Rotary At Work

ロータリークラブの活動に関する記事抜粋
<< 豊川高IACがRI会長賞受賞 豪州・パースでの体験報告も/豊川RC例会 | main | 白熱のラリーに歓声 全道小学バドミントン開幕 >>
レジェンド葛西紀明選手に学ぼう 9月13、14日に講演や交流会
【福井新聞】

40歳を過ぎてもトップアスリートとして活躍するジャンプの葛西選手。9月に福井県鯖江市で講演、勝山市では交流会を行う

 スキー・ジャンプの葛西紀明選手(43)が9月13、14の両日、鯖江、勝山両市にやって来る。40歳を過ぎて五輪でメダルを獲得したジャンプ界の「レジェンド(伝説)」が、講演や交流会(ともに福井新聞社後援)を通して市民や子どもたちに挑戦することの大切さを伝える。

 葛西選手は2014年のソチ五輪に、冬季五輪として7大会連続で出場し二つのメダルを獲得した。41歳での快挙に、選手やファンからレジェンドと呼ばれている。いまなお現役として世界の舞台で活躍している。

 今回の来福は、鯖江市のNPO法人「さばえスポーツクラブ」や勝山市のNPO法人「せいきコミュニティースポーツクラブ」、勝山ロータリークラブなどが企画した。

 13日は鯖江市文化センターで「チャレンジから始まる自分づくり・絆づくり」と題して講演する。長野五輪で優勝した団体メンバーから外れた悔しい経験などを元に話す。

 午後5時開場、6時開演。定員は千人で入場無料だが、さばえ、東陽、鯖江北コミュニティの市内三つのスポーツクラブに置いてある入場整理券が必要。問い合わせは、さばえスポーツクラブ=電話0778(51)8618。

 葛西選手は翌14日に勝山市に移動。午後から野向小と勝山高を訪問し、ジャンプのフォーム体験などを行い児童生徒と交流を深める。
| 文責 | 福井新聞 | 09:03 | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 09:03 | - | - |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
+ 主な記事
+ 媒 体
+ 月別記事
+ 参照サイト
+ 概 要