の三国港突堤の築造に携わった技師二人の母国・オランダを訪ねた同町文化財保護委員で三国港突堤ファンクラブ会長の木村昌弘さん(56)=三国東五丁目=が帰国した。蘭人土木工師のデ・レイケ(一八四二〜一九一三)の孫との話し合いで、アムステルダム市にあるデ・レイケの墓の横に三国での功績を記した記念碑を建立することで意見が一致したという。今後、同クラブの会合で成果報告し、建立計画を練る予定。

 アムステルダム市でデ・レイケの孫娘マリア・グラフさんらと対面し、木村さんが所属する三国ロータリークラブが昨秋、突堤近くにエッセル&デ・レイケ突堤顕彰碑を建立したことを伝えた。マリアさんは、祖父の活躍が遠い異国で語り継がれていることに感謝の言葉を述べ、三国側でデ・レイケの墓の隣の空きスペースに、三国でのデ・レイケの功績を紹介した記念碑を建立する構想に対して快諾した。
| 文責 | 日刊県民福井 | 14:50 | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 14:50 | - | - |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
+ 主な記事
+ 媒 体
+ 月別記事
+ 参照サイト
+ 概 要